メインメニューを開く

株式会社バッファローコクヨサプライ: BUFFALO KOKUYO SUPPLY INC.)は、かつて存在した愛知県名古屋市中区に本社を置くコンピュータ周辺機器メーカー。株式会社メルコホールディングス連結子会社であった。

株式会社バッファローコクヨサプライ
BUFFALO KOKUYO SUPPLY INC.
Akamondori-Building.JPG
バッファローコクヨサプライが入居する赤門通ビル。
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 457-0831
愛知県名古屋市中区大須三丁目30番20号 赤門通ビル
設立 1986年昭和61年)12月2日
(株式会社アーベル)
業種 電気機器
事業内容 PCサプライ品の製造販売等
代表者 代表取締役社長 斉木 邦明
資本金 3億円
発行済株式総数 6,117株(2006年8月31日現在)
売上高 103億3百万円(2011年3月期)
従業員数 123名(2011年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)メルコホールディングス 100%
外部リンク http://buffalo-kokuyo.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

元は、京都に本社を置く通電機器メーカー「株式会社アーベル」であった。2002年6月にコクヨ株式会社と資本業務提携し[1]、2003年にはコクヨの連結子会社となった[2]

2007年に、コクヨ株式会社と株式会社メルコホールディングスが業務提携を発表。メルコホールディングスがアーベルの株式57.9%を取得し、バッファローのPCサプライ部門と統合。商号を「株式会社バッファローコクヨサプライ」とした。会社は統合されたものの、アーベル、コクヨ、バッファローのブランド名は共存することとなった。

2011年1月には、BUFFALOの兄弟ブランドでエントリーユーザー向けの新ブランド「iBUFFALO」を立ち上げた[3]。iBUFFALOのiとは、英語のI(お客様自身)、interactive(相互性)、日本語の愛、逢い、相を意味する。

2012年4月に、同じグループの株式会社バッファローに吸収合併され、解散した。

沿革編集

  • 1986年昭和61年)12月2日 - 株式会社アーベル設立。本社は京都府に置いていた。
  • 2002年平成14年)6月6日 - コクヨ株式会社と株式会社アーベルが、業務提携契約締結。
  • 2002年(平成14年)7月8日 - 株式会社アーベルが、コクヨ株式会社を引受先として第三者割当増資を実施し、コクヨ株式会社の持株比率が14.45%となる。
  • 2003年(平成15年)6月27日 - 株式会社アーベルが、再びコクヨ株式会社を引受先として第三者割当増資を実施し、コクヨ株式会社の持株比率が40.0%となる[4]
  • 2004年(平成16年) - コクヨ株式会社の連結子会社となる。
  • 2004年(平成16年)10月1日 - コクヨ株式会社が持株会社化し、直接の親会社がコクヨS&T株式会社となる。
  • 2007年(平成19年)2月13日 - コクヨ株式会社、コクヨS&T株式会社、株式会社メルコホールディングス、株式会社バッファローの4社が業務提携の合意[5]
  • 2007年(平成19年)3月31日 - 業務提携に基づき、株式会社メルコホールディングスが、アーベル代表者ら6名から、コクヨS&T株式会社保有分を除く全株式(57.9%)を取得して、連結子会社化[6]
  • 2007年(平成19年)8月1日 - コクヨとバッファローのPCサプライ部門を統合し「株式会社バッファローコクヨサプライ」に商号を変更。本社を愛知県に移動(但し、旧本社は「大阪支店」に。)。
  • 2010年(平成22年)9月 - 本社を現在地に移転。
  • 2012年(平成24年)1月 - コクヨS&T株式会社が保有するバッファローコクヨサプライの全株式を、株式会社バッファローコクヨサプライが自己株式取得。これにより、株式会社メルコホールディングスのみが議決権を有する株主となり、同社の100%子会社となる[7]
  • 2012年(平成24年)1月 - 存続会社を株式会社バッファローとする合併契約書締結を決議。2012年(平成24年)4月1日付けで両者が合併する事を発表[7]。ただし、コクヨS&Tとの業務提携関係は継続する。
  • 2012年(平成24年)4月1日 - 株式会社バッファローに吸収合併され、解散[7]

主な製品編集

  • PC周辺機器(マウス、キーボード、カードリーダー、USBハブ等)
  • マルチメディア製品(Webカメラスピーカー等)
  • iPodアクセサリ、デジタルカメラアクセサリ、電子辞書アクセサリ
  • 各種ケーブル(LANケーブル、USBケーブル等)
  • AV関連製品(TVラック、HDMIケーブル等)

事業所編集

脚注編集

  1. ^ コクヨ、アーベルと資本提携でエレコム追撃へ ITmediaニュース・2002年6月5日
  2. ^ コクヨ、アーベル 連結子会社化で相乗効果発揮へ 販路拡大と製品の共同開発進める BCZ Bizline(週刊BCN)・2003年7月28日
  3. ^ 「iBUFFALO」の導入について(2010年12月10日、バッファローコクヨサプライニュース)
  4. ^ 株式会社アーベルを連結子会社化~新株予約権の行使により、コクヨの持ち株比率を40%に~ コクヨ株式会社・プレスリリース2003年6月30日
  5. ^ メルコグループとの業務提携に関するお知らせ コクヨ・プレスリリース2007年7月13日
  6. ^ コクヨグループとの提携及び株式譲受の基本合意締結のお知らせ 株式会社メルコホールディングス・プレスリリース2007年7月13日
  7. ^ a b c 連結子会社間の合併に関するお知らせ 株式会社メルコホールディングス・2012年1月11日

外部リンク編集