メインメニューを開く

バース侯爵(Marquess of Bath)は、グレートブリテン貴族侯爵位。18世紀中期に閣僚職を歴任した第3代ウェイマス子爵トマス・シン1789年に叙されたのに始まる。

バース侯爵
Marquess of Bath
Coronet of a British Marquess.svg
Thynne-Botteville arms.svg

紋章記述

Arms: Quarterly: 1st and 4th, Barry of ten Or and Sable (Botteville); 2nd and 3rd, Argent, a Lion rampant with tail nowed and erect Gules (Thynne). Crest: A Reindeer statant Or. Supporters: Dexter: A Reindeer Or, gorged with a plain Collar Sable. Sinister: A Lion with tail nowed and erect Gules.[1]

創設時期 1789年8月18日
創設者 ジョージ3世
貴族 グレートブリテン貴族
初代 トマス・シン(3代ウェイマス子爵)
現所有者 アレグザンダー・シン英語版 (7代侯)
相続人 セウリン・シン英語版(ウェイマス子爵)
相続資格 初代侯の直系の嫡出の男系男子(The 1st Marquess' heirs male of the body lawfully begotten)
付随称号 ウェイマス子爵、シン男爵、"コース城の"準男爵
現況 存続
邸宅 ロングリート
紋章標語 J'AY BONNE CAUSE
(われ大義とともにあり)

歴史編集

 
バース侯爵シン家の邸宅ロングリート

バース侯爵家の本邸であるイングランドウィルトシャーロングリートは、テューダー朝期の軍人・廷臣サー・ジョン・シン英語版(1515頃-1580)によって建設された。彼の曾孫にあたるサー・ヘンリー・シン(1615–1680)は、1641年7月15日にイングランドの準男爵位の"コース城の"準男爵(Baronet "of Caus Castle")に叙せられた[2]

その息子で2代準男爵位を継承したサー・トマス・シン英語版(1640–1714)は、庶民院議員を務めた後、1682年12月11日イングランド貴族爵位ウェイマス子爵(Viscount Weymouth)ウィルトシャー州におけるウォーミンスターのシン男爵(Baron Thynne, of Warminster in the County of Wiltshire)に叙せられて貴族院議員となった。この2つの爵位は自身の男系男子がない場合に2人の弟とその男系男子を特別継承者(special remainder)とする規定が付けられていた。その後、初代ウェイマス子爵は1702年から1707年にかけて通商及び海外プランテーション庁長官(First Lord of Trade and Foreign Plantations)を務めている[3][4]

初代ウェイマス子爵は女子しか残さなかったため、彼の死後は特別継承者の規定に基づいて弟ヘンリー・フレデリック・シン(生年不詳-1705)の孫にあたるトマス・シン英語版(1710–1751)が2代ウェイマス子爵位を継承した[4]

 
初代バース侯トマス・シン

2代ウェイマス子爵の死後、彼とその妻ルイーザ・カートレット(1714-1736)(2代グランヴィル伯爵・2代カートレット男爵ジョン・カートレットの娘)の間の長男トマス・シン(1734–1796)が3代ウェイマス子爵を継承した。彼は初代チャタム伯爵ウィリアム・ピット(大ピット)からノース卿フレデリック・ノースに至る3代の内閣において重要閣僚職である北部担当国務大臣南部担当国務大臣を務め[5]、退任後の1789年8月18日グレートブリテン貴族爵位バース侯爵(Marquess of Bath)に叙せられた[6][7]

一方2代ウェイマス子爵とルイーザ・カートレットの次男(つまり初代バース侯の弟)ヘンリー・シン英語版(1735–1826)は、母方カートレット家の財産を継承してカートレット姓に改姓し、1784年に初代バース侯のヤンガーサン(次男以下)を特別継承者に規定したカートレット男爵位を新規に与えられている[8]。1826年にヘンリー・カートレットが死去すると特別継承規定に基づき、初代バース侯の次男ジョージ・シン英語版が2代カートレット男爵[9]、ついで三男ジョン・シン英語版が3代カートレット男爵位を継承している(いずれにも男子が無かったので3代カートレット男爵の死去とともに廃絶した)[10]

一方バース侯爵位の方は、初代バース侯の死後、その長男であるトマス・シン(1765–1837)が2代バース侯を継承した。彼は襲爵前にトーリー党の庶民院議員を務めていた[6][11]

