バルドゥイン・フォン・ルクセンブルク

トリーア大司教

バルドゥイン・フォン・ルクセンブルク(Balduin von Luxemburg, 1285年頃 - 1354年1月21日)は、神聖ローマ帝国選帝侯トリーア選帝侯)であるトリーア大司教1307年 - 1354年)。ルクセンブルク家の出身で、父はルクセンブルク伯ハインリヒ6世

バルドゥイン・フォン・ルクセンブルク
トリーア大司教
Trier Balduinbrunnen Balduin von Luxemburg.jpg
バルドゥイン像(トリーア
大主教区 トリーア
着座 1307年
離任 1354年
個人情報
出生 1285年
死去 1354年1月21日
両親 父:ルクセンブルク伯ハインリヒ6世
母:ベアトリス・ダヴェーヌ
テンプレートを表示

兄であるハインリヒ7世およびその孫カール4世神聖ローマ皇帝選出に貢献した。

1288年6月5日のヴォリンゲンの戦いにおいて父が戦死した後、母が未成年の息子たちの摂政となった。ハインリヒ、バルドウィン兄弟は一時期フランス宮廷で養育され、パリ大学において学んだ。1307年12月7日トリーア大司教に選ばれ、1308年3月11日教皇クレメンス5世によって叙任された。兄の息子ヨハンボヘミア王家の娘との結婚を仲介した。両者の息子が金印勅書等で有名な カール4世である。 1310年に始まる兄のローマ遠征に同行した[1]

1340年ころ、兄ハインリヒ7世との事績を73個の絵で示すBilderchronik(仮訳:年代記絵図)を作成させている。これは当時のBilderchronikとして極めて重要なもので、現在コブレンツの文書館(Landeshauptarchiv Koblenz)に所蔵されている[2]

参考文献編集

  • Kaiser Heinrichs Romfahrt. Die Bilderchronik von Kaiser Heinrich VII. und Kurfürst Balduin von Luxemburg 1308-1313. Mit einer Einleitung und Erläuterungen herausgegeben von Franz-Josef Heyen. München: Deutscher Taschenbuch Verlag 1978 (ISBN 3-423-01358-3)
  • Lexikon des Mittelalters. Bd. I. München/Zürich: Artemis 1980 (ISBN 3-7608-8901-8), Sp. 1372-1374 (Beitrag von F.-J.Heyen zu ‚Balduin von Luxemburg, Ebf. v. Trier.‘).

脚注編集

  1. ^ Lexikon des Mittelalters. Bd. I. München/Zürich: Artemis 1980 (ISBN 3-7608-8901-8), Sp. 1372-1373.
  2. ^ Kaiser Heinrichs Romfahrt. Die Bilderchronik von Kaiser Heinrich VII. und Kurfürst Balduin von Luxemburg 1308-1313. Mit einer Einleitung und Erläuterungen herausgegeben von Franz-Josef Heyen. Deutscher Taschenbuch Verlag 1978 (ISBN 3-423-01358-3). - Lexikon des Mittelalters. Bd. I. München/Zürich: Artemis 1980 (ISBN 3-7608-8901-8), Sp. 1373.

関連項目編集