メインメニューを開く

バルカン又はヴァルカン: Vulcan, Vulcanis)は、『スタートレック』シリーズに登場する惑星の一つ。外見は赤茶けている。地球から16光年の距離にある。衛星はない。

概要編集

  • 所属 - 惑星連邦
  • 恒星系 - エリダヌス座40番星
  • 種族 - バルカン人(ヴァルカン人)
  • 環境 - 惑星の表面は砂漠や山岳地帯が多く、手つかずの自然がそのままに残されている。また、地球に比べて大気がやや薄く、平均気温が高めであるので地球人にはややつらい環境である。星の名であるバルカンとは“暑い”と言う意味である(TOS第34話「バルカン星人の秘密」)。バルカン人のとがった耳や眉は、この環境にあわせて進化したとされている。なお映画版はイエローストーン国立公園でも撮影した。この公園は『スター・ウォーズ・シリーズ』のタトゥイーン星の撮影にも使われている。
  • 生物 - セーラット(: sehlat) - 地球のクマに似た牙の長い猛獣だが、ペットとして飼われることもある。
地理
  • 火の谷 - ラール(: Raal) 近辺
  • ヴォロス海(: Voroth sea
  • セレヤ山(: mount Seleya
  • フォージ(: Forge) - 過去の核戦争による影響でセンサーなどが機能しない砂漠地帯。フォージ(鍛鉄)と呼ばれるのはスラクが修行のために巡礼し、精神を鍛錬したことからである。
    • トゥカラス聖域 (: T'Karath Sanctuary)、タカラス神殿[1]
都市
  • ゴル(: Gol
  • ラール
  • シカー(: ShiKahr[2]
  • トゥパール(: T'Paal
  • ヴァルカナ・レガー(: Vulcana Regar

歴史編集

  • 紀元前9世紀、アンドリア星近くの惑星にプジェム(: P'Jem、修道院)が建てられた。
  • 4世紀、スラクがヴァルカンの一連の惑星間戦争を終結させる。目覚めの時代といわれる。
  • 1957年、トゥポルの曾祖母トゥミアが、地球のペンシルベニア州に不時着(本当のファーストコンタクト)。
  • 2063年、ゼフラム・コクレーンがフェニックスで初のワープ航宙に成功し、バルカン人とファーストコンタクトする。
  • 2149年、トゥポルが地球連合への大使として地球に赴任する。
  • 2151年4月、トゥポルが宇宙船NX-01エンタープライズにオブザーバーとして搭乗する。
  • 2152年、エンタープライズのジョナサン・アーチャー船長によりバルカンの条約違反が暴露され、アンドリア人がプジェムを破壊。
  • 2154年、バルカンの革命により、ヴラス行政長官が失脚する。バルカンの軍事政権の終結。同年、地球への干渉を止める。
  • 2156年-2160年、ロミュラン戦争
  • 2161年、惑星連合発足。バルカンは原加盟国のひとつ。後に惑星連邦に発展する。

設定編集

バルカンがどの星系にあるかについては、2つの説があった。ジェイムズ・ブリッシュの小説版『宇宙大作戦』2巻[3]ジェフ・メイナードらの ": Star Trek Maps" などではエリダヌス座40番星太陽系から16.4光年)、スタン・ゴールドステインフレッド・ゴールドステインの ": The Star Trek Spaceflight Chronology" などではエリダヌス座イプシロン星(太陽系から10.5光年)とされていた。

『宇宙大作戦』のテレビ放送と同じ年から始められたウィルソン山天文台の「HKプロジェクト」では、両者とも観測対象に含まれていた。スカイ・アンド・テレスコープ誌の1991年7月号にジーン・ロッデンベリーハーバード・スミソニアン天体物理学センターの3人の専門家の名前で掲載された記事(外部リンクを参照)によれば、HKプロジェクトで測定されたエリダヌス座40番星(厳密にはエリダヌス座40番星A)の年齢は約40億歳で、太陽と同じくらい古い星であるのに対し、エリダヌス座イプシロン星はせいぜい10億歳で、高度な生物が進化するには時間が足りない。したがってバルカンの母星はエリダヌス座40番星だという。

その後、スタートレックの準公式本 ": Star Trek: Star Charts" でもこの解釈を採用し、さらに『スタートレック:エンタープライズ』の第4シーズン[4]において、メインクルーの一人であるチャールズ・タッカー三世の台詞で「地球とバルカンの距離は16光年」と明言されており、公式設定になったと言える。

エリダヌス座40番星は三重連星である。バルカンが主星であるエリダヌス座40番星Aの周囲を回っていれば、伴星であるエリダヌス座40番星Bとエリダヌス座40番星Cは、それぞれ-8の白い星および-6等の赤い星として見えるだろう(なお、満月は-12.6等、金星の最大光度は-4.7等)。

編集

  1. ^ 新スタートレック』での名称。
  2. ^ 都市シカーは『まんが宇宙大作戦』に初登場した設定で非正史扱いであったが、のちにデジタルリマスター版『宇宙大作戦』に登場し、『スタートレック:ディープ・スペース・ナイン』にはミランダ級のUSSシカー(: USS Shirkahr)が存在することから正式の設定となったと考えられる。ラテン文字での綴りは「ShirKahr」や「Shi'Kahr」など複数ある。
  3. ^ ハヤカワ文庫『謎の精神寄生体』収録「明日はきのう」(原題「Tomorrow Is Yesterday」、テレビ版邦題「宇宙暦元年7・21」)。
  4. ^ 第79話「ヒーローたちの帰還」(: Home)と第86話「亜量子転送」(: Daedalus)。

外部リンク編集