バルボラ・クレイチコバ

バルボラ・クレイチコバBarbora Krejčíková, 1995年12月18日 - )は、チェコブルノ出身の女子プロテニス選手。これまでにWTAツアーでシングルス8勝、ダブルス18勝を挙げている。身長178cm、体重62kg。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。WTAランキング最高位はシングルス2位、ダブルス1位。チェコ語での発音は「クレイチーコバー」が近い。

バルボラ・クレイチコバ
Barbora Krejčíková
バルボラ・クレイチコバ
基本情報
国籍  チェコ
出身地 同・ブルノ
生年月日 (1995-12-18) 1995年12月18日(28歳)
身長 178cm
体重 62kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2011年
ツアー通算 26勝
シングルス 8勝
ダブルス 18勝
生涯獲得賞金 14,550,358 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(2022・24)
全仏 優勝(2021)
全英 優勝(2024)
全米 ベスト8 (2021)
優勝回数 2(仏1・英1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(2022・23)
全仏 優勝(2018・21)
全英 優勝(2018・22)
全米 優勝(2022)
優勝回数 7(豪2・仏2・英2・米1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 優勝(2019-21)
全仏 ベスト8(2021)
全英 3回戦(2016)
全米 ベスト8(2016)
優勝回数 3(豪3)
国別対抗戦最高成績
BJK杯 優勝(2018)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 2位(2022年2月28日)
ダブルス 1位(2018年10月22日)
獲得メダル
テニス
オリンピック
2021 東京 女子ダブルス
2024年7月14日現在

女子ダブルスでカテリナ・シニャコバとペアを組んでキャリア・スーパースラムを達成した。2021年全仏オープンでは自身初のシングルスでのGS初優勝。同大会のダブルスでも優勝し、21年ぶり単複制覇を成し遂げた[1]。2020東京五輪の女子ダブルス金メダル。

来歴

編集

6歳からテニスを始める。ジュニア時代は2013年全仏オープンウィンブルドン全米オープンジュニア女子ダブルスで同じチェコのカテリナ・シニアコバと組み優勝している。

ダブルスを中心に活動し、シニアコバとのペアで2016年全仏オープン女子ダブルスの3回戦で4大大会4連勝を狙った第1シードのマルチナ・ヒンギス&サニア・ミルザ組を 6–3, 6–2 で破る殊勲を挙げベスト4に進出した。2018年全仏オープン女子ダブルスでは決勝で穂積絵莉&二宮真琴組を 6–3, 6–3 で破り初の4大大会ダブルスタイトルを獲得した。続く2018年ウィンブルドン選手権女子ダブルスでもニコール・メリチャー&クベタ・ペシュケ組を 6–4, 4–6, 6–0 で破り優勝した。2018年10月22日付のランキングでシニアコバと並びダブルス1位を記録している。2019,20年はGSベスト4を上限に留まっていたが、2021年全豪オープンで同大会初の決勝進出すると(準優勝)、続く全仏オープンでは3年ぶりにGS制覇で復活した。

2019年全豪オープンではラジーブ・ラムと組んだ混合ダブルスの決勝でアストラ・シャルマー&ジョン=パトリック・スミス組を 7–6(3), 6–1 で破って優勝し混合ダブルス初優勝を果たした。そこから同大会3連覇を成し遂げている[2]

シングルスでは奮わず、4大大会では2018年全仏オープンで予選を勝ち上がりシングルスに初出場した。1回戦でカロリナ・プリスコバに敗れた。次回出場は2020年全豪オープンでグランドスラムシングルス初白星をあげる。全仏オープンでは4回戦進出。

2021年、ドバイ・テニス選手権で第1シードのエリナ・スビトリナらに勝利しWTA1000の決勝に進出するブレイクスルーを見せた。決勝ではガルビネ・ムグルサに6-7(6), 3-6で敗れ準優勝だった。5月のストラスブール国際ソラナ・チルステアを6-3, 6-3で下しシングルス初優勝を果たした[3]全仏オープンでは、3回戦でまたも第5シードのスビトリナを破り、準々決勝でコリ・ガウフに勝利してGS初のベスト4入り。準決勝でマリア・サッカリを7-5, 4-6, 9-7で下して決勝進出すると、決勝ではアナスタシア・パブリュチェンコワを6-1, 2-6, 6-4で破り、シングルス初優勝を果たした[4]。ダブルスも3年ぶりに制し、21年ぶり単複制覇を成し遂げた[5][1]

ウィンブルドン選手権に初出場し、4回戦進出。続くプラハ・オープンで早くも3勝目をあげた。

8月10日付のランキングで自己最高の10位を記録し、自身初となるシングルスでのトップ10入りを果たした。

全米オープンでは過去6度予選敗退ながら第8シードとして本戦に初出場し、ベスト8まで駒を進めた。

9月20日付のランキングで自己最高の5位をマークし、初のトップ5入りを果たしている。

WTAツアー決勝進出結果

編集

シングルス: 13回 (8勝5敗)

