Cento Cuore HARIMA(チェント・クオーレ・ハリマ)は、兵庫県播磨地域(神戸市西区垂水区明石市高砂市西脇市三木市小野市加西市加東市加古川市姫路市相生市たつの市赤穂市宍粟市加古郡稲美町播磨町多可郡多可町神崎郡神河町市川町福崎町揖保郡太子町赤穂郡上郡町佐用郡佐用町)を本拠地とするサッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの1つである。

Cento Cuore HARIMA
原語表記 Cento Cuore HARIMA
呼称 Cento Cuore HARIMA
クラブカラー     レッド
    ネイビー
    ゴールド
    ホワイト
創設年 1976年
所属リーグ 関西サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 兵庫県播磨地域
ホームスタジアム Kakogawa Athletic Field.JPG加古川運動公園陸上競技場
Akashi stadium140608-01.jpgきしろスタジアム
Mikibousai1.jpg兵庫県立三木総合防災公園陸上競技場
日岡山公園グラウンド
収容人数 15,275(加古川陸)
20,000(きしろス)
20,000(三木陸上)
1,000(日岡山)
運営法人 ハリマユナイテッド株式会社
代表者 日本の旗 大塚靖治
監督 日本の旗 大塚靖治
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
ハリマユナイテッド株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本国
676-0805
兵庫県高砂市米田町米田877-3
設立 2019年6月3日
業種 サービス業
法人番号 9140001113737
事業内容 サッカークラブの運営他
代表者 大塚靖治
外部リンク https://www.centocuore.com/
テンプレートを表示

概要編集

1976年兵庫教員サッカー部として創設され、翌年に兵庫教員蹴球団に改称[1]1987年にクラブチーム化、翌年よりセントラルSC神戸に名称を変更し、2002年からはセントラル神戸とした[1]2005年3月にバンディオンセ神戸にクラブ名を変更、2008年、ホームタウンを神戸市から加古川市に移転し、バンディオンセ加古川に改称[1]。2020年には、ホームタウンを加古川市から播磨地域に拡大し、Cento Cuore HARIMA(チェント・クオーレ・ハリマ)に改称した[1][2]

セントラル神戸時代にはメインスポンサーとしてケーニヒスクローネがついていたが、この時までに撤退した。また、財政難のため、全選手・監督のプロ契約を解除、アマチュア選手として契約としている。

第86回天皇杯全日本サッカー選手権大会(2006年)でJ2の横浜FCに勝利した。

2005年から関西サッカーリーグ1部で4年連続で優勝(2007年まではバンディオンセ神戸、2008年はバンディオンセ加古川として)したが、全国地域リーグ決勝大会で全て敗退し、日本フットボールリーグ(JFL)昇格は出来なかった。特に2005年と2007年は決勝ラウンドに進出したが、いずれも4位に終わっている。

2012年の全国社会人サッカー選手権大会で4位の成績を収めた。準優勝の福島ユナイテッドFCがすでに東北1部の優勝が決まっていたため、繰り上げで第36回全国地域サッカーリーグ決勝大会に出場したが、1次ラウンドで敗退した。

2008年途中より「株式会社ウェルネススポーツ加古川」を設立し運営を行ってきたが、資金繰りの行き詰まりにより2017年シーズンより運営会社を「Futulo Estrella株式会社」へと一新、同時に橋本雄二が運営会社の社長および監督を退任すると発表した[3]

2018年、10年ぶりに関西サッカーリーグ1部優勝。

2019年、Futulo Estrella株式会社も資金が行き詰まったことから、「ハリマユナイテッド株式会社」を新たに立ち上げ、クラブの運営を移管。スーパーアドバイザーに昌子源が就任した[4]

クラブ名の由来編集

「バンディオンセ」とは、スペイン語で「山賊」を意味するバンディード(Bandido)と、「11」を意味するオンセ(once)の造語で、荒々しく戦う11人の山賊たちをイメージしていた[5]

「Cento Cuore」とは、イタリア語で「100("沢山"の象徴でありJリーグ百年構想にも由来する)」を意味するチェント(Cento)と「心」を意味するクオーレ(Cuore)を組み合わせた名称で、「沢山の人々の心が一つに集い、兵庫・播磨地域を代表したクラブになる」こと、また、「Jリーグ百年構想の理念の実現を目指し、多世代の人がかかわる地域密着型スポーツクラブを目指す」という思いを込めて命名された[6]

