バド・パウエルBud Powell 本名:アール・ルドルフ・パウエル(Earl Rudolph Powell), 1924年9月27日 - 1966年7月31日)は、アメリカ合衆国ジャズピアニスト[1]ビバップスタイルの第一人者[1]。優れたリズム感の力強く切れ味のよい全身的なタッチが特徴の名ジャズ・ピアニストとして知られる。時折、うなり声をあげながら演奏するのが特徴である。

バド・パウエル
出生名 Earl Rudolph Powell
生誕 1924年9月27日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク市マンハッタン区ハーレム
死没 (1966-07-31) 1966年7月31日(41歳没)
ジャンル ジャズ
ビバップ
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ
レーベル ブルーノート・レコード
マーキュリー・レコード
Norgran Records
Clef Records
ヴァーヴ・レコード
共同作業者 ソニー・ロリンズ
マイルス・デイヴィス

来歴編集

1924年、ニューヨークに生まれる。パウエルの祖父はフラメンコギタリストで、父はストライドピアニスト、兄のウィリアムはトランペット奏者という音楽一家で育つ。また、弟のリッチー・パウエルや、学友のエルモ・ホープも後にピアニストとして名を成すことになる。バドは最初はクラシックの勉強をしていたが、アート・テイタムらの影響でジャズに興味を持つようになり、15歳になる頃には兄のいるバンドでピアノを弾くようになっていた。

スイング・ジャズ系ピアニストの中でもモダンなスタイルを持つアール・ハインズビリー・カイルの影響を受けた右手の高速なシングルトーンと、頻繁なコードチェンジに対応するため左手はコードプレーに徹するという、ビバップに最適化された新たな演奏スタイルを確立した。また、同時代のジャズピアニストであるセロニアス・モンクとは深く親交があり、若き日のパウエルはモンクから音楽理論を学んだと言われている。

1940年代後半から50年代初頭にかけて音楽面の最盛期を迎えるが、50年代中期以降は麻薬やアルコールなどの中毒に苦しみ、精神障害(統合失調症[2])を負う。しかしながら、不調期の録音においても、「クレオパトラの夢」など呻き声を発しながらの鬼気迫る演奏を聴くことができ、これを含めてパウエルの個性として評価する声が多い。

1960年代初頭は本国アメリカに一種のジャズ不況が訪れ、多くのジャズメンがヨーロッパに活動の場を移した時期であるが、パウエルもまたフランスに渡って活動を続ける。映画監督のベルトラン・タヴェルニエは、この時期のパウエルの演奏活動のエピソードを元に、映画「ラウンド・ミッドナイト」を撮影している。良好な環境と好意的な聴衆に支えられて麻薬禍からは脱却するが、既に体はボロボロであり、1966年アメリカに帰国した後にニューヨークで死去。死因は結核栄養失調アルコール中毒であったという。

パウエルは精神疾患の治療で電気ショック療法を受けた、また警官に頭部に暴行を受けた為に、指が以前の様に上手く動かなくなったというのが通説である。

ブルーノートルーレット・レコードなどのレーベルに演奏を残す。アルバムの代表作に『バド・パウエルの芸術』『アメイジング・バド・パウエル』『ジャズ・ジャイアント』『ザ・シーン・チェンジス』『バド!』など。作曲も多く、「ウン・ポコ・ローコ」、「クレオパトラの夢」などが知られる。

ディスコグラフィ編集

選定(英語版より)

初期編集

  • Tempus Fugue-It - Proper Records, four disc set, from 1944 recordings with Cootie Williams to the first sessions for Blue Note and Clef in 1949-50.

ブルーノート・レコード編集

ヴァーヴ・レコード編集

  • The Complete Bud Powell on Verve - Five discs, sessions from 1949 to 1956.
  • The Best of Bud Powell on Verve - single disc compilation of the best of Powell's work for the label.
  • jazz giant

出典編集

  1. ^ a b 参照 バド・パウエルコトバンク
  2. ^ 「ベスト・オブ・ジャズ・ピアノ」(小川隆夫)より。

外部リンク編集