メインメニューを開く
透明なガラス瓶に入ったバニラエキス

バニラエキスあるいはバニラエキストラクト(英語: Vanilla extract)とは、主成分としてバニラ香料を含む溶液である。純粋なバニラエキスは、バニラビーンズをエチルアルコールの溶液で浸漬英語版浸透して作られる。アメリカ合衆国では、食品医薬品局がバニラエキスを純粋と呼ぶためには、最低でも溶液中に35%のアルコールと1リットル当たり100gのバニラビーンズを含まなければならないと定めている[1]。この基準の2倍以上(20倍まで)の濃さのバニラエキスも存在する。

バニラエキスは今日もっとも普及しているバニラの使用法であり、メキシコ種、タヒチ種、インドネシア種およびバーボン種が主な品種である。なお、バーボン種は産地であるレユニオン島がフランスのブルボン家(House of Bourbon)の領地だったことに由来する品種名であり、バーボン・ウイスキー(Bourbon whiskey)との関連性はない。

天然のバニラ香料はバニラビーンズから皆無かそれに近い量のアルコールでも抽出することができる。通常含まれるアルコールの含有量は多くてもたったの2%から3%である。バニラエキスの模倣品はグアイアコール、もしくは木材パルプ製造時の副産物であるリグニンから生成されるバニリンを含む。

脚注編集

  1. ^ Food and Drug Administration (2010年4月1日). “Food and Drugs, Chapter I, Subchapter A, Food for Human Consumption, Part 169—Food Dressings and Flavorings”. Title 21 of the Code of Federal Regulations英語版. Department of Health and Human Services. 2010年7月14日閲覧。

関連項目編集