チーム成績・歴代監督編集

リーグ戦編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 監督
1976 関西 3位 17 16 6 5 5 38 30 8
1977 3位 18 16 8 2 6 40 29 11
1978 3位 19 16 6 7 3 31 22 9
1979 3位 27 18 11 5 2 39 18 21
1980 7位 17 18 6 5 7 26 31 -5
1981 2位 26 18 11 4 3 43 23 20
1982 優勝 26 18 11 4 3 34 18 16
1983 8位 15 18 5 5 8 22 37 -15
1984 4位 19 16 7 5 4 24 20 4
1985 2位 20 18 8 4 4 25 19 6
1986 5位 18 18 6 6 6 26 23 3
1987 2位 23 18 11 1 6 34 19 15
1988 5位 14 15 5 4 6 22 32 -10
1989 4位 15 15 6 3 6 18 20 -2
1990 7位 23 20 6 5 9 22 33 -11
1991 3位 43 18 14 1 7 37 20 17
1992 2位 37 18 11 4 3 32 16 16
1993 8位 21 18 5 6 7 27 33 -6
1994 6位 23 18 6 5 7 28 27 1
1995 4位 17 9 5 2 2 14 10 4
1996 8位 21 18 5 6 7 31 42 -11
1997 5位 19 18 6 1 11 28 33 -5
1998 9位 15 18 4 3 11 27 40 -13
1999 10位 12 11 4 0 7 14 28 -14
2000 兵庫県1部 優勝
2001 関西 6位 23 18 6 5 7 24 25 -1
2002 4位 14 13 4 2 7 16 24 -8
2003 4位 33 18 10 3 5 34 25 9
2004 4位 37 20 11 4 5 55 21 34
2005 関西1部 優勝 33 14 10 3 1 28 11 +17   橋本雄二
2006 優勝 35 14 11 2 1 35 9 +26
2007 優勝 39 14 13 0 1 55 8 +47   田中真二
2008 優勝 40 14 13 1 0 53 12 +41
2009 4位 21 14 7 0 7 22 22 0   橋本雄二
2010 6位 18 14 5 3 6 22 16 +6
2011 2位 32 14 10 2 2 20 14 +6
2012 4位 19 14 4 7 3 21 17 +4
2013 4位 25 14 7 4 3 23 13 +10
2014 4位 22 14 6 4 4 15 16 -1
2015 2位 28 14 8 4 2 24 10 +14
2016 5位 19 14 4 7 3 15 16 -1
2017 6位 18 14 5 3 6 14 17 -3   大塚靖治
2018 優勝 33 14 10 3 1 27 9 +18
2019 5位 20 14 6 2 6 22 23 -1   薩川了洋
2020 7[※ 1]   大塚靖治

注釈編集

  1. ^ 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、前期1節~前期7節の全試合を中止し、後期日程のみでの開催となった。

天皇杯編集

  • 出場8回
年月日 時期 会場 得点 対戦相手
76 1996年11月3日 1回戦 神戸球 0-3 鳥栖フューチャーズ (JFL)
84 2004年9月23日 1回戦 五戸 1-3 八戸大学 (青森)
85 2005年9月17日 1回戦 水前寺 1-0 FCアンテロープ (長野)
2005年9月19日 2回戦 0-2 (延長) 三菱自動車水島FC (岡山)
86 2006年9月18日 1回戦 長崎県立 2-1 V・ファーレン長崎 (長崎)
2006年9月23日 2回戦 豊田陸 8-1 愛知学院大学 (愛知)
2006年10月8日 3回戦 三ツ沢球 1-0 横浜FC (J2)
2006年11月5日 4回戦 味スタ 0-7 FC東京 (J1)
87 2007年9月16日 1回戦 加古川 5-0 山形大学 (山形)
2007年9月23日 2回戦 三木陸 6-2 天理大学 (奈良)
2007年10月7日 3回戦 佐川守山 0-4 佐川急便SC (JFL)
88 2008年9月13日 1回戦 三木陸 0-1 カターレ富山 (富山)
96 2016年8月28日 1回戦 西京極 0-4 京都サンガF.C. (J2)
97 2017年4月22日 1回戦 金沢市民 2-0 北陸大学 (石川)
2017年6月21日 2回戦 デンカS 1-2 アルビレックス新潟 (J1)

