バリー線(Barrie line)は、GOトランジットの1路線であり、1982年にGOトレインの路線として開業した。トロントとバリーを結ぶ路線である。2014年の一日利用者数は17,000人、年間利用客数は3,462,500人(2010年)とGOトレイン全路線の中でリッチモンド・ヒル線に次いで少ない。総延長は101.4 kmと長くなっている。途中トロント大都市圏で人口増加が著しいヴォーンオーロラを通ると農村部を抜けて、シムコー湖湖畔にあるリゾート地ともなっているバリーまで行く中距離路線である。

バリー線
Car 2029 at Barrie South Platform.jpg
基本情報
路線網 GOトレイン
起点 トロント
終点 バリー
駅数 11
開業 1982年9月7日
所有者 メトロリンクス
運営者 GOトランジット
路線諸元
路線距離 101.4 km
軌間 1,435 mm
最高速度 130 km/h
テンプレートを表示

歴史編集

  • 1982年9月7日:ユニオン駅〜ブラッドフォード駅間がブラッドフォード線として開通。
  • 1990年9月17日:バリーまで延伸。
  • 1993年7月5日:バリーまでの路線が廃止され、ブラッドフォードまでの運行になる。
  • 2007年12月17日:14年ぶりにバリー・サウス駅までの路線が復活しバリー線に改名。
  • 2012年1月30日:アランデール・ウォーターフロント駅まで延伸。

運行本数編集

運行は平日ラッシュ時の一方向のみであり朝方はアランデール・ウォーターフロント駅とメープル駅からトロントユニオン行き、夕方はユニオン駅からアランデール・ウォーターフロント駅へ向かう列車が運行されている。土曜・休日は4往復が運行されている。

ユニオン駅行 ユニオン駅発
メープル駅 7 7
アランデール・ウォーターフロント駅 5 7

駅一覧編集

所在地は基本的に駅名と同じである。

本線
駅名 営業キロ 接続路線、施設 自治体 RER計画
ユニオン駅 0.0 トロント市地下鉄1号線,GOトレイン全線
ユニオン・ピアソン・エクスプレス, VIA鉄道
トロント
カレドニア駅(予定) トロント市地下鉄5号線(2020年開通予定) トロント
ダンズビュー・パーク駅
※2017年12月30日開業
17.1 トロント市地下鉄1号線(2017年12月17日開通) トロント
ヨーク大学駅 19.8 トロント
ラザフォード駅 26.8 ヴォーン
メープル駅 29.5

ヴォーン

キングシティ駅 36.5 キング
オーロラ駅 48.1 オーロラ
ニューマーケット駅 55.0 ニューマーケット
イースト・グィリンバリー駅 57.4 イースト・グィリンバリー
ブラッドフォード駅 66.4

ブラッドフォード・ウェスト・グィリンバリー

バリー・サウス駅 95.0 バリー
アランデール・ウォーターフロント駅 101.4 バリー

将来計画編集

2016年にはトロント地下鉄1号線との乗換駅となるダンズビュー・パーク駅が開業し、ヨーク大学駅は閉鎖される予定である。また、2020年に開通するトロント地下鉄5号線との乗換駅となるカレドニア駅の設置も計画されている。2017年から2020年までの間に列車本数を1日平日20往復、週末12往復程度まで増発される予定である。また、2024年までのユニオン駅〜オーロラ駅が電化され、この区間は「GO Regional Express Rail」(RER)として終日15分間隔での運行となる予定であり、アランデール・ウォーターフロント駅までの区間も終日1時間間隔での運行となる予定である。

外部リンク編集

脚注編集