バハイ暦(バハイれき、英語: Baháʼí calendar)とは、バハイ教で使用されている太陽暦である。この暦法は、バーブがバーブ教を創始した年の春分、すなわち1844年3月21日起点として定められたを基礎としている。新年はペルシャで伝統的にノウルーズと呼ばれるものに相当し、断食の月の終わり、西暦で言うところの3月21日の近くの春分の日に生じる。コミュニティは各月の初めに、フィーストと呼ばれる会合のために集まる。

月と日編集

一日の始まり編集

バハイ暦において一日は、西暦のように午前0時を以て始まるのではなく、ユダヤ暦ユダヤ教)やヒジュラ暦イスラーム)のように日没を以て始まる[1]。したがって、この記事内で示される「対応する西暦上の日付」は、「その前日の日没から当日の日没までの期間」であることを意味する。

日数と月数編集

19日分合わさって一暦月となり、それが19か月分合わさって一暦年となる[1]。ただし、太陽年に合致させるために、4日か5日の閏日が含まれる[1]

各日と各月の名称編集

19の月それぞれには、の性質を表す名前が与えられている[2]。各月を構成する19の日についてもそれぞれ同じ名称を用いる[3][4]

  • 第1日/第1月 - バハー(栄光)
  • 第2日/第2月 - ジャラール(偉大)
  • 第3日/第3月 - ジャマール(美)
  • 第4日/第4月 - アザマ(壮大)
  • 第5日/第5月 - ヌール(光)
  • 第6日/第6月 - ラフマ(慈悲)
  • 第7日/第7月 - カリマ(言葉)
  • 第8日/第8月 - カマール(完全)
  • 第9日/第9月 - アスマー(名称)
  • 第10日/第10月 - イッザ(強さ)
  • 第11日/第11月 - マシーヤ(意志)
  • 第12日/第12月 - イルム(知識)
  • 第13日/第13月 - クドラ(力)
  • 第14日/第14月 - カウル(言辞)
  • 第15日/第15月 - マサーイル(問題)
  • 第16日/第16月 - シャラフ(名誉)
  • 第17日/第17月 - スルターン(主権)
  • 第18日/第18月 - ムルク(王権)
  • (閏日)- アイヤーミ・ハー(ハーの日)
  • 第19日/第19月[注 1] - アアラー(至高)

各月の期間と西暦上の日付編集

2015年3月20日以前編集

2015年3月20日までは、西暦と完全に同期していたため、西暦上の2月29日の有無によって、アイヤーミ・ハーの日数が定まっていた[5]

  • 第1月:3月21日 - 4月8日
  • 第2月:4月9日 - 4月27日
  • 第3月:4月28日 - 5月16日
  • 第4月:5月17日 - 6月4日
  • 第5月:6月5日 - 6月23日
  • 第6月:6月24日 - 7月12日
  • 第7月:7月13日 - 7月31日
  • 第8月:8月1日 - 8月19日
  • 第9月:8月20日 - 9月7日
  • 第10月:9月8日 - 9月26日
  • 第11月:9月27日 - 10月15日
  • 第12月:10月16日 - 11月3日
  • 第13月:11月4日 - 11月22日
  • 第14月:11月23日 - 12月11日
  • 第15月:12月12日 - 12月30日
  • 第16月:12月31日 - 1月18日
  • 第17月:1月19日 - 2月6日
  • 第18月:2月7日 - 2月25日
  • (閏日):2月26日 - 3月1日
  • 第19月:3月2日 - 3月20日

2015年3月21日以降編集

2015年3月21日からは、万国正義院による事前の決定に基づいて運用されることが、2014年7月10日に発表された[6][7]。以下に2つの表があるが、1つ目の表は、2015年3月21日(バハイ暦172年の初日)から2065年3月19日(バハイ暦221年の末日)までの期間における「バハイ暦上の第1月1日に対応する西暦上の日付」と「アイヤーミ・ハーの日数」を、2つ目の表は「各月の期間」を示す[8]。なお、バハイ暦の年数に対応するものとして示されている西暦年は、バハイ暦上の第1月1日を含む年のことである。