タイトル編集

リーグ戦編集

カップ戦編集

スタジアム編集

所属選手・スタッフ編集

2020年

スタッフ編集

役職 名前 前職 備考
監督   大塚靖治 バンディオンセ加古川 代表 再任
代表兼任
コーチ   山口直大 J.FC MIYAZAKI 選手 新任
選手兼任

選手編集

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1   沖野泰斗 FC刈谷
31   八尾駿介 姫路獨協大学 新加入
41   岡山昇太 アルテリーヴォ和歌山 新加入
DF 2   村田玲央 広島経済大学
5   羽田昇平 テゲバジャーロ宮崎 新加入
6   松本文哉 J.FC MIYAZAKI
13   末政翔大 東海大学熊本キャンパス
19   山口直大 J.FC MIYAZAKI コーチ兼任
23   小松峻輔 J.FC MIYAZAKI 新加入
30   吉永唯人 関西国際大学 新加入
35   川井悠立 興國高校 新加入
MF 3   篠原貫太 栃木シティFC 新加入
8   佐野裕哉 J.FC MIYAZAKI 新加入
10   中島健汰 アルテリーヴォ和歌山
14   上屋敷歩夢 滝川高校 新加入
15   山根大河 FC大阪
16   山本亮太 神戸星城高校 新加入
18   高瀬廉 J.FC MIYAZAKI 新加入
20   中條直哉 名古屋SC
21   勝山聖也 関東学院大学 新加入
22   伏木一紘   FC刈谷
24   牛嶋幹太 愛知学院大学 新加入
25   望月雅稀 名古屋経済大学
26   上村岬 FC今治 新加入
27   丸山晃生 ブリオベッカ浦安 新加入
29   深見裕矢 ポルベニル飛鳥 新加入
32   岡田賢哉 環太平洋大学 新加入
33   酒井俊輔 吉備国際大学 新加入
34   村中葵 屋久島高校 新加入
FW 4   采女優輝 京都紫光クラブ 新加入
7   佐保昂兵衛 ヴァンラーレ八戸FC 新加入
9   寺田優作 関西福祉大学
11   澤居道 鹿屋体育大学
17   平谷成矢 流通科学大学 新加入
28   川口真史 アルテリーヴォ和歌山 新加入
39   松本祐樹 J.FC MIYAZAKI 新加入

歴代所属選手編集


ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) グレー
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
 
 
 
 
GK 2nd

クラブカラー編集

  • - 2019年     赤、   
  • 2020年 -     レッド、    ネイビー、    ゴールド、    ホワイト

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
アサヒ物産 アサヒ物産 2013年 - 2013年 - 2017年は背中上部
2013年 - 2018年は「アサヒ物産株式会社 www.maido-asahi.com」表記
鎖骨 なし - -
背中上部 アメニティ・プランニング つつじ
薬局
2018年 - 2018年は袖
背中下部 三幸道路 三幸道路株式会社 2018年9月 -
日の出医療福祉グループ 日の出医療福祉グループ 2019年 -
パンツ 関西医療 ライフ・コンパス
Life Compass
関西医療株式会社
2018年 - 2018年は背中上部

ユニフォームサプライヤー編集

歴代ユニフォームスポンサー編集

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2010 BAN-BANTV - BAN-BANラジオ
FM86.9MHz
- 日の出みりん イオン
加古川
専門店会
UMBRO
2011
2012
2013 アサヒ物産株式会社
www.maido-asahi.com
les cinq sens
2014
2015
2016 加古川商工開発株式会社
2017 ㍿GLECC
2018 アサヒ物産株式会社
www.maido-asahi.com
ライフ・コンパス
Life Compass
関西医療株式会社
-/
三幸道路株式会社
つつじ
薬局
- ACUORE
2019 アサヒ物産 つつじ
薬局
三幸道路株式会社 日の出医療福祉グループ ライフ・コンパス
Life Compass
関西医療株式会社
2020 FINTA

クラブ名変遷編集

  • 1976年 兵庫教員サッカー部
  • 1977年 - 1987年 兵庫教員蹴球団
  • 1988年 - 2002年 セントラルスポーツクラブ神戸 (セントラルSC神戸)
  • 2003年 - 2004年 セントラル神戸
  • 2005年 - 2007年 バンディオンセ神戸
  • 2008年 - 2019年 バンディオンセ加古川
  • 2020年 - 現在 Cento Cuore HARIMA

脚注編集

  1. ^ a b c d “チームの歩み” (プレスリリース), Cento Cuore HARIMA, https://www.centocuore.com/club/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%AE%E6%AD%A9%E3%81%BF/ 2020年4月30日閲覧。 
  2. ^ “バンディオンセ加古川新体制のお知らせ” (プレスリリース), Cento Cuore HARIMA, (2020年1月29日), https://www.centocuore.com/2020/01/29/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%90%8D%E7%A7%B0%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%A0%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/ 2020年2月1日閲覧。 
  3. ^ バンディオンセ加古川、資金難で運営会社を一新”. 神戸新聞. 2016年11月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年4月30日閲覧。
  4. ^ バンディオンセ加古川新体制のお知らせ”. バンディオンセ加古川 (2019年9月2日). 2019年10月20日閲覧。
  5. ^ プロフィール”. バンディオンセ加古川. 2017年10月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年4月30日閲覧。
  6. ^ CLUB”. Cento Cuore HARIMA. 2020年4月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集