メインメニューを開く
イエスの代わりに恩赦を受けたバラバ

バラバギリシャ語: Bαραββᾶς, ラテン文字転写: Barabbas)は、新約聖書福音書に登場するユダヤ人の強盗・囚人。イエスの代わりに恩赦を受け、釈放された。

目次

バラバの赦免編集

マルコによる福音書によれば、過越し祭のたびの慣例となっていた罪人の恩赦にあたって、総督ピラトはイエスの放免を期して、バラバかイエスかの選択を民衆に迫った。しかし祭司長や長老たちにそそのかされた群集はバラバの赦免とイエスの処刑を要求。ピラトは不本意ながらこれに従ったため、バラバは釈放された。

バラバの罪状編集

バラバの罪状は福音書によって異なっている。罪状については触れず(マタイ)、暴動と殺人(マルコ)、暴動と殺人(ルカ)、強盗(ヨハネ)などである。

バラバ・イエス編集

新共同訳フランシスコ会訳聖書などでは「バラバ・イエス」(マタイ27:16-17)と訳されている。イエス・キリストとは同じイエスという名前であったことになる。本文批評学上は、イエスの名前がバラバと同じであることに対する不快感から「バラバ・イエス」の、「イエス」を意図的に取り除いたとしている。原典に「イエス」の言葉がないのに書き写したクリスチャンが付け加えるということはありえがたいことであるからである。さらに、「イエス」とはありふれた名前であり、少しも不自然ではない。「バラバ」とは「アッバスの子」を意味するが、アラム語の発音での「バラバ・イエス」は「御父(アバ)の御子(イエス)」に非常によく似ている。同じイエスという名を持った2人の人物がいるなら、「どちらのイエスの釈放を望んでいるのか? アッバスの子のイエスか? それとも、自称メシヤのイエスか?」という読み方ができる。

バラバの登場する作品編集

脚注編集

関連項目 編集