バトルフィールド・アース (映画)

バトルフィールド・アース
Battlefield Earth:
A Saga of the Year 3000
監督 ロジャー・クリスチャン
脚本 コリー・マンデル
J・D・シャピロ
原作 L・ロン・ハバード
製作 エリー・サマハ
ジョナサン・D・クレイン
ジョン・トラボルタ
製作総指揮 アンドリュー・スティーヴンス
アショク・クマール
ドン・カーモディ
出演者 ジョン・トラボルタ
バリー・ペッパー
フォレスト・ウィテカー
音楽 エリア・クミラル
撮影 ジャイルズ・ナットジェンズ
編集 ロビン・ラッセル
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 ギャガ・ヒューマックス
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年5月12日
日本の旗 2000年10月21日
上映時間 117分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $73,000,000[1]
興行収入 $29,725,663[1]
テンプレートを表示

バトルフィールド・アース』(原題: Battlefield Earth)は、2000年に公開されたアメリカ映画。荒廃した1000年後の地球で人類の存亡を掛けた戦いを描くSFアクション映画

アメリカの新宗教団体サイエントロジーの創始者であり、SF作家でもあるL・ロン・ハバードが1982年に書いた同名小説を、サイエントロジーの熱心な信奉者として知られるジョン・トラボルタが製作・主演した。監督はロジャー・クリスチャン

2001年、第21回ゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)において最低作品賞、最低主演男優賞など主要部門をほぼ独占した。2005年にはラジー賞創設25周年特別大賞として歴代最低ドラマ作品賞に、2010年には2000年代最低賞に選ばれた。

目次

ストーリー編集

異星人サイクロ人によって人類はわずか9分間で壊滅した。

それから1000年後、わずかに生き残った人間は文明を忘れ、原始人さながらの生活を送っていた。サイクロ人は地球に巨大なドームを作り人間を奴隷にして鉱物資源の採掘を行っていた。地球人の青年ジョニーは山の洞穴に隠れ住む村の出身。そこは食糧も乏しく村人たちは常に死の恐怖におびえて暮らしていた。ジョニーは人類安住の地がどこかにある事を信じて旅に出るが、サイクロ人の奴隷狩りに捕らえられてしまう。

サイクロ人の地球指令隊長タールは一刻も早く地球から出たいと思っていた。名門の家柄である彼にとって、地球のような辺境の地でくすぶっている事はとても我慢できなかった。そんなとき金の鉱脈が発見される。タールはそれを裏金にして地球から離れようと考える。ところが金鉱脈の周囲の大気には放射能が含まれていた。サイクロ人の呼吸ガスは放射能と反応すると爆発を起こしてしまうため、サイクロ人は近づく事ができなかったのだ。

タールは地球の人間を教育して金鉱脈を掘らせる事を思い付く。そこで目に付いた地球人ジョニーを「学習機」に掛けてサイクロ人の言語や知識を憶えさせる。一方、ジョニーはサイクロ人の知識を利用して人類を救おうと考える。そして仲間と共に金鉱脈を掘るふりをしながらサイクロ人と戦う準備を着々と進めていった。

キャスト編集

スタッフ編集

受賞歴編集

最低作品賞:バトルフィールド・アース
最低監督賞:ロジャー・クリスチャン
最低主演男優賞:ジョン・トラボルタ(『ラッキー・ナンバー』に対しても)
最低助演男優賞:バリー・ペッパー
最低助演女優賞:ケリー・プレストン
最低スクリーンカップル賞:ジョン・トラボルタ&バトルフィールド・アースで彼と一緒にスクリーンに映ってしまった人全部
最低脚本賞:コリー・マンデル、J・D・シャピロ
25周年最低ドラマ賞:バトルフィールド・アース
2000年代最低賞:バトルフィールド・アース

備考編集

  • 上述の通り数多くの最低評価を受けた事で、2010年に『ニューヨークポスト』紙上で脚本を務めたJ・D・シャピロによる観客に対しての謝罪文が掲載された[2]
    • 尚、その謝罪文でシャピロはスタジオやトラボルタ側の無理な変更要求を拒否した事で脚本家を降りており、完成した映画はコリー・マンデルが改めて書いた内容でシャピロ自身は全く関わっていないと語っている。しかしギャラの問題でクレジットには名前を残したという。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集