バム・アデバヨ

アメリカのバスケットボール選手 (1997 - )

バム・アデバヨBam Adebayo)ことイドリス・フェミ・アデバヨEdrice Femi Adebayo , 1997年1月18日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク出身のプロバスケットボール選手。NBAマイアミ・ヒートに所属している。ポジションはセンターパワーフォワードを兼務するフォワードセンター

バム・アデバヨ
Bam Adebayo
Bam Adebayo.jpg
マイアミ・ヒートでのアデバヨ (2020年)
マイアミ・ヒート  No.13
ポジション C/PF
基本情報
愛称 Bam
生年月日 (1997-07-18) 1997年7月18日(24歳)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州の旗 ニュージャージー州ニューアーク
身長 206cm (6 ft 9 in)
体重 116kg (256 lb)
ウィングスパン 220cm  (7 ft 3 in)[1]
キャリア情報
高校 ビューフォート・カウンティ高校
ハイポイント・クリスチャン・アカデミー
大学 ケンタッキー大学
NBAドラフト 2017年 / 1巡目 / 全体14位
プロ選手期間 2017–現在
経歴
2017-マイアミ・ヒート
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakutenプロフィール NBA.com(日本語)
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オリンピック
金メダル - 1位 2021 東京

学生時代編集

ハイスクール編集

ノースカロライナ州ハイポイント・クリスチャンアカデミー英語版に在籍していた2016年に、同州の最優秀選手に選出され、マクドナルド・オール・アメリカンゲームやジョーダン・ブランド・クラシックの出場メンバーに選出されるなど、有望株として注目を集める。

カレッジ編集

 
ケンタッキー大学時代の練習試合にて(2016年)

大学はケンタッキー大学に進学し、デアーロン・フォックスマリック・モンクらと共にプレー。1年生ながら先発に起用され、平均13得点・12リバウンド・1.5ブロックショットを記録。NCAAトーナメントでも活躍するも、準々決勝で優勝したノースカロライナ大学に73-75で敗れた。アデバヨはワン・アンド・ダン (one and done)で2017年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明[2]

NBAキャリア編集

マイアミ・ヒート編集

2017-18シーズン編集

2017年6月22日に行われたNBAドラフトにて全体14位でマイアミ・ヒートから指名された[3]。同年7月1日にルーキースケール契約を結んだ[4]ルーキーイヤーハッサン・ホワイトサイドの控えとして69試合(先発19試合)に平均19.8分の出場で、6.9得点、5.5リバウンド、1.5アシスト、0.5スティール、0.6ブロックの成績を残した。

2018-19シーズン編集

2018年12月7日のフェニックス・サンズ戦にて22得点と10リバウンドを記録し115-98で勝利した[5]。2019年2月末からはホワイトサイドに替わって先発に定着した。このシーズンは全82試合(28先発)に平均23.3分の出場で、8.9得点・7.3リバウンド・2.2アシスト・0.9スティール・0.8ブロックなどを記録した。アデバヨの活躍と将来性もあって、オフにホワイトサイドはトレードでポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した。

2019-20シーズン編集

2019年12月10日のアトランタ・ホークス戦にてキャリアハイの30得点、11リバウンド、11アシストを記録し、自身初のトリプルダブルを達成。チームは135-121で延長戦末勝利した[6][7]。12月14日のダラス・マーベリックス戦では18得点、11リバウンド、10アシストでキャリア通算2回目となるトリプルダブルを達成した[8]。12月16日に12月9日から12月15日までの期間で平均20.0得点、11.3リバウンド、8.7アシストを記録し、イースタンカンファレンス月間MVPに選ばれた[9]。2020年1月27日のオーランド・マジック戦にて20得点、10リバウンド、10アシストを記録し、チームは113-92で勝利した。同年1月30日には自身初となるNBAオールスターゲームに選ばれた[10]。2月15日にはNBAオールスターウィークエンドスキルチャレンジに出場し優勝した[11]このシーズンは72試合に平均33.3分の出場で、15.9得点、10.2リバウンド、5.1アシスト、1.1スティール、1.3ブロックなどを記録し、MIP候補に挙げられていたが惜しくも投票は2位となった (受賞したのはブランドン・イングラム)[12]。また、NBAオールディフェンシブチーム2ndチームに選出され、NBA最優秀守備選手賞の投票では5位だった[13]プレーオフではジミー・バトラーらと共に2020年のNBAファイナル出場に貢献した。

2020-21シーズン編集

シーズン開幕前の2020年11月にヒートと5年約1億6300万ドルで契約延長した[14]。2021年1月23日のブルックリン・ネッツ戦で自身初の40得点以上となる41得点を記録した[15]。同年2月18日のサクラメント・キングス戦では16得点、12リバウンド、10アシストでジミー・バトラーと共にトリプルダブルを達成した。同一試合でバトラーと共にトリプルダブルを記録したのは2019年12月10日以来2度目であり、2回以上の達成はNBA史上初の出来事となった[16]。3月に左膝の腱炎で4試合を欠場した[17]このシーズンは64試合に平均33.5分の出場で、18.7得点、9.0リバウンド、5.4アシスト、1.2スティール、1.0ブロックなどを記録した。プレーオフでは1回戦でミルウォーキー・バックスに0勝4敗のスウィープで敗退し、シーズン終了となった。

