メインメニューを開く

バースデイ・ガール』(原題: Birthday Girl)は、2001年制作、2002年公開アメリカ合衆国の映画。製作・脚本・監督はイギリスのバターワース三兄弟。

バースデイ・ガール
Birthday Girl
監督 ジェズ・バターワース
脚本 トム・バターワース
製作 エリック・エイブラハム
スティーヴ・バターワース
ダイアナ・フィリップス
製作総指揮 ジュリー・ゴールドスタイン
コリン・リーヴェンタール
シドニー・ポラック
ポール・ウェブスター
出演者 ニコール・キッドマン
ベン・チャップリン
ヴァンサン・カッセル
マチュー・カソヴィッツ
音楽 スティーヴン・ウォーベック
撮影 オリヴァー・ステイプルトン
編集 クリストファー・テレフセン
製作会社 HAL Films、Film Four
配給 アメリカ合衆国の旗 Miramax Films
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年2月1日
日本の旗 2002年11月16日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 13,000,000ドル[1]
興行収入 16,171,098ドル[2]
テンプレートを表示

真面目な銀行員が、ロシア人花嫁紹介サイトを通して出会った女性に翻弄されていく様を描く。

目次

ストーリー編集

英国。ロンドン在住のジョン・バッキンガムは勤続10年の生真面目な銀行員。独身の彼はある日、人生を変えようと一大決心し、“ロシアから愛をこめて”という花嫁紹介サイトにアクセスする。すると早速ナディアという女性がロシアからやって来た。しかし、英語が話せるという条件のはずだった彼女は全く英語が判らない。送り返そうとするジョンに思い留まってもらおうと、ナディアは積極的にセックスを仕掛けてきて、その魅力に懐柔されてしまうジョン。そしてけなげに英会話の習得に努めている様子にほだされてしまう。

職場には内緒の結婚お試し期間の充足感に、仕事も充実してくるジョン。それも束の間、ナディアの誕生日に突然、ロシアからナディアの従兄弟だという2人の男が現れる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

出典編集

  1. ^ Birthday Girl (2002)”. The Numbers. 2016年7月4日閲覧。
  2. ^ Birthday Girl (2002)”. Box Office Mojo. 2016年7月4日閲覧。

外部リンク編集