メインメニューを開く

バルパライソ州スペイン語:V Región de Valparaíso)は、チリ共和国を構成する15の州の1つである。州都は港町のバルパライソ。2002年時点で、人口は1,539,852人と国内で3番目に多く、面積は16,396.1km2(6,331平方マイル)と3番目に小さい。人口密度は、南東にある首都州に次ぎ2番目に高い[1]

バルパライソ州

V Región de Valparaíso
Skyline of バルパライソ州
バルパライソ州の旗
バルパライソ州の紋章
紋章
Location of バルパライソ州
チリの旗 チリ
バラ ペトルカロス・アンデスサン・フェリペ・デ・アコンカグアキヨタキルプエバルパライソサンアントニオパスクア島
面積
 • 合計 16,396.1km2
面積順位 13
最低標高
0m
人口
(2002年)[1]
 • 合計 1,539,852人
 • 順位 3
 • 密度 94/km2
ISO 3166コード CL-VS
バルパライソの丘
バルパライソ
ビニャ・デル・マール
プラヤ・デ・レニャカ
イースター島のモアイ

目次

歴史編集

2010年2月27日の津波編集

2010年2月27日、チリ沖で発生したマグニチュード8.8の地震による津波が、ファン・フェルナンデス諸島を襲い、少なくとも8名の死者が出た。これは、サンティアゴの中央政府へ最初に報告された津波だった[2]

行政区分編集

住民編集

人口動態編集

州は、約171万人の住民を持ち、人口密度は94.1/km²に達している。住民のうち、91.6%が都市的地域に、8.4%が地方に住む。

最も人口の多い自治体であるバルパライソは308,000人の住民を、ビニャ・デル・マールは287,000人の住民を抱え、ビージャ・アレマナ、キルプエ、コンコンなどと、人口175万人のグラン・バルパライソを構成する。約201,000人の人口を抱えるキヨタと人口200,000人を超え、推計250,000人の住民を抱えるサンアントニオは2番目に大きな都市である[要出典]

出典編集

  1. ^ a b c Valparaíso Region”. Government of Chile Foreign Investment Committee. 2010年3月13日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ Time, "Chile's President: Why Did Tsunami Warnings Fail?", Eben Harrell, 2 March 2010 (accessed 4 March 2010)

関連項目編集

外部リンク編集