2021-22シーズン編集

2021年11月29日のデンバー・ナゲッツ戦で負傷し、検査の結果、内側側副靱帯断裂と診断された。同年12月7日に手術を受けたことを明らかにし、4~6週間の離脱することになった[18]

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2017-18 MIA 69 19 19.8 .512 .000 .721 5.5 1.5 .5 .6 6.9
2018-19 82 28 23.3 .576 .200 .735 7.3 2.2 .9 .8 8.9
2019-20 72 72 33.6 .557 .143 .691 10.2 5.1 1.1 1.3 15.9
2020-21 64 64 33.5 .570 .250 .799 9.0 5.4 1.2 1.0 18.7
キャリア 287 183 27.3 .559 .159 .738 8.0 3.5 .9 .9 12.4
オールスター 1 0 11.7 .800 --- --- 2.0 1.0 .0 .0 8.0
  • 2019-20シーズンは73試合で打ち切り、2020-21シーズンは72試合制

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2018 MIA 5 0 15.4 .467 .000 .214 4.0 .0 .0 .4 3.4
2020 19 19 36.2 .564 .000 .783 10.3 4.4 1.0 .8 17.8
2021 4 4 34.0 .456 --- .769 9.3 4.3 1.3 .5 15.5
キャリア 28 23 32.1 .538 .000 .725 9.0 3.6 .9 .7 14.9

カレッジ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2016–17 ケンタッキー 38 38 30.1 .599 .653 8.0 .8 .7 1.5 13.0

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Draft Combine Anthro 2017-18” (英語). NBA.com (2017年). 2021年12月18日閲覧。
  2. ^ Bam Adebayo Signs with Agent, Will Officially Leave Kentucky for 2017 NBA Draft
  3. ^ Navarro, Manny (2017年6月22日). “Heat select Bam Adebayo with 14th pick”. Www.miamiherald.com. http://www.miamiherald.com/sports/spt-columns-blogs/heat-check/article157749574.html 2017年7月3日閲覧。 
  4. ^ HEAT Signs Bam Adebayo”. NBA.com (2017年7月1日). 2017年7月5日閲覧。
  5. ^ Adebayo, Dragic power Heat in Phoenix; Dragic to sit out Saturday”. Sun-Sentinel.com (2018年12月7日). 2018年12月8日閲覧。
  6. ^ Jimmy Butler, Heat rally in OT after Trae Young says 'it's over” (英語). ESPN.com (2019年12月10日). 2019年12月11日閲覧。
  7. ^ HEAT Dominate OT, Down Hawks In Historic Outing” (英語). NBA.com (2019年12月10日). 2019年12月11日閲覧。
  8. ^ Doncic injures ankle, Mavs rally, fall to Heat 122-118 in OT”. ESPN.com (2019年12月14日). 2020年1月10日閲覧。
  9. ^ Bam Named Eastern Conference Player Of The Week”. NBA.com (2019年12月16日). 2019年12月16日閲覧。
  10. ^ Heat’s Adebayo, Butler named NBA All-Stars. Adebayo also part of All-Star Saturday night” (英語). Miami Herald (2020年1月30日). 2020年1月31日閲覧。
  11. ^ Double the Heat: Derrick Jones Jr. prevails in Dunk Contest amid controversy; Bam Adebayo wins Skills Challenge” (英語). sun-sentinel.com (2020年2月16日). 2020年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月17日閲覧。
  12. ^ Pelicans' Brandon Ingram named 2019-20 Kia Most Improved Player” (英語). NBA.com (2020年8月31日). 2020年9月20日閲覧。
  13. ^ Bam Named To All-NBA Defensive Team” (英語). NBA.com (2020年9月8日). 2020年9月21日閲覧。
  14. ^ Heat and Bam Adebayo agree on five-year, $163 million extension” (英語). thejapantimes (2020年11月25日). 2020年11月27日閲覧。
  15. ^ Adebayo’s 41 Points Not Enough, As HEAT Fall Just Short To Nets” (英語). NBA.com (2020年1月24日). 2021年5月30日閲覧。
  16. ^ Jimmy Butler, Bam Adebayo first teammates to triple-double in same game more than once”. NBA.com (2021年2月19日). 2021年5月30日閲覧。
  17. ^ Miami Heat’s Bam Adebayo offers update on knee tendinitis”. マイアミ・ヘラルド英語版 (2021年3月16日). 2021年5月30日閲覧。
  18. ^ ヒートのバム・アデバヨが親指手術で4~6週間の離脱” (日本語). SportingNews.com (2021年12月8日). 2021年12月8日閲覧。

外部リンク編集