メインメニューを開く

バビロニアン・キャッスル・サーガ

概要編集

「バビロニアン・キャッスル・サーガ」というシリーズ名称は、当時のナムコ(後のバンダイナムコエンターテインメント)公式のものではなく、ナムコ側は「ドルアーガシリーズ」と呼んでいた[1]2001年3月20日、遠藤が2ちゃんねるレトロゲーム板に「【バビロニアン・キャッスル・サーガ】」というスレッドを作成[2]し、自らがゲームデザインを担当した4作品を「バビロニアン・キャッスル・サーガ」と定義。それ以外の作品は「外伝」にあたる、と表明した。

2006年2月23日、ナムコからPSP版『ナムコミュージアムVol.2』が発売。その公式サイトの『ドルアーガの塔』の説明に、「バビロニアン・キャッスル・サーガ」と記載され[3]、ナムコ公式でも使われるようになった(ゲーム内の説明でも同様に記載されている)。

作品編集

本編編集

いずれもナムコ発売。

上記は発売順であり、時系列順では下記の順に物語が進む[4]

  • Episode0『カイの冒険』
  • Episode1『ドルアーガの塔』
  • Episode2『イシターの復活』
  • Episode3『ザ・ブルークリスタルロッド(ギルガメスの道)』

外伝編集

いずれもドルアーガの名を冠しているものの、開発に遠藤は参加していない。ただし『ドルアーガの塔 〜the Phantom of GILGAMESH〜』のみ、スーパーバイザーという形で関与している。

その他編集

『ドルアーガの塔』をモチーフにした派生作品。

脚注編集

  1. ^ 『ザ・ブルークリスタルロッド』パッケージ裏より
  2. ^ 【バビロニアン・キャッスル・サーガ】”. 2001年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月4日閲覧。
  3. ^ ナムコミュージアム vol.2”. バンダイナムコエンターテインメント公式サイト. 2015年4月14日閲覧。
  4. ^ 『ザ・ブルークリスタルロッド』オープニングデモより。