「バハイ暦上の第1月1日に対応する西暦上の日付」と「アイヤーミ・ハーの日数」
バハイ暦 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181
西暦 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024
バハイ暦上の
第1月1日に対応する
西暦上の日付
3月
21日
3月
20日
3月
20日
3月
21日
3月
21日
3月
20日
3月
20日
3月
21日
3月
21日
3月
20日
アイヤーミ・ハーの日数 4 4 5 4 4 4 5 4 4 4
バハイ暦 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191
西暦 2025 2026 2027 2028 2029 2030 2031 2032 2033 2034
バハイ暦上の
第1月1日に対応する
西暦上の日付
3月
20日
3月
21日
3月
21日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
3月
21日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
アイヤーミ・ハーの日数 5 4 4 4 4 5 4 4 4 5
バハイ暦 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201
西暦 2035 2036 2037 2038 2039 2040 2041 2042 2043 2044
バハイ暦上の
第1月1日に対応する
西暦上の日付
3月
21日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
3月
21日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
3月
21日
3月
20日
アイヤーミ・ハーの日数 4 4 4 5 4 4 4 5 4 4
バハイ暦 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211
西暦 2045 2046 2047 2048 2049 2050 2051 2052 2053 2054
バハイ暦上の
第1月1日に対応する
西暦上の日付
3月
20日
3月
20日
3月
21日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
3月
21日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
アイヤーミ・ハーの日数 4 5 4 4 4 5 4 4 4 5
バハイ暦 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221
西暦 2055 2056 2057 2058 2059 2060 2061 2062 2063 2064
バハイ暦上の
第1月1日に対応する
西暦上の日付
3月
21日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
3月
20日
アイヤーミ・ハーの日数 4 4 4 4 5 4 4 4 5 4
各月の期間
パターン A B
初日 末日 初日 末日
第1月 3月20日 4月7日 3月21日 4月8日
第2月 4月8日 4月26日 4月9日 4月27日
第3月 4月27日 5月15日 4月28日 5月16日
第4月 5月16日 6月3日 5月17日 6月4日
第5月 6月4日 6月22日 6月5日 6月23日
第6月 6月23日 7月11日 6月24日 7月12日
第7月 7月12日 7月30日 7月13日 7月31日
第8月 7月31日 8月18日 8月1日 8月19日
第9月 8月19日 9月6日 8月20日 9月7日
第10月 9月7日 9月25日 9月8日 9月26日
第11月 9月26日 10月16日 9月27日 10月17日
第12月 10月17日 11月2日 10月16日 11月3日
第13月 11月3日 11月21日 11月4日 11月22日
第14月 11月22日 12月10日 11月23日 12月11日
第15月 12月11日 12月29日 12月12日 12月30日
第16月 12月30日 1月17日 12月31日 1月18日
第17月 1月18日 2月5日 1月19日 2月6日
第18月 2月6日 2月24日 2月7日 2月25日
第19月 アイヤーミ・ハーの アイヤーミ・ハーの
1日後 19日後 1日後 19日後

聖日編集

バハイ暦において11の聖日があり[1][9]、それらは「バハイ暦上の日付に固定されているもの」と「そうでないもの」とに分けられる。ここでは、前者を固定聖日、後者と移動聖日と呼ぶことにする。

2015年3月20日以前編集

2015年3月20日以前は、11の聖日全てが固定聖日であった[1][9]

2015年3月20日以前の聖日
便宜上の
番号
聖日 バハイ暦 西暦対応 仕事を
休むべき日
であるか
1 ノウ・ルーズの祝祭
(バハイ新年)
第1月1日 3月21日 はい
2 レズワンの祝祭(初日) 第2月13日 4月21日 はい
3 レズワンの祝祭(第9日) 第3月2日 4月29日 はい
4 レズワンの祝祭(第12日) 第3月5日 5月2日 はい
5 バーブ宣言日 第4月8日 5月23日 はい
6 バハー・ウッラー昇天日 第4月13日 5月29日 はい
7 バーブ殉教日 第6月17日 7月10日 はい
8 バーブ誕生日 第12月5日 10月20日[注 2] はい
9 バハー・ウッラー誕生日 第13月9日 11月12日[注 3] はい
10 聖約の日 第14月4日 11月26日 いいえ
11 アブドル・バハ昇天日 第14月6日 11月28日 いいえ

