フルバーディングの馬に乗馬した16世紀の騎士

バーディング(Barding、またはbard、barb)あるいは馬鎧(ばがい、うまよろい)とは、用のの事である。中世後期になると、騎士の防御力が高くなったことから、騎士を乗せている馬が狙われるようになった。

イングランドでは、14世紀バノックバーンの戦いスコットランドの歩兵に馬を殺され苦戦させられ、同世紀のクレシーの戦いでは、弓兵に馬を射殺され下馬したフランスの騎士を殺すという戦訓を経て、馬を防御するバーディングが開発された。

編集

 
16世紀初期にイタリアで作られたチャンフロン

馬用の兜は、チャンフロン(chanfron、またはchampion、chamfron、chamfrein、shaffron) と呼ばれる。稀にヒンジ付きのチークプレートも付属する。多くのチャンフロンに共通の装飾的な特徴は、小さなスパイクを持つロンデル (鎧)英語版と呼ばれる円形の補強装甲である[1]

早ければ古代ギリシャの時代には知られていたが、軍馬の鎧をボイルドレザー英語版から金属製の鎧に置き換える12世紀までヨーロッパでは見られなかった。チャンフロンの基本的なデザインは、17世紀に陳腐化するまで安定しており、その後期には装飾が施されるようになった。チャンフロンは、馬の耳から口まで伸びるようになった。フランジはしばしば目を覆ったが、オープンチャンフロンでは、目は保護されなかった。頬を覆うためのヒンジ付き延長部は、ジョストトーナメントで一般的に使用されていた[2]

編集

 
ウィーン美術史美術館
首:criniere
腰:peytral
臀部:croupiere

クリニエール(criniere、もしくはmanefaire、crinet)は、馬の首を保護する分割されたプレートアーマーセット。

ペイトレール(peytral)は、馬の胸を保護するように設計された鎧パーツ、サドルまで伸びた者もある。

フランチャー(Flanchard)は、サドルの側面に装備される革かボイルドレザー製の馬具。拍車が使えるよう開口部がある。

クルーピエ(croupiere、またはcrupiere bacul、crupper)は、馬の臀部を防御する革かチェーン、プレート製の鎧である。

盛装編集

 
15世紀の盛装された馬のトーナメントの描写

バディングは、しばしばカパリスン英語版という布製カバーと共に使用された。この覆いは、時には鼻から尾まで馬全体を覆い地面にまで届いた。装備の仕方は不明。

他国の例編集

ドゥラ・エウロポス遺跡から青銅製小札をつないで作られた馬鎧や、馬に鎧を着せた壁画が発見されている[3]
  • 中国の馬の鎧「馬胄」(馬冑 / 马胄)の例。
春秋左氏伝』(僖公二十八年:紀元前632年)に、晋軍が馬に皮の鎧を着せ、敵を威嚇したことが記されている[4]曾侯乙墓などからも馬の鎧が出土している。覆面状の兜や、何枚も甲板をつなぎ合わせた胸甲と全身を覆う鎧などが発見されている。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Broughton, p. 100
  2. ^ Mondadore, pp. 417 - 418.
  3. ^ 馬甲(コトバンク 2018年5月24日参照)
  4. ^ 先秦至东汉时期的甲胄(中国人民革命軍事博物館 2018年5月24日参照)
参考文献
  • Broughton, Branford B. Dictionary of Medieval Knighthood and Chivalry: Concepts and Terms, (Westport, Connecticut: Greenwood Press, 1986).
  • Mondadore, Arnoldo, ed. The Complete Encyclopedia of Arms & Weapons, (New York:Simon & Schuster, 1979).
  • Stone, George Cameron (1934). A Glossary of the Construction, Decoration, and Use of Arms and Armor in All Countries and in All Times, Mineola: Dover Publications. ISBN 0-486-40726-8

関連項目編集