バルカンの星の下に

バルカンの星の下に」(ロシア語: Под звездами балканскими)は、ロシア歌曲である。

概要編集

マトヴェイ・イサーコヴィッチ・ブランテルМатвей Исаакович Блантер1903年 - 1990年が、1944年に作曲した曲。ミハイル・ワシリエヴィチ・イサコフスキーМихаил Васильевич Исаковский1900年 - 1973年による歌詞がつけられている。 第二次世界大戦末期の1944年頃において、ブルガリアにいたソ連軍兵士が、故郷を偲んだ歌とされている。日本においては、ロシア民謡として、またうたごえ運動の歌として定着している。なお、1977年の東宝映画「青春の門・自立編」のラストで、日本語で「バルカンの星の下に」を歌う場面が登場する。