バトルクラッシャー

バトルクラッシャー』は、1995年1月27日に日本のバンプレストから発売されたゲームボーイ2D対戦型格闘ゲーム

バトルクラッシャー
ジャンル 2D対戦型格闘ゲーム
対応機種 ゲームボーイ
開発元 さんえる
発売元 バンプレスト
プロデューサー 下道隆
ディレクター 石谷浩二
音楽 富樫則彦
シリーズ コンパチヒーローシリーズ
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
メディア 2メガビットロムカセット
発売日 日本 199501271995年1月27日
デバイス 通信ケーブル
スーパーゲームボーイ対応
その他 型式:DMG-ABAJ-JPN
テンプレートを表示

同社のクロスオーバー作品コンパチヒーローシリーズ』のゲームボーイ用ソフト第4作目[1]。『仮面ライダーシリーズ』、『ウルトラシリーズ』、『ガンダムシリーズ』のキャラクターを題材にした格闘ゲーム。キャラクターの手足を空中に浮かぶパーツとして表現しており、この表現方法は任天堂ファミリーコンピュータ用ソフト『ジョイメカファイト』(1993年)と共通している。

開発はさんえるが行い、プロデューサーはPlayStation用ソフト『メガチュード2096』(1996年)を手掛けた下道隆、ディレクターはセガサターン用ソフト『BATSUGUN』(1996年)を手掛けた石谷浩二、音楽はカプコンスーパーファミコン用ソフト『ロックマンズサッカー』(1994年)を手掛けた富樫則彦が担当している。

ゲーム内容編集

登場するキャラクターは搭乗者「ファイター」と乗り物「パンツァー」に分かれており、組み合わさることで一体のキャラクターとなる。ファイターとパンツァーはそれぞれ固有の技を持っており、組み合わせによってキャラクターの性能が変化する。ファイターごとに搭乗できるパンツァーはあらかじめ決まっているが、例外的にロアのみヘルザーク以外の全パンツァーに乗ることが可能。逆にダークエミィはヘルザーク以外に乗り込むことは不可能になっているが、その分他のキャラクターよりも必殺技が豊富に用意されている。

登場キャラクター編集

登場キャラクター
チーム ファイター パンツァー
仮面ライダー 仮面ライダー1号 サイクロン号
仮面ライダースーパー1
シャドームーン ヘビ獣人
地獄大使
ウルトラマン ウルトラマン J・ビートル
ウルトラセブン
ゴモラ キングジョー
ゼットン
ガンダム ガンダム Gファイター
ガンダムF91
ドム ザクレロ
ケンプファー
スペシャルチーム ロア とうりゅうおう
ダークエミィ ヘルザーク

スタッフ編集

  • ディレクター:石谷浩二
  • プロデューサー:下道隆
  • エグゼクティブ・プロデューサー:東喜三郎
  • 音楽:富樫則彦

評価編集

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通16/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine18.8/30点[3]

ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」では、5・3・4・4の合計16点(満40点)[2]、『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通り、18.8点(満30点)となっている[3]

項目 キャラクタ 音楽 お買得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 3.5 3.1 3.0 3.1 3.2 3.0 18.8

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ コンパチヒーローシリーズとは”. コンパチヒーローシリーズ ポータル. 2011年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月5日閲覧。
  2. ^ a b バトルクラッシャー まとめ [ゲームボーイ]”. ファミ通.com. KADOKAWA CORPORATION. 2021年1月3日閲覧。
  3. ^ a b 超絶 大技林 1998, p. 516.

参考文献編集