バーゲン郡 (ニュージャージー州)

ニュージャージー州の郡

バーゲン郡: Bergen County)は、アメリカ合衆国ニュージャージー州にあるである。ニューヨークマンハッタンに隣接している。人口は95万5732人(2020年)[1]で、州内最大である。郡庁所在地ハッケンサックである。1890年代の「ボロウ設立ブーム」に誕生した中小の自治体が多い。

ニュージャージー州バーゲン郡
バーゲン郡の位置を示したニュージャージー州の地図
郡のニュージャージー州内の位置
ニュージャージー州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1683年
郡庁所在地 ハッケンサック
最大都市 ハッケンサック
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

639 km2 (247 mi2)
606 km2 (234 mi2)
33 km2 (13 mi2), 5.12%
人口
 - (2020年)
 - 密度

955,732人
標準時 東部: UTC-5/-4
ウェブサイト www.co.bergen.nj.us

1990年代以降から日本人が多く住む地域でもあるが、現在は韓国系住民の方が多い。

ブルー・ロー 編集

バーゲン郡はアメリカ合衆国で唯一現在もブルー・ロー (w:Blue law)を遵守している自治体である。ブルー・ローは日曜日礼拝安息の日に定めることによって道徳意識を高めるという目的で作られた法律である。

バーゲン郡では日曜に食料品と生活最低必需品しか売ることができない。皮肉なことに、バーゲン郡にはニューヨーク周辺で最も人気のあるショッピング・スポットが数多く点在しているが、日曜にはすべて閉店している。更に皮肉なのは、バーゲン郡のブルー・ローは酒屋の営業を認めていることである。全米20位に入る巨大なショッピングモールをはじめ4つのモールを抱えるパラマスは、小売販売の売り上げが年間50億ドルを超え全米一であるが、日曜出勤も含めた「世俗的な仕事」をすべて禁止しており、郡内の他の地域よりも更に厳しいブルー・ローを課している。

また、国勢調査によると2000年度の人口は88万4118人で、全体の約9.5%ものユダヤ教徒(約8万3700人)が住んでおり、イスラム教徒は1%未満だが約6473人いる。これらの教徒は、キリスト教徒のほとんどと異なり、日曜日を安息日としていない。正統派のユダヤ教徒は、信仰のため土曜日、ブルー・ローのため日曜日、の両日とも買い物をすることができない。

しかし、何度も法律を改定しようとするも、住民投票で反対されてしまう。宗教的な理由ではなく、店舗の営業日や営業時間がますます伸びることを嫌って、あるいは他の日は交通渋滞が大変に酷いため日曜日に激減する交通量を歓迎して、という理由が多い。実際、ブルー・ロー維持の最大目的はバーゲン郡住民が平和で静かな一日を過ごすためといわれている。特にバーゲン郡における最大級モールが集中し、土曜日には大渋滞を起こす州道4号線州道17号線が通っているパラマスの住民は閑静な日曜を望む気持ちが非常に高い。

教育 編集

バーゲン郡にある大学:

バーゲン郡には45の公立高校と21の私立高校がある。

市町村 編集

隣接する郡 編集

  1. ニューヨーク州ロックランド郡 (Rockland County)(北)
  2. ハドソン郡 (Hudson County)(南)
  3. パサイク郡 (Passaic County)(西)
  4. エセックス郡 (Essex County)(南西)

脚注 編集

  1. ^ Quickfacts.census.gov”. 2023年8月26日閲覧。

関連項目 編集

外部リンク 編集