メインメニューを開く

バレット食道: Barrett's esophagus)とは、下部食道粘膜扁平上皮英語版から円柱上皮に変化したもの。

Barrett's esophagus
Barretts esophagus.jpg
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
消化器学
ICD-10 K22.7
ICD-9-CM 530.85
Patient UK バレット食道

目次

歴史編集

1950年ロンドン大学の胸部外科医Norman Barrettによって報告され、呼ばれるようになった。

病理編集

厳格な組織学的、病理学的な定義としては「バレット食道(Barrett's esophagus)とは食道内に存在する円柱上皮で腸上皮化生を伴ったもの」と定義される。 円柱上皮化生と、粘膜筋板の2層化とを特徴としている。

分類編集

実臨床で用いられる上部消化管内視鏡観察による診断定義は様々存在している。 食道接合部(EGJ)を超えて食道扁平上皮部分に腺円柱上皮を認めるものとされている。

プラハ分類編集

2003年に日米欧を中心とした国際的な研究組織である「IWGCO(International Working Group for the Classification of Oesophagitis)」から発表された分類。

「Prague C & M classification(プラハ分類)」と言われている。

  • Esophago gastric junction(EGJ:食道胃接合部):tops of gastric mucosal folds(胃の襞の上端)
  • circumferential extent(C-extent):EGJから全周性の食道円柱上皮(腸上皮化成)までの距離
  • maximum extent(M-extent):EGJから食道円柱上皮(腸上皮化成)の舌状部分を加えた最大距離

日本食道学会編集

日本食道学会による分類定義は以下である。

  • Esophago gastric junction(EGJ:食道胃接合部):下部食道の柵状血管の下端
  • squamocolumnar junction(SCJ:扁平円柱上皮接合部):食道扁平上皮と胃円柱上皮の境界

SSBE・LSBE編集

バレット食道をその後のバレット腺癌の発生確率から「長さ」によって簡易的に以下のように大別して表現されている

  • SSBE(short segment Barrett esophagus)
EGJから連続した円柱上皮が全周性に3cm以内認めるもの
  • LSBE (Long segment Barrett esophagus)
EGJから連続した円柱上皮が全周性に3cm以上認めるもの

要因編集

胃食道逆流症(GERD)によって生じており、胃酸と十二指腸液の双方が関与しているとされている。

経過編集

「バレット食道」そのものに対しての治療は無く、逆流性食道炎症状があれば、制酸薬投与等が行われる。 実臨床においては、その後に発生しうる「バレット腺癌」の発生を早期に発見することと、そのための定期的な上部消化管内視鏡検査での定期観察が行われる。

SSBEからは食道癌の発生頻度は稀であるが、LSBEからは食道癌の発生頻度が多い。

欧米ではLSBEが比較的多く、日本ではSSBEが多い。日本の「バレット食道」のほとんどが「SSBE」であり、「LSBE」は稀である。ただ消化器専門医でも、厳格には「SSBE」とされる症例でも、安易に「LSBE」という診断がなされていることが多い。

関連編集