バルバラ・ティモ

バルバラ・ティモ(Barbara Timo 1991年3月10日- )はポルトガル柔道選手。ブラジル出身。階級は70㎏級[1][2]

獲得メダル
ポルトガルの旗 ポルトガル
柔道
世界選手権
2019 東京 70kg級

人物編集

最初はブラジルの選手として活躍していた[2]。2013年のグランプリ・タシュケント70㎏級で優勝すると、2016年にはグランドスラム・アブダビでも3位になるが、国内のこの階級にはより活躍していたマリア・ポルテラがいたために、リオデジャネイロオリンピックには出場できなかった[2]。2017年のユニバーシアードでは決勝で新添左季を破って優勝すると、グランプリ・ザグレブでも優勝した[2]。2018年にはグランドスラム・エカテリンブルグで3位になった[1]。2019年からは国籍をポルトガルに変更すると、グランドスラム・パリで3位、グランプリ・トビリシでは優勝した[1][3]。東京で開催された世界選手権では、伏兵ながら3回戦で世界選手権を2連覇していた新井千鶴を技ありで破るなどして決勝まで進むも、フランスのマリー=エヴ・ガイエ腕挫十字固で敗れたが2位となった[4]。2021年7月に日本武道館で開催された東京オリンピックでは2回戦で敗れた[5]。その後階級を63㎏級に下げると、グランドスラム・パリでは優勝した[6]

IJF世界ランキングは1000ポイント獲得で29位(21/10/18現在)[7]

主な戦績編集

70㎏級での戦績

63㎏級での戦績

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注編集

外部リンク編集