メインメニューを開く

バルサルタン

バルサルタン: valsartan)とは主に高血圧の治療に使用されるアンジオテンシンII受容体拮抗薬の一つ。1989年に合成され、2000年に日本国内で認可され、ノバルティスからディオバン(Diovan)の商品名で市販されている[1]

バルサルタン
Valsartan.svg
Valsartan ball-and-stick.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
胎児危険度分類
  • AU: D
法的規制
  • (Prescription only)
投与方法 oral
薬物動態データ
生物学的利用能 25% (valsartan)
半減期 6 hours
排泄 腎臓 30%, 胆汁 70%
識別
CAS番号
137862-53-4
ATCコード C09CA03 (WHO)
PubChem CID: 60846
DrugBank DB00177
ChemSpider 54833
化学的データ
化学式 C24H29N5O3
分子量 435.519 g/mol

目次

薬理編集

ヒトの血圧に対しては、昇圧物質としてアンジオテンシンが最も影響を与える。アンジオテンシンIは、アンジオテンシン変換酵素により、アンジオテンシンIIへと変換され、アンジオテンシンIIが受容体に結合し、心臓血管副腎へと作用する。バルサルタンは、アンジオテンシンII受容体に、競争的阻害剤として結合し、血圧を降下させる。

重大な副作用編集

添付文書には重大な副作用として、

  • 血管浮腫、肝炎、腎不全(0.1%未満)、高カリウム血症(0.1%未満)、
  • ショック、失神、意識消失(0.1%未満)、
  • 無顆粒球症、白血球減少、血小板減少(0.1%未満)、
  • 間質性肺炎、低血糖、横紋筋融解症(0.1%未満)、
  • 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、多形紅斑、天疱瘡、類天疱瘡

が挙げられている[2]

臨床研究での不正編集

日本で実施された臨床研究において、降圧効果や臓器保護効果に関するデータの不正操作が明らかとなり、関連する一連の論文が撤回された[3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13][14][15][16]。さらに、ノバルティスの社員がその身分を隠蔽して、臨床研究に統計解析者として関与していたことが明らかとなった[17]。この件で、東京地方検察庁は2014年6月11日までに、ノバルティス元社員の男(63)を薬事法の誇大広告違反に抵触するとして逮捕した[18]。2017年3月16日、東京地方裁判所は元社員に対して無罪とする判決をした[19]

リコール編集

2018年7月6日 - あすか製薬が製造していた(-2017年)「バルサルタン錠AA」の原材料に、発癌性があるとされるニトロソ化合物、N-ニトロソジメチルアミンが混入しているとしてリコールを開始。混入原因は、中華人民共和国の浙江華海薬業が製造した原材料にあり[20]、同原料を使用して製薬を行っていた22か国のメーカーも、7月中にリコールを実施した[21]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Diovan prescribing informationNovartis
  2. ^ ディオバン錠20mg/ディオバン錠40mg/ディオバン錠80mg/ディオバン錠160mg 添付文書” (2015年3月). 2016年4月26日閲覧。
  3. ^ Urgent Announcement From the Editor-in-Chief Concerning Article RetractionsCirculation Journal
  4. ^ Two Retractions For Embattled Chief Investigator Of Kyoto Heart StudyForbes(2013年1月8日)
  5. ^ Retraction of: Effects of valsartan on morbidity and mortality in uncontrolled hypertensive patients with high cardiovascular risks: KYOTO HEART Study "Eur Heart J (2009) 30:2461–2469, doi: 10.1093/eurheartj/ehp363"Eur Heart J (2013) 34 (14): 1023. doi: 10.1093/eurheartj/eht030
  6. ^ Important Study Of High Blood Pressure Medicine RetractedForbes(2013年2月2日)
  7. ^ Study of blood pressure drug valsartan retractedRetraction Watch(2013年2月4日)
  8. ^ WITHDRAWN: Cardio‐cerebrovascular protective effects of valsartan in high-risk hypertensive patients with overweight/obesity: A post-hoc analysis of the KYOTO HEART StudyInternational Journal of Cardiology
  9. ^ WITHDRAWN: Enhanced cardio-renal protective effects of valsartan in high-risk hypertensive patients with chronic kidney disease: A sub-analysis of KYOTO HEART StudyInternational Journal of Cardiology
  10. ^ <京都府立医大>毎日新聞(2013年4月20日):降圧剤の全論文を撤回…松原元教授チーム
  11. ^ Retraction—Valsartan in a Japanese population with hypertension and other cardiovascular disease (Jikei Heart Study): a randomised, open-label, blinded endpoint morbidity-mortality studyThe Lancet, Volume 382, Issue 9895, Page 843, 7 September 2013 <Previous Article|Next Article> doi:10.1016/S0140-6736(13)61847-4
  12. ^ 同学会は、「論文のデータは信頼できない」と判断し、独自に論文を撤回したディオバン問題 SMART研究論文Diabetes Careが撤回へ 柏木病院長は辞意ミクスOnline(2014年1月20日)
  13. ^ 毎日新聞(2014年01月20日): バルサルタン:米糖尿病学会誌、滋賀医大の論文取り消し
  14. ^ 降圧剤論文、米学会が独自に撤回、滋賀医大主任研究者、副学長辞任も、再投稿の意向 2014年1月21日 池田宏之(m3.com編集部)
  15. ^ 産経新聞(2014年01月20日):ノ社の研究論文撤回、滋賀医大発表 責任者辞意
  16. ^ SMART論文撤回、柏木病院長は辞任へ- ディオバン問題で滋賀医大医療介護CBnews(キャリアブレイン)(2014年1月20日)
  17. ^ 毎日新聞(2013年3月28日): クローズアップ2013:降圧剤 京都府立医大の論文撤回騒動 製薬社員も名連ね
  18. ^ ノバルティス元社員を逮捕=高血圧薬データ不正―薬事法違反容疑・東京地検 Archived 2014年6月14日, at the Wayback Machine.(時事通信2014年6月11日 同日閲覧)
  19. ^ ノバルティス元社員に無罪、臨床データ改ざん 東京地裁 - 日本経済新聞 2017年3月16日
  20. ^ バルサルタン錠に発がん性物質 あすか製薬が自主回収”. 朝日新聞社 (2018年7月6日). 2018年8月4日閲覧。
  21. ^ 中国製薬会社、心臓病の薬を全世界でリコール 原料に発がん物質”. 2018-07-31. 2018年8月4日閲覧。

外部リンク編集