バルタサール・ゴメス・フィゲイラ

バルタサール・ゴメス・フィゲイラ(Baltazar Gomes Figueira、1604年1674年[1][2] )はポルトガルの画家である。画家、ジョゼファ・デ・オビドスの父親である。

バルタサール・ゴメス・フィゲイラ
Baltazar Gomes Figueira
Retábulo de São Brás 03.jpg
ゴメス・フィゲイラが制作したサン・ブラス教会の祭壇画
生誕1604年
ポルトガル、オビドス
死没1674年
ポルトガル、オビドス

略歴編集

ポルトガルの現在のレイリア県のオビドス(オビドゥシュ:Óbidos)の比較的裕福な職人の家に生まれた[2][3]。軍人になり、アンダルシアに派遣され、セルビアで、画家を親類に持つ娘、Catalina de Ayala Camachoと知り合い、結婚した。フランシスコ・エレーラフランシスコ・デ・スルバランフアン・デル・カスティーリョといった画家たちと付き合い絵を学んだ[2][1][2]。1634年にオビドスに戻り、画家としての名声を得て、ブラガンサ公(後のポルトガル王)、ジョアン4世アフォンソ6世の宮廷で、画家、美術品鑑定人として働いた[1]

1644年にはセビリアで修行を続けていた娘のジョゼファ・デ・オビドスも父親と働くようになった。

娘のジョゼファ・デ・オビドスと同じようにスペインで「ボデゴン(厨房画)」と呼ばれるジャンルの静物画も描き、それらの父娘の作品はポルトガル、エヴォラの美術館(Museu de Évora)に静物画のセクションが作られ展示されている。ペニシェの教会(Igreja da Misericórdia de Peniche)にも父娘の作品は展示されている。[4]

作品編集

参考文献編集

  1. ^ a b c CM Óbidos. Consultado em 24 de fevereiro de 2012
  2. ^ a b c d «Baltazar Gomes Figueira - bio». mosteiroalcobaca.pt. Consultado em 24 de fevereiro de 2012 «Óbidos organiza ciclo de palestras sobre pintor Baltazar Gomes Figueira». tintafresca.net. 11 de abril de 2005. Consultado em 24 de fevereiro de 2012
  3. ^ «Óbidos organiza ciclo de palestras sobre pintor Baltazar Gomes Figueira». tintafresca.net. 11 de abril de 2005. Consultado em 24 de fevereiro de 2012
  4. ^ «Igreja da Misericordia e Torre do Relógio - Peniche, Portugal». waymarking.com. Consultado em 24 de fevereiro de 2012