メインメニューを開く

バディ・コルトBuddy Colt、本名:Ronald "Ron" Reed1940年[2]1月13日[1] - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーメリーランド州ブレードンズバーグ出身。

バディ・コルト
プロフィール
リングネーム バディ・コルト
ロン・リード
カウボーイ・ロン・リード
ハンサム・ロン・リード
本名 ロナルド・リード
身長 185cm - 186cm
体重 107kg - 112kg
誕生日 (1940-01-13) 1940年1月13日(79歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メリーランド州の旗 メリーランド州
プリンスジョージズ郡ブレードンズバーグ[1]
デビュー 1962年[1]
引退 1975年[1]
テンプレートを表示

バディ・ロジャースの影響下にある金髪の伊達男系ヒールとしてアメリカ各地の主要テリトリーで活躍したが、1975年軽飛行機の墜落事故で重傷を負い、引退を余儀なくされた[3]

来歴編集

デビュー翌年の1963年より、ロン・リードRon Reed)の名義でWWWFに出場。ベビーフェイスのポジションで売り出され、バディ・ロジャースWWWF世界ヘビー級王座にも度々挑戦[4]ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンではキラー・コワルスキーゴリラ・モンスーンの対戦相手を務め[5]ティム・ウッズアーノルド・スコーランと組んでスカル・マーフィー&ブルート・バーナードのUSタッグ王座にも挑戦した[6]

WWWFを離れるとNWA圏を転戦し、中西部地区では1965年1月22日、マイク・デビアスを破りNWAセントラル・ステーツ・ヘビー級王座を獲得、以降もザ・ストンパーボブ・ガイゲルと王座を争った[7]ハワイではキング・カーティスミスター・フジワラリッパー・コリンズらと対戦し、1966年1月5日にルーサー・リンゼイからNWAハワイ・ヘビー級王座を奪取している[8]

1969年バディ・コルトBuddy Colt)のリングネームテキサス西部のアマリロ地区に登場。ヒールに転向してファンク・ファミリーのドリー・ファンク・シニアテリー・ファンクと抗争を展開し、ドリー・ファンク・ジュニアが保持していたNWA世界ヘビー級王座にも再三挑戦した[9]。同地区ではゴージャス・ジョージ・ジュニアをパートナーに、シャチ横内&ミスター・イトーを破りNWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座を獲得している[10]

同年9月、シャチ横内のブッキングによりゴージャス・ジョージ・ジュニアと共に国際プロレスに来日。ワイルド・アンガスとの2大外国人エースとして、横内、豊登グレート草津サンダー杉山ストロング小林らと対戦した[11]。10月開幕の『IWAワールドタッグ挑戦シリーズ』にもジョージ・ジュニアとの金髪コンビで残留参戦、ブルーノ・アーリントン&イアン・キャンベルやシーク&エミールのエルマンソ・ブラザーズなどのチームとIWA世界タッグ王座への挑戦権を争った[12]。また、来日時は「USAヘビー級王者」を名乗り、9月13日に北九州にて横内を相手に防衛戦を行ったが[11]、10月14日に東京の葛飾区体育館にて小林に敗れ、タイトルを明け渡している[12]

1970年代南部ジョージアおよびフロリダを主戦場に活動。ジョージアでは1970年9月4日、ニック・ボックウィンクルを破りNWAジョージア・ヘビー級王座を獲得[13]。フロリダでは1972年9月5日にミスター・レスリングからフロリダ版のNWA南部ヘビー級王座を[14]1973年2月20日にはジャック・ブリスコからNWAフロリダ・ヘビー級王座を奪取[15]フレッド・ブラッシーボブ・アームストロングミスター・レスリング2号ロッキー・ジョンソンマーク・ルーインポール・ジョーンズエディ・グラハムビル・ワットともタイトルを争った。

1975年2月20日、ボビー・シェーン、マイク・マッコードゲーリー・ハートらと軽飛行機で移動中に墜落事故に遭い、選手生命を断たれた(コルトは自家用操縦士のライセンスを取得しており、当日もセスナ182を自ら操縦していた)[16]。引退後はフロリダにて、アブドーラ・ザ・ブッチャーなどヒールのマネージャーカラー・コメンテーターを務めた[3]。  

得意技編集

獲得タイトル編集

セントラル・ステーツ・レスリング
NWAミッドパシフィック・プロモーションズ
  • NWAハワイ・ヘビー級王座:1回[8]
NWAトライステート
NWAウエスタン・ステーツ・スポーツ
  • NWA北米ヘビー級王座(アマリロ版):1回[17]
  • NWAウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / ゴージャス・ジョージ・ジュニア)[10]
ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
  • NWAフロリダ・ヘビー級王座:4回[15]
  • NWA南部ヘビー級王座(フロリダ版):4回[14]

脚注編集

  1. ^ a b c d Wrestlers Database: Buddy Colt”. Cagematch.net. 2014年3月5日閲覧。
  2. ^ 『国際プロレス クロニクル 上巻』特典付録CD-ROM 国際プロレス全パンフレット / '69 ロイヤル・シリーズ(2011年、クエスト)
  3. ^ a b c d Wrestler Profiles: Buddy Colt”. Online World of Wrestling. 2014年3月5日閲覧。
  4. ^ The WWE matches fought by Buddy Colt in 1963 (1)”. Wrestlingdata.com. 2014年3月5日閲覧。
  5. ^ The WWE matches fought by Buddy Colt in 1963 (2)”. Wrestlingdata.com. 2014年3月5日閲覧。
  6. ^ The WWE matches fought by Buddy Colt in 1963 (3)”. Wrestlingdata.com. 2014年3月5日閲覧。
  7. ^ a b NWA Central States Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。
  8. ^ a b NWA Hawaii Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。
  9. ^ Dory Funk Jr. vs. Buddy Colt”. Wrestlingdata.com. 2014年3月5日閲覧。
  10. ^ a b NWA Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。
  11. ^ a b IWE 1969 Royal Series”. Puroresu.com. 2015年5月4日閲覧。
  12. ^ a b IWE 1969 IWA World Tag Team Challenge Series”. Puroresu.com. 2015年5月4日閲覧。
  13. ^ a b NWA Georgia Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。
  14. ^ a b NWA Southern Heavyweight Title [Florida]”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。
  15. ^ a b NWA Florida Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。
  16. ^ Austin Idol plans run for Tampa Mayor”. SLAM! Sports (July 22, 2009). 2014年3月5日閲覧。
  17. ^ NWA North American Heavyweight Title [Amarillo]”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。
  18. ^ NWA Southern Heavyweight Title [Georgia]”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。
  19. ^ NWA Macon Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。
  20. ^ NWA Macon Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。
  21. ^ NWA Georgia Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2014年3月5日閲覧。

外部リンク編集