バンダ (オーケストラ)

バンダ: banda)は、オーケストラなどで、主となる本来の編成とは別に、多くは離れた位置で「別働隊」として演奏する小規模のアンサンブル。「バンダ」の原義はイタリア語バンド:band)のこと。

舞台音楽におけるバンダ編集

オペラ、劇付随音楽などの舞台音楽で用いられるバンダには、舞台裏で演奏するものの他に、舞台上で出演を兼ねて演奏するものがある。

舞台裏で演奏する場合編集

バンダが舞台裏で演奏する場合は、昔は必ず副指揮者が付いていたが、今日ではテレビカメラで本指揮者の画像を取って順次に演奏するのが一般的で、それでも合わないときのみ副指揮者・アシスタントが付く。会場の中で演奏する場合は普通、テレビ・カメラで撮って合わせている。舞台の上の場合はカメラがある場合と無い場合がある。また、舞台裏やオーケストラ・ピットに合唱を入れる場合もある。暗くて合わない場合はよく合唱指揮者ペンライトで指揮して合わせる場合がある。オーケストラ演奏とテンポを合わせる必要がない場合、録音テープ等で済ませてしまうこともある。

バンダを用いた楽曲の例編集

楽譜上の指示は、: auf dem Theater: tromba interna: banda などと記載されている。 バンダの楽器は通常、金管楽器打楽器が多いが、 ベルリオーズ幻想交響曲』ではオーボエが三楽章に使われており、ペンデレツキ『交響曲第7番 エルサレムの7つの門』では、管楽器と打楽器に加え、クラリネットファゴットコントラファゴットが加わる。 以下の楽曲の中には奏者1人だけを別に立てる例も含まれる。厳密にはこうしたものをバンダと呼ぶのは適切でない可能性もあるが、便宜上挙げておく。

オペラ編集

バレエ音楽編集

その他編集