メインメニューを開く

バーディー大作戦』(バーディーだいさくせん)は、1974年5月11日から1975年5月17日までTBSで毎週土曜日21:00 - 21:55に放送されたアクションドラマ。全54回。

バーディー大作戦
ジャンル テレビドラマ
脚本 スタッフ参照
監督 スタッフ参照
出演者 丹波哲郎
谷隼人
沖雅也
倉田保昭
岡本富士太
川口厚
松岡きっこ
安西マリア
藤木悠
小林稔侍
和田アキ子 ほか
オープニング 作曲:菊池俊輔「愛と死のパスポート(Inst.)」
エンディング 嶋崎由理「愛と死のパスポート」
プロデューサー スタッフ参照
制作 TBS
放送
音声形式 モノラル
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1974年5月11日 - 1975年5月17日
放送時間 土曜 21:00 - 21:55
放送分 55分
回数 54
テンプレートを表示

映像上の題名は「BIRDIE」。

内容編集

前作『アイフル大作戦』と作品世界を共有する続編。当初は『アイフル』から引き続き軽快なエピソードが主流であったが、次第にハードボイルド色を強めていった。

小川眞由美が演じた校長岸涼子が去ったアイフル探偵学校の伊吹裕二が、元生徒の井口マリ、原田三平らと共に警視庁の桜田警部を局長に迎えて探偵局をつくり(桜田の意向により探偵学校は廃校)、様々な事件を解決に導くまでを描いた作品。

あらすじ編集

校長岸涼子がアイフル探偵学校を去ったことで、講師の伊吹裕二が校長に、生徒だった井口、原田らは、岸涼子によって講師に認定され、学校を一新するも、生徒は来ず、探偵の仕事は閑古鳥が鳴く状態。家賃も三日以内に払えなければ立ち退きを迫られる中、都内では拳銃連続強盗が発生。その事件の解決に忙しい桜田門こと桜田警部らの誰か名の知れた人を校長に祭り上げることで、一山儲けようと画策する裕二たちだったのだが……。

キャスト編集

バーディ探偵局
警視庁の警部だったのが、アイフル探偵学校の伊吹らによって、バーディ探偵局の局長にされてしまった。フルネームは第一話をはじめ“桜田正一”と変化したエピソードも存在した。
海外へ旅立った涼子に代わってアイフル探偵学校の校長に昇格するも経営難から桜田が開設したバーディ探偵局で局長代理を務める。長髪だが最終話のみ短髪。
設定ではアイフル探偵学校の元生徒。卒業と同時に講師に昇格。三平、マリと共に桜田を探偵学校の校長に仕立てようと画策するが、成り行きから新設されたバーディ探偵局の所属に。オープニングでは第26話まで登場しているが、実際の出演は第19話まで。
元アイフル探偵学校生徒。卒業と同時に講師に昇格するも、バーディ探偵局の一員に。
元アイフル探偵学校生徒。卒業と同時に講師に昇格も、バーディ探偵局の一員に。
第26話で泥棒稼業(怪盗ドラゴン)から足を洗い、バーディ探偵局に転職。
アマチュアレーサーの青年。第27話で訳ありの事情からバーディ探偵局に転職。
七変化のミッチーを名乗っていた女スリ。改心し第27話からバーディ探偵局に転職。
探偵局のビルの1階のゲームセンター
ゲームセンターのマネージャー。追出刑事とは、相思相愛(?)の仲。スリを得意とし、追出刑事に逮捕されたことがある。二十歳を超えてから急激に身長が伸びたため、第一話で、追出刑事と身長差がなくなったことなど思い出話に花が咲いた。
オープニングでは第26話まで登場しているが、実際の出演は第19話まで。ゲームセンターも第20話以降は、バーディ探偵局直営と思しきスナック店へ変更された。
警視庁
通称「ドデカ」。ココとは相思相愛(?)の仲という設定も、第19話を最後に消滅する。フルネームは追出大五郎。
追出刑事の部下。
行内刑事の婚約者。妹のめぐみ(演:斎藤里花)と同居している。警視庁中里署中央交番勤務。