2015年3月21日以降編集

2015年3月21日以降は、11の聖日のうち、9つが固定聖日、残りの2つが移動聖日とされることとなった[6][7]

固定聖日編集

9つの固定聖日とは、2015年3月20日以前からあった聖日のうち、「バーブ誕生日」と「バハー・ウッラー誕生日」を除くものである。

2015年3月21日以降の固定聖日
便宜上の
番号
聖日 バハイ暦 西暦対応[8] 仕事を
休むべき日
であるか[1][9]
パターンA パターンB
1 ノウ・ルーズの祝祭
(バハイ新年)
第1月1日 3月20日 3月21日 はい
2 レズワンの祝祭(初日) 第2月13日 4月20日 4月21日 はい
3 レズワンの祝祭(第9日) 第3月2日 4月28日 4月29日 はい
4 レズワンの祝祭(第12日) 第3月5日 5月1日 5月2日 はい
5 バーブ宣言日 第4月8日 5月22日 5月23日 はい
6 バハー・ウッラー昇天日 第4月13日 5月28日 5月29日 はい
7 バーブ殉教日 第6月17日 7月9日 7月10日 はい
8 聖約の日 第14月4日 11月25日 11月26日 いいえ
9 アブドル・バハ昇天日 第14月6日 11月27日 11月28日 いいえ

移動聖日編集

2つの移動聖日とは、「バーブ誕生日」と「バハー・ウッラー誕生日」である。前者は「ノウ・ルーズ後の8回目の新月の発生に次ぐ最初の日」、後者は「その翌日」に祝うものと定められた[6][7]。以下は、2015年から2064年までの期間に含まれる、移動聖日の具体的な日付を示した表である[8]

2015年3月21日以降の移動聖日
バハイ暦 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181
西暦 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024
バーブ
誕生日
バハイ暦 第13月
10日
第12月
18日
第12月
7日
第13月
6日
第12月
14日
第12月
4日
第13月
4日
第12月
11日
第12月
1日
第12月
19日
西暦 11月
13日
11月
1日
10月
21日
11月
9日
10月
29日
10月
18日
11月
6日
10月
26日
10月
16日
11月
2日
バハー・ウッラー
誕生日
バハイ暦 第13月
11日
第12月
19日
第12月
8日
第13月
7日
第12月
15日
第12月
5日
第13月
5日
第12月
12日
第12月
2日
第13月
1日
西暦 11月
14日
11月
2日
10月
22日
11月
10日
10月
30日
10月
19日
11月
7日
10月
27日
10月
17日
11月
3日
バハイ暦 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191
西暦 2025 2026 2027 2028 2029 2030 2031 2032 2033 2034
バーブ
誕生日
バハイ暦 第12月
8日
第13月
7日
第12月
15日
第12月
5日
第13月
5日
第12月
14日
第12月
2日
第13月
2日
第12月
10日
第13月
10日
西暦 10月
22日
11月
10日
10月
30日
10月
19日
11月
7日
10月
28日
10月
17日
11月
4日
10月
24日
11月
12日
バハー・ウッラー
誕生日
バハイ暦 第12月
9日
第13月
8日
第12月
16日
第12月
6日
第13月
6日
第12月
15日
第12月
3日
第13月
3日
第12月
11日
第13月
11日
西暦 10月
23日
11月
11日
10月
31日
10月
20日
11月
8日
10月
29日
10月
18日
11月
5日
10月
25日
11月
13日
バハイ暦 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201
西暦 2035 2036 2037 2038 2039 2040 2041 2042 2043 2044
バーブ
誕生日
バハイ暦 第12月
17日
第12月
6日
第13月
6日
第12月
15日
第12月
4日
第13月
4日
第12月
12日
第12月
1日
第12月
19日
第12月
8日
西暦 11月
1日
10月
20日
11月
8日
10月
29日
10月
19日
11月
6日
10月
26日
10月
15日
11月
3日
10月
22日
バハー・ウッラー
誕生日
バハイ暦 第12月
18日
第12月
7日
第13月
7日
第12月
16日
第12月
5日
第13月
5日
第12月
13日
第12月
2日
第13月
1日
第12月
9日
西暦 11月
2日
10月
21日
11月
9日
10月
30日
10月
20日
11月
7日
10月
27日
10月
16日
11月
4日
10月
23日
バハイ暦 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211
西暦 2045 2046 2047 2048 2049 2050 2051 2052 2053 2054
バーブ
誕生日
バハイ暦 第13月
8日
第12月
16日
第12月
5日
第13月
5日
第12月
14日
第12月
3日
第13月
2日
第12月
10日
第13月
9日
第12月
18日
西暦 11月
10日
10月
30日
10月
20日
11月
7日
10月
28日
10月
17日
11月
5日
10月
24日
11月
11日
11月
1日
バハー・ウッラー
誕生日
バハイ暦 第13月
9日
第12月
17日
第12月
6日
第13月
6日
第12月
15日
第12月
4日
第13月
3日
第12月
11日
第13月
10日
第12月
19日
西暦 11月
11日
10月
31日
10月
21日
11月
8日
10月
29日
10月
18日
11月
6日
10月
25日
11月
12日
11月
2日
バハイ暦 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221
西暦 2055 2056 2057 2058 2059 2060 2061 2062 2063 2064
バーブ
誕生日
バハイ暦 第12月
6日
第13月
6日
第12月
15日
第12月
4日
第13月
4日
第12月
11日
第11月
19日
第12月
19日
第12月
9日
第13月
8日
西暦 10月
21日
11月
8日
10月
29日
10月
18日
11月
6日
10月
25日
10月
14日
11月
2日
10月
23日
11月
10日
バハー・ウッラー
誕生日
バハイ暦 第12月
7日
第13月
7日
第12月
16日
第12月
5日
第13月
5日
第12月
12日
第12月
1日
第13月
1日
第12月
10日
第13月
9日
西暦 10月
22日
11月
9日
10月
30日
10月
19日
11月
7日
10月
26日
10月
15日
11月
3日
10月
24日
11月
11日

