メインメニューを開く

バビロン』 -浮遊する摩天楼-(バビロン ふゆうするまてんろう)は宝塚歌劇団舞台作品。星組[1][2]公演。

形式名は「レビュー・アラベスク[1][2]」。9景[1][2]。併演作品は『ガラスの風景[1][2]』。

作・演出は荻田浩一[1][2]

星組トップコンビ、香寿たつき渚あきの宝塚さよなら公演となった。

目次

公演期間と公演場所編集

2002年11月22日から12月24日に宝塚大劇場[1]

2003年2月14日から3月23日に東京宝塚劇場[2]

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚」、「東京」の文字がなければ両劇場共通。

宝塚での休演者編集

主な配役編集

※下記の配役は宝塚・東京共通。

  • 男S、バビロンの男S、バビロンの王、マルディグラの男S、フィナーレの男 - 香寿たつき[1]
  • 女S、バビロンの女S、黄金の巫女S、マルディグラの女S、フィナーレの女 - 渚あき[1]
  • バビロンの男A、青年S、紳士A、新官S、マルディグラの男A、フィナーレの男A - 初風緑[1]
  • 黒マントの男、バビロンの男A、黒い鳩、ベドウィンの男A、古代の王子A、マルディグラの男A、フィナーレの男A - 安蘭けい[1]
  • バビロンの男A、スーツの男、マレーネ、男の分身、神殿の男A、マルディグラの男B、フィナーレの男A - 夢輝のあ[1]
  • 極楽鳥、白い鳩、男の分身、神殿の男A、マルディグラの男B、フィナーレの男A - 朝澄けい[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 90年史 2004, p. 147.
  2. ^ a b c d e f g h i j k 90年史 2004, p. 165.

参考文献編集

  • 編集:森照実春馬誉貴子相井美由紀山本久美子『宝塚歌劇の90年史『すみれの花歳月を重ねて』』宝塚歌劇団、2004年4月20日。ISBN 4-484-04601-6

外部リンク編集