メインメニューを開く
Bangkok Universit..Rangsit campus. - panoramio.jpg
地図

バンコク大学(バンコクだいがく タイ語:มหาวิทยาลัยกรุงเทพ 英語:Bangkok University)は、タイ王国私立大学。創立は1965年、在籍する学生数およそ2万8000人。タイの私立大学としては歴史と規模において、最古かつ最大である。バンコク大学は後述の通り実業家が創立したこともあり、実社会および学業において突出した人材を育成することを目標としている。

沿革編集

略歴編集

バンコク大学は1962年12月25日に開校したタイ工科学校を前身にしている。この学校は、大手広告代理店SPAやドリンク剤最大手企業オーソトサパーを所有するオーサターヌクロ(Osathanugrah)家によって創立された。

1965年、バンコク大学開校。私立の大学としてはタイ国内初。当時はバンコクカレッジ、すなわち単科大学であった

1984年総合大学へ移行

学風・特色編集

私立学校として豊富な資金力を生かし、充実した施設で知られる。

「Advanced knowledge and expertise」(高度な知識と専門技術)を教育テーマに掲げ、「Knowledge with Virtue」(美徳ある知)をモットーにして、開学以来およそ10万人の卒業生を世に送り出している。

キャンパス編集

本部はバンコクの中心部に位置するが、大学が急速に規模を拡大したことに伴いパトゥムターニー県ランシットに新たにキャンパスを開いている。

クルアイ・ナーム・タイ・キャンパス編集

バンコク都内のクローントゥーイ区にある。面積はおよそ15,000m2。3年次、4年次の学生がほとんどで、国際プログラムの学生は全学年を通してこのキャンパスに通う。大学の本部があり、研究所、図書館、コンピュータ・センター、屋内のスポーツ・センターが置かれている。また、アートギャラリーとして「バンコク大学ギャラリー(BUG)」が2006年にキャンパス内にオープンした。

ランシット・キャンパス編集

パトゥムターニー県クローンルワン郡にある。ドンムアン国際空港から北に14キロに位置しており、面積はバンコク都内のキャンパスの17倍以上となる約265,000m2。1年次、2年次の学部学生すべてと、マスコミ学部の学生は4年次までこのキャンパスで過ごす。

キャンパス内には、バンコク大学スタジアム(タイ王国プレミアリーグに所属していたバンコク・ユナイテッドFCの練習スタジアム)や、スラタット・オーサターヌクロ図書館、マルチメディアの最新技術を集めた「ポンティップ・オーサターヌクロ・コミュニケーション・アーツ・コンプレックス」、考古学研究施設として東南アジア陶磁器博物館などがある。

学部編集

学部は、タイ語で講義が行われるプログラムと、英語で講義が行われる国際プログラムに分かれる。

タイ語プログラム編集

  • 会計学部
  • 経営学部
  • マスコミ学部
  • 経済学部
  • 人文学部
  • 法学部
  • 科学技術学部
  • 工学部
  • 芸術学部
  • 建築学部

国際プログラム編集

  • バンコク大学インターナショナルカレッジ(BUIC)

大学院編集

大学院も、タイ語で講義が行われるプログラムと、英語で講義が行われる国際プログラムに分かれる。

関係者編集

教員編集

主な卒業生編集

日本における協定校編集

外部リンク編集

バンコク大学

脚注編集