曜日編集

バハイ暦の週の初めは土曜日に始まり金曜日に終わる[10]

バハイ教の聖典では金曜日が休日として維持されることになっている[11][12]が、全ての国でそれが守られているわけではない。例えばイギリスの全国精神行政会では、現在これを実行しないことが決定された[13]

周期編集

バハーイー暦では、19年をワーヒド(アラビア語「一つ」)と呼ぶ一周期とし、それが19回繰り返された期間を大周期として、クッリ・シャイ(アラビア語「すべてのもの」)と呼ぶ[3]。これらの単位はバーブによって定められた[3]。各ワーヒドにもそれぞれ名称がある(下記参照)。

2021年現在は2015年から2033年までの第十ワーヒド「フッブ」(アラビア語「愛」)の間にあり、第二のクッリ・シャイは2205年に始まる[14]

ワーヒド編集

19のワーヒドの各名称とその意味は、以下の通りである[3]。なお、期間には第一クッリ・シャイのものを挙げており[14]、対応する西暦年として示されたものは、バハーイー暦上の第1月1日を含む年のことである。

ワーヒドと第一クッリ・シャイの期間
ワーヒド 名称 意味 期間
バハーイー暦 西暦
第1ワーヒド アリフ 文字名) 1年 - 19年 1844年 - 1862年
第2ワーヒド バー (文字名) 20年 - 38年 1863年 - 1881年
第3ワーヒド アブ 39年 - 57年 1882年 - 1900年
第4ワーヒド ダール (文字名) 58年 - 76年 1901年 - 1919年
第5ワーヒド バーブ 77年 - 95年 1920年 - 1938年
第6ワーヒド ワーウ (文字名) 96年 - 114年 1939年 - 1957年
第7ワーヒド アバド 永遠 115年 - 133年 1958年 - 1976年
第8ワーヒド ジャード 寛大 134年 - 152年 1977年 - 1995年
第9ワーヒド バハー 栄光 153年 - 171年 1996年 - 2014年
第10ワーヒド フッブ 172年 - 190年 2015年 - 2033年
第11ワーヒド バッハージ 愉快 191年 - 209年 2034年 - 2052年
第12ワーヒド ジャワーブ 答え 210年 - 228年 2053年 - 2071年
第13ワーヒド アハド 唯一 229年 - 247年 2072年 - 2090年
第14ワーヒド ワッハーブ 潤沢 248年 - 266年 2091年 - 2109年
第15ワーヒド ウィダード 慈愛 267年 - 285年 2110年 - 2128年
第16ワーヒド バディー 始まり 286年 - 304年 2129年 - 2147年
第17ワーヒド バヒー 明るい 305年 - 323年 2148年 - 2166年
第18ワーヒド アブハー 最も明るい 324年 - 342年 2167年 - 2185年
第19ワーヒド ワーヒド 単一 343年 - 361年 2186年 - 2204年