編集
大会グレード
グランドスラム (2–0)
WTAファイナルズ (0–0)
WTA1000トーナメント (1–1)
WTAエリート・トロフィー (0–0)
WTA500トーナメント (2–2)
WTA250トーナメント (3–2)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2017年5月27日   ニュルンベルク クレー   キキ・ベルテンス 2-6, 1-6
準優勝 2. 2021年3月13日   ドバイ ハード   ガルビネ・ムグルサ 3-6, 3-6
優勝 1. 2021年5月29日   ストラスブール クレー   ソラナ・チルステア 7-6(8-6), 6-3
優勝 2. 2021年6月12日   全仏オープン クレー   アナスタシア・パブリュチェンコワ 6-1, 2-6, 6-4
優勝 3. 2021年7月18日   プラハ ハード   テレザ・マルティンコバ 6-2, 6-0
準優勝 3. 2022年1月15日   シドニー ハード   パウラ・バドサ 3-6, 6-4, 6-7(4-7)
優勝 4. 2022年10月2日   タリン ハード (室内)   アネット・コンタベイト 6-2, 6-3
優勝 5. 2022年10月10日   オストラヴァ ハード (室内)   イガ・シフィオンテク 5-7, 7-6(7-4), 6-3
優勝 6. 2023年2月25日   ドバイ ハード   イガ・シフィオンテク 6-4, 6-2
準優勝 4. 2023年6月25日   バーミンガム   エレナ・オスタペンコ 6-7(8-10), 4-6
優勝 7. 2023年9月16日   サンディエゴ ハード   ソフィア・ケニン 6-4, 2-6, 6-4
準優勝 5. 2023年10月15日   鄭州 ハード   鄭欽文 6-2, 2-6, 4-6
優勝 8. 2024年7月13日   ウィンブルドン   ジャスミン・パオリーニ 6-2, 2-6, 6-4

シングルス: 28回 (18勝10敗)

編集
大会グレード
グランドスラム (7–1)
WTAファイナルズ (1–2)
WTA1000トーナメント (3–2)
オリンピック (1–0)
WTAエリート・トロフィー (0–0)
WTA500トーナメント (2–2)
WTA250トーナメント (4–3)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2014年10月18日   ルクセンブルク ハード (室内)   ルーシー・ハラデツカ   ティメア・バシンスキー
  クリスティナ・バロイス
6-3, 4-6, [4-10]
優勝 1. 2015年9月14日   ケベック・シティー ハード (室内)   アン=ソフィー・メスタフ   マリア・イリゴエン
  ポーラ・カニア
4-6, 6-3, [12-10]
準優勝 2. 2016年2月14日   サンクトペテルブルク ハード (室内)   ベラ・ドゥシェビナ   マルチナ・ヒンギス
  サニア・ミルザ
3-6, 1-6
準優勝 3. 2017年7月29日   ボースダード クレー   マリア・イリゴエン   クイリナ・ルモワーヌ
  アランツァ・ルス
6-3, 3-6, [8-10]
準優勝 4. 2018年1月6日   深圳 ハード   カテリナ・シニャコバ   イリーナ=カメリア・ベグ
  シモナ・ハレプ
6-1, 0-6, [8-10]
準優勝 5. 2018年4月1日   マイアミ ハード   カテリナ・シニャコバ   アシュリー・バーティ
  ココ・バンダウェイ
2-6, 1-6
優勝 2. 2018年6月10日   全仏オープン クレー   カテリナ・シニャコバ   穂積絵莉
  二宮真琴
6-3, 6-3
優勝 3. 2018年7月14日   ウィンブルドン   カテリナ・シニャコバ   ニコール・メリチャー
  クベタ・ペシュケ
6-4, 4-6, 6-0
準優勝 6. 2018年10月28日   シンガポール ハード (室内)   カテリナ・シニャコバ   ティメア・バボシュ
  クリスティナ・ムラデノビッチ
4-6, 5-7
準優勝 7. 2019年3月16日   インディアンウェルズ ハード   カテリナ・シニャコバ   エリーズ・メルテンス
  アリーナ・サバレンカ
3-6, 2-6

4大大会シングルス成績

編集
略語の説明
 W   F  SF QF #R RR Q# LQ  A  Z# PO  G   S   B  NMS  P  NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

大会 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 通算成績
全豪オープン A LQ LQ LQ LQ LQ 2R 2R QF 4R QF 13–5
全仏オープン A LQ A A 1R LQ 4R W 1R 1R 1R 10–5
ウィンブルドン A LQ LQ LQ A A NH 4R 3R 2R W 13–3
全米オープン LQ LQ A LQ LQ LQ A QF 2R 1R 5–3

4大大会ダブルス成績

編集
略語の説明
 W   F  SF QF #R RR Q# LQ  A  Z# PO  G   S   B  NMS  P  NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加, Z#=デビスカップ/BJKカップ地域ゾーン, PO=デビスカップ/BJKカッププレーオフ, G=オリンピック金メダル, S=オリンピック銀メダル, B=オリンピック銅メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, P=開催延期, NH=開催なし.

大会 2014 2015 2016 2017 2018 2019 2020 2021 2022 2023 2024 通算成績
全豪オープン A A 2R 2R 3R QF SF F W W QF 31–7
全仏オープン A 1R SF 3R W 1R SF W A 1R 3R 24–7
ウィンブルドン A A 1R 1R W SF NH QF W A QF 20–6
全米オープン A A QF 3R SF A A 1R W 2R 16–5

脚注

編集

外部リンク

編集