ジェフリー・アラン・ボッシャーズJeffrey Alan "Buddy" Boshers, 1988年5月9日 - )は、アメリカ合衆国アラバマ州マディソン郡ハンツビル出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBトロント・ブルージェイズ傘下所属。

バディ・ボッシャーズ
Buddy Boshers
トロント・ブルージェイズ (マイナー)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アラバマ州マディソン郡ハンツビル
生年月日 (1988-05-09) 1988年5月9日(31歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 MLBドラフト4巡目
初出場 2013年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

リー高等学校英語版時代にはクレイグ・キンブレルとチームメートだった。

プロ入りとエンゼルス時代編集

2008年MLBドラフト4巡目(全体139位)でロサンゼルス・エンゼルスから指名され、プロ入り[1]。契約後、傘下のパイオニアリーグのルーキー級オレム・オウルズ英語版でプロデビュー。13試合(先発12試合)に登板して5勝0敗、防御率2.68、43奪三振を記録した[2]

2009年はルーキー級オレム、A級シーダーラピッズ・カーネルズ、AAA級ソルトレイク・ビーズでプレーし、3球団合計で13試合(先発11試合)に登板して5勝2敗、防御率4.37、51奪三振を記録した[2]

2010年はA級シーダーラピッズでプレーし、36試合(先発7試合)に登板して3勝0敗、防御率4.31、75奪三振を記録した[2]

2011年はA+級インランド・エンパイア・シックスティシクサーズ英語版でプレーし、43試合(先発4試合)に登板して2勝5敗1セーブ、防御率4.30、61奪三振を記録した[2]

2012年はA+級インランド・エンパイアとAA級アーカンソー・トラベラーズでプレーし、2球団合計で45試合に登板して5勝2敗1セーブ、防御率2.98、75奪三振を記録した[2]。オフにはアリゾナ・フォールリーグに参加し、スコッツデール・スコーピオンズに所属した。

2013年はマイナーではAA級アーカンソーとAAA級ソルトレイクでプレーし、2球団合計で44試合に登板して4勝2敗2セーブ、防御率3.35、61奪三振を記録した。8月10日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし、同日のクリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビュー[3]。この年メジャーでは25試合に登板して勝敗なしで防御率4.70、13奪三振を記録した[2]

2014年は開幕をAAA級ソルトレイクで迎えたが、5月8日にDFAとなり、12日に40人枠外となった(その後、残りシーズンはAA級アーカンソーでプレー。)[1]。この年は2球団合計で40試合(先発8試合)に登板して3勝3敗、防御率3.28、82奪三振を記録した[2]

独立リーグ時代編集

2014年12月16日にコロラド・ロッキーズとマイナー契約を結んだが、2015年3月18日に自由契約となった[1]

その後、独立リーグ・アトランティックリーグサマセット・ペイトリオッツと契約した。この年は52試合に登板して3勝1敗1セーブ、防御率1.00、71奪三振を記録した[2]

ツインズ時代編集

2015年12月14日ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ[1]

2016年は傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスで開幕を迎え、5月25日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[1]。この年メジャーでは37試合に登板して2勝0敗、防御率4.25、37奪三振を記録した[2]

2017年はマイナー・オプションで傘下のAAA級ロチェスターで開幕を迎えたが、4月23日、4月28日から5月2日、5月30日から8月16日、9月1日からレギュラーシーズン終了までの間アクティブ・ロースター入りした[1]。この年メジャーでは38試合に登板して1勝0敗、防御率4.70、28奪三振を記録した[2]

2018年1月15日にアディソン・リードとの契約に伴い、DFAとなった[4][1]

アストロズ傘下時代編集

2018年1月22日にウェイバー公示を経てヒューストン・アストロズへ移籍した[5]。シーズンでは開幕から傘下のAAA級フレズノ・グリズリーズでプレーし、41試合に登板して2勝1敗4セーブ、防御率3.18、55奪三振を記録した[2]

パイレーツ傘下時代編集

2018年8月7日にウェイバー公示を経てピッツバーグ・パイレーツへ移籍し、傘下のAAA級インディアナポリス・インディアンスへ配属された[6]。8月11日にアクティブロースター入りしたが、登板機会はなく、8月20日にAAA級インディアナポリスに配属され[1]、9月4日にDFAとなり[7]、9日にマイナー契約でAAA級インディアナポリスに配属された。レギュラーシーズン終了後の10月2日にFAとなった[1]

メキシカンリーグ時代編集

2019年1月16日にシンシナティ・レッズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになったが、3月28日に自由契約となった。

その後、5月14日にメキシカンリーグプエブラ・パロッツと契約したが、1週間で退団した[1]

ブルージェイズ時代編集

2019年5月22日にトロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。傘下のAAA級バッファロー・バイソンズでプレーし、7月31日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[1]。レギュラーシーズン終了後の10月30日にマイナー契約でAAA級バッファローへ配属された[8]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2013 LAA 25 0 0 0 0 0 0 0 6 ---- 63 15.1 13 0 8 1 1 13 0 0 8 8 4.70 1.37
2016 MIN 37 0 0 0 0 2 0 0 2 1.000 152 36.0 35 3 7 1 1 37 1 0 21 17 4.25 1.17
2017 38 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 153 35.0 37 7 10 1 2 28 2 0 20 19 4.70 1.34
2019 TOR 28 1 0 0 0 0 3 0 4 .000 91 20.0 20 3 10 0 1 26 2 0 10 9 4.05 1.50
MLB:4年 128 1 0 0 0 3 3 0 15 .500 459 106.1 105 13 35 3 5 104 5 0 59 53 4.49 1.32
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



投手(P)












2013 LAA 25 1 4 0 0 1.000
2016 MIN 37 2 4 1 0 .857
2017 38 0 4 0 0 1.000
2019 TOR 28 0 1 0 0 1.000
MLB 128 3 13 1 0 .941
  • 2019年度シーズン終了時

背番号編集

  • 54(2013年)
  • 62(2016年 - 2017年)
  • 67(2019年)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k MLB公式プロフィール参照。2019年8月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Baseball-Refernce 参照。2018年8月8日閲覧。
  3. ^ Paul Gattis (2013年8月10日). “Huntsville native Buddy Boshers gets call to Major Leagues; gets strikeout in debut with Angels”. AL.com. 2016年12月14日閲覧。
  4. ^ Rhett Bollinger (2018年1月15日). “Twins sign reliever Reed to 2-year contract” (英語). MLB.com. 2018年1月15日閲覧。
  5. ^ Quinn Roberts (2018年1月22日). “Astros claim lefty reliever Boshers from Twins” (英語). MLB.com. 2018年1月22日閲覧。
  6. ^ Owen Perkins (2018年8月7日). “Pirates claim Boshers, option him to Triple-A” (英語). MLB.com. 2018年8月8日閲覧。
  7. ^ Adam Berry (2018年9月4日). “Bucs call up 6, including trio of righties” (英語). MLB.com. 2018年9月5日閲覧。
  8. ^ Jeff Todd (2019年10月30日). “Blue Jays Outright Brock Stewart, Buddy Boshers” (英語). MLB Trade Rumors. 2019年11月2日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集