彼の死後はその息子でやはりトーリー党の庶民院議員をしていたヘンリー・フレデリック・シン英語版(1797–1837)が3代バース侯爵位を継承したが、襲爵後すぐに死去した[6][12]

その息子である4代バース侯ジョン・アレグザンダー・シン英語版(1831–1896)は、ポルトガルやオーストリアへの外交使節(Envoy Extraordinary)を務めた。またナショナル・ポートレート・ギャラリー大英博物館の受託者(Trustee)も務めた[13]

その息子である5代バース侯トマス・ヘンリー・シン英語版(1862-1946)は襲爵前に保守党の庶民院議員を務め、襲爵後の1905年中にアーサー・バルフォア内閣においてインド担当省政務次官英語版を務めた[6][14]

その長男であるウェイマス子爵(儀礼称号)ジョン・アレグザンダー・シン(1895-1916)は襲爵前に第一次世界大戦で戦死し、子供もなかったため[15]、5代バース侯の死後は次男ヘンリー・フレデリック・シン英語版(1905–1992)が6代バース侯を継承した。彼も襲爵前に保守党の庶民院議員を務めていた。第二次世界大戦が勃発すると従軍した[16]

6代侯の死後はその息子であるアレグザンダー・ジョージ・シン英語版(1932-)が7代バース侯を継承した。7代侯は作家であり、多数の著作を有している。また1976年にはThynneの家名のeを取り除いたThynnに改姓している。2017年現在の当主も彼である[6][17]

現当主の保有爵位編集

現在の当主アレグザンダー・シン英語版は以下の爵位を保有している[6][17]

  • 第7代バース侯爵 (7th Marquess of Bath)
    (1789年8月18日勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第9代ウェイマス子爵 (9th Viscount Weymouth)
    (1682年12月11日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • ウォルトシャー州におけるウォーミンスターの第9代シン男爵 (9th Baron Thynne, of Warminster in the County of Wiltshire)
    (1682年12月11日の勅許状によるイングランド貴族爵位)
  • "コース城の"第10代準男爵 (10th Baronet "of Caus Castle")
    (1641年6月15日の勅許状によるイングランド準男爵位)

歴代当主編集

"コース城の"準男爵 (1641年)編集

ウェイマス子爵 (1682年)編集

バース侯 (1789年)編集

家系図編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ Montague-Smith, P.W. (ed.), Debrett's Peerage, Baronetage, Knightage and Companionage, Kelly's Directories Ltd, Kingston-upon-Thames, 1968, p.119
  2. ^ Lundy, Darryl. “Sir Henry Frederick Thynne, 1st Bt.” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “Thomas Thynne, 1st Viscount Weymouth” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  4. ^ a b Heraldic Media Limited. “Weymouth, Viscount (E, 1682)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2017年11月25日閲覧。
  5. ^ 今井宏(編) 1990, p. 323.
  6. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Bath, Marquess of (GB, 1789)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2017年11月25日閲覧。
  7. ^ Lundy, Darryl. “Thomas Thynne, 1st Marquess of Bath” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  8. ^ Lundy, Darryl. “Henry Frederick Carteret, 1st Baron Carteret of Hawnes” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  9. ^ Lundy, Darryl. “George Thynne, 2nd Baron Carteret of Hawnes” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  10. ^ Lundy, Darryl. “John Thynne, 3rd Baron Carteret of Hawnes” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  11. ^ Lundy, Darryl. “Thomas Thynne, 2nd Marquess of Bath” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  12. ^ Lundy, Darryl. “Henry Frederick Thynne, 3rd Marquess of Bath” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  13. ^ Lundy, Darryl. “John Alexander Thynne, 4th Marquess of Bath” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  14. ^ Lundy, Darryl. “Thomas Henry Thynne, 5th Marquess of Bath” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  15. ^ Lundy, Darryl. “2nd Lt. John Alexander Thynne, Viscount Weymouth” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  16. ^ Lundy, Darryl. “Henry Frederick Thynne, 6th Marquess of Bath” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。
  17. ^ a b Lundy, Darryl. “Alexander George Thynn, 7th Marquess of Bath” (英語). thepeerage.com. 2017年11月25日閲覧。

参考文献編集

  • 今井宏(編)『イギリス史〈2〉近世』山川出版社〈世界歴史大系〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4634460201

関連項目編集