バハラーム7世

サーサーン朝の君主

バハラーム7世(Bahram Ⅶ Wahrām)は、サーサーン帝国の最後のシャーハーンシャーであるヤズデギルド3世の息子。651年のメルヴでの父親の死後、バハラームはサーサーン帝国の貴族とともにに逃げ、そこで彼と彼の兄弟ペーローズ3世は唐皇帝高宗にアラブとの戦いで支援するように頼んだ。バハラームは、占領されたイランの領土をアラブ人から奪還しようと繰り返したが、成功しなかった。

バハラーム7世
Wahrām

出生 615年
死去 710年(95歳)
Fonan Fe(中国)
子女 ホスロー(Juluo)
家名 サーサーン家
王朝 サーサーン朝
父親 ヤズデギルド3世
テンプレートを表示

貴族のアルハンがバハラーム7世であると特定する人もいる。中国の学者によると、その像がzh:唐乾陵ペーローズ3世の像と一緒に建てられた南昧は、アルオハンと同一視される[1]

パフラヴィ文学Wahrām-ī-Warȷā̌wandは、バハラーム7世を指している可能性がある[1]

バハラームは、Honan Feの私的住所で95歳で710年に亡くなった[1]

バハラーム7世の息子であるホスロー王子は、中国の情報源でJuluo(中国語:俱羅;ピンイン:Jū Luó)として記録され、父親の軍事努力を続けた。 しかし、ペルシャへの彼の最初は成功した侵略は、結局失敗した。彼はおそらくタバリーが言及したのと同じホスローである[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d Zanous, Hamidreza Pasha; Sangari, Esmaeil (4 July 2018). “The Last Sasanians in Chinese Literary Sources: Recently Identified Statue Head of a Sasanian Prince at the Qianling Mausoleum”. Iranian Studies 51 (4): 499–515. doi:10.1080/00210862.2018.1440966. ISSN 0021-0862. 

参考文献編集

  • Touraj Daryaee: Sasanian Iran. Mazda Publishers, California, 2008, 1568591691, S. 91–104.
  • D. N. MacKenzie: A Concise Pahlavi Dictionary. Routledge Curzon, 0197135595, 2005.