バルヴァーノ鉄道事故

バルヴァーノ鉄道事故(バルヴァーノてつどうじこ)とは1944年3月2日3日イタリア南部のバジリカータ州バルヴァーノ付近で発生した鉄道事故である。蒸気機関車牽引の貨物列車がアルミ・トンネル内の急勾配で立ち往生し、違法に乗車していた約426人が一酸化炭素中毒で死亡した[1]

バルヴァーノ鉄道事故

背景編集

ナポリは深刻な戦時中英語版の品不足に苦しんでいたため、広範囲にわたり闇市がにぎわった。1944年までに連合国はすでにベニート・ムッソリーニのファシスト政権に勝利していた。町にいたオポチュニストは新鮮な食材を軍人が持ってきた日用品と交換し始め、彼らの供給者の農場へ行くため貨物列車に違法乗車した。鉄道会社もまた良質な石炭の不足に直面していた。質の低い代用品は、燃やすとこの後に発生する惨事の重要な要因である無臭で有毒な一酸化炭素ガスを大量に発生させた。

事故の経過編集

1944年3月2日の午後6時ちょうど、第8017貨物列車がバッティパーリアを越えてエーボリに到着した。 午後11時40分頃、列車は多くの違法な乗客を乗せていた。トンネルは急勾配であり、またそれらの乗客が乗っていたため貨物列車は著しく重量を超過していた。列車はトンネル内にほぼすべての車両を進入させて立ち往生した。乗客と乗組員はとてもゆっくりと煙と煙霧にまかれたが、彼らは危険に気づくことができなかった。数人の生存者の大半はトンネルの外にいた後方の数両に乗っていた。大量の一酸化炭素ガスは燃焼の副産物として発生しており、機械の使用時や密閉された環境で火災が発生したときには一酸化炭素中毒の危険があるということはよく知られている。それを吸い込むとヘモグロビンと結合するため、死者の多くの死因は酸素欠乏症(酸素不足)であった。それは現在も火災や爆発の後の鉱山災害において主要な死因である。

関連項目編集

関連書編集

  • Barneschi, Gianluca (2005). Balvano 1944: I segreti di un disastro ferroviario ignorato. Milano: Mursia. ISBN 88-425-3350-5 
  • Peter Semmens, Railway Disasters of the World, Patrick Stephens Ltd (1994).

La Galleria delle Armi by Salvio Esposito of Marotta&Cafiero Editore (Naples 3 March 2012 - Italy)

脚注編集

座標: 北緯40度40分09秒 東経15度30分07秒 / 北緯40.66917度 東経15.50194度 / 40.66917; 15.50194