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 断食月である[1]
  2. ^ イスラム圏では、「西暦」や「西暦と同期していたバハイ暦」によらず、ヒジュラ暦(イスラム暦)上の第1月1日に固定されていた[6][7]。したがって、イスラム圏における「バーブ誕生日」は、バハイ暦から見て、移動聖日であった。
  3. ^ イスラム圏では、「西暦」や「西暦と同期していたバハイ暦」によらず、ヒジュラ暦上の第1月2日に固定されていた[6][7]。したがって、イスラム圏における「バハー・ウッラー誕生日」は、バハイ暦から見て、移動聖日であった。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g 800~899バハイの暦、バハイの祝祭日、 記念日、断食の期間”. 2021年5月7日閲覧。
  2. ^ P.R.ハーツ『バハイ教』奥西峻介訳、青土社、2003年、126頁。
  3. ^ a b c d Momen, Wendi (1989-02-28). A Basic Baha'i Dictionary. George Ronald Publisher. ISBN 978-0853982302. https://bahai-faith.manvell.org.uk/fragrant/calendar.html 2021年5月7日閲覧。 
  4. ^ Philippine Bahá’í Community: “The Bahá’í Calendar and Holy Days”. 2021年5月7日閲覧。
  5. ^ Smith, Peter (2000). "Ayyám-i-Há". A concise encyclopedia of the Baháʼí Faith. Oxford: Oneworld Publications. p. 53. ISBN 978-1-85168-184-6
  6. ^ a b c d e Letter from the Universal House of Justice: Implementing the Badí Calendar”. 2021年5月7日閲覧。
  7. ^ a b c d e Letter from the Universal House of Justice: Implementing the Badí Calendar”. 2021年5月7日閲覧。
  8. ^ a b c Table provided by the Universal House of Justice”. 2021年5月7日閲覧。
  9. ^ a b c 聖なる日 - 明日への扉(完全版)”. 2021年5月7日閲覧。
  10. ^ Effendi, Shoghi (1950). The Baháʼí Faith: 1844–1950. Wilmette, Illinois: Baháʼí Publishing Committee. http://bahai-library.com/shoghieffendi_statistics_1844-1950 2021年5月7日閲覧。 
  11. ^ “Letter written on behalf of the Guardian to an individual believer”. Baháʼí News (162, April 1943): 5. (1939-07-10).  In Effendi, Shoghi; Baháʼu'lláh; ʻAbdu'l-Bahá; The Universal House of Justice (1983). Hornby, Helen. ed. Lights of Guidance: A Baháʼí Reference File. New Delhi, India: Baháʼí Publishing Trust. p. 109. ISBN 978-81-85091-46-4. http://bahai-library.com/hornby_lights_guidance&chapter=2#n372 2021年5月7日閲覧. "III. Baháʼí: E. Miscellaneous Subjects: 372. Friday is Day of Rest in Baháʼí Calendar." 
  12. ^ Bellenir, Karen (2004). Religious Holidays and Calendars: An Encyclopedic Handbook (3rd ed.). Omnigraphics. p. 154. ISBN 978-0-7808-0665-8. https://archive.org/details/religiousholiday00bell 
  13. ^ Letter from the NSA to the Bahá’í Council for Wales (PDF)”. National Spiritual Assembly of the Bahá’ís of the United Kingdom (2014年7月11日). 2021年5月7日閲覧。
  14. ^ a b The first Kull-i-Shay' of the Bahá'í Era”. 2021年5月7日閲覧。