追出・行内コンビは、「おいで」「行かない」と言う駄洒落でもある。

放映リスト編集

1974年
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト(太字はメインゲスト、クレジットタイトルの表記順。)
1 5月11日 連続ピストル強盗団 小山内美江子 深作欣二 木の実ナナ曽根晴美伊達弘相馬剛三山浦栄五野上力佐川二郎木村修藤田薫芥川隆行(ナレーター)
2 5月18日 現金輸送車大追跡! 高久進 竹本弘一 嘉手納清美千波丈太郎大下哲矢松崎真田川恒夫山田光一、木村修/平野超人比良元高倉田妙子トニー・セテラ、芥川隆行(ナレーター) 
3 5月25日 ギャング対Gメン盗聴作戦 池田雄一 山内柏 木の実ナナ岡田可愛藤村有弘井上昭文佐々木功大泉滉内田勝正団巌/相馬剛三、仲塚康介、山浦栄、芥川隆行(ナレーター) 
4 6月1日 シャレコウベは女の顔! 村山新治 入川保則北川美佳白石奈緒美滝川潤藤岡恵子広城さよ/相馬剛三、伊藤漢八木啓子、山浦栄、芥川隆行(ナレーター) 
5 6月8日 キッスは殺しのパスポート 小山内美江子 山口和彦 土井かつえ渡辺文雄中田博久中村孝雄山本昌平清水理絵下川清子、芥川隆行(ナレーター)
6 6月15日 殺し屋収容所 高久進 小西通雄 黒沢のり子鶴見丈二石立和男広瀬昌助八名信夫西本良治郎山岡淳二高橋健二栗原敬ロルフ・ジェーサー、芥川隆行(ナレーター)  
7 6月22日 スター結婚式殺人事件 近藤正
小山内美江子
ホーン・ユキ戸部夕子宗方奈美江藤潤中井啓輔、芥川隆行(ナレーター) 
8 6月29日 生きたまま火葬にしろ! 池田雄一 山内柏 高岡健二川合伸旺浜田晃水上竜子太刀川寛渡辺千世竹田将二守山竜二、平野超人、佐川二郎、二宮吉右ヱ門フランク・ジョーンズレナタ・ヘラルドエリック・ホックス、芥川隆行(ナレーター) 
9 7月6日 怪談 死を招く超能力の女 高久進
佐藤肇
佐藤肇 金井由美松川勉勝部演之森塚敏天本英世国景子牧れい川瀬ミキ、佐川二郎、守山竜二、五野上力、芥川隆行(ナレーター)  
10 7月13日 吸血ワラ人形の大予言 池田雄一 瀬川昌治 松橋登高林由起子渥美國泰南利明岡本富士太、団巌/山本緑佐藤晟也須賀良田中久子山田甲一、山浦栄、板橋恵美子田遠実、芥川隆行(ナレーター)
11 7月20日 真夏の海 殺しの請負業 高久進 小西通雄 小野川公三郎、牧れい、荒牧啓子、室田日出男、中田博久、山本昌平、奥野匡、相馬剛三、山田光一
12 7月27日 縛り首の木のある恐い町 小山内美江子 竹本弘一 中丸忠雄田口計伊藤るり子三角八郎安岡力也三重街恒二久地明河合絃司
13 8月3日 俺たちはダーディハリー3 高久進
佐藤肇
佐藤肇 岡本富士太市地洋子宮口二郎中村俊男片岡五郎綾川香山田甲一、比良元高
14 8月10日 危機一髪! フーセンの寅 池田雄一 山内柏 日下武史平泉征平泉征司美智子小松方正ピエール・カラメロ
15 8月17日 北極に向かって大追跡!(前編) 高久進 竹本弘一 峰岸隆之介、土井かつえ
16 8月24日 大雪渓殺人ドライブ(後編) 峰岸隆之介、土井かつえ、名和宏、八名信夫
17 8月31日 殺人鬼の見合い結婚! 池田雄一 鷹森立一 中原早苗山本紀彦柴田鋭子、山本昌平、河合絃司、山浦栄、畑中猛重、志麻ひろ子
18 9月7日 キャーッ! 死体が訪ねて来た 近藤正
小山内美江子
村山新治 南原宏治榊ひろみ清水綋治、山浦栄、木村修、五野上力、謝秀容
19 9月14日 幽霊と同棲する女 池田悦子 佐藤肇 岡田真澄加藤和夫、相馬剛三、山田光一、立花ひろあき
20 9月21日 アベックギャングコンテスト 小山内美江子 鷹森立一 江夏夕子南城竜也今井健二小林勝彦、清水照夫、西本良治郎、根上淳
21 9月28日 刑事ボロンボ 花嫁交換殺人事件 池田雄一 瀬川昌治 真山知子山口いづみ梅津栄、藤村有弘、河合絃司、木村修、山浦栄、相馬剛三
22 10月5日 真夜中の美女強盗団 近藤正 小西通雄 志摩みずえ渥美國泰原田剛
23 10月12日 SOS黒猫と幻の女 佐藤純彌 佐藤純彌 多岐川裕美三上真一郎東野孝彦
24 10月19日 警官ギャング 高久進 小西通雄 室田日出男浜田ゆう子須藤健、中田博久
25 10月26日 結婚サギ師の華麗な冒険 近藤正 鷹森立一 佐々木功水原麻記角梨枝子
26 11月2日 燃えよ! ドラゴン日本上陸 高久進 山内柏 梅津栄高村ルナ、松川勉
27 11月9日 レディ(秘)大作戦 小山内美江子 山口和彦 南原宏治広瀬明、曽根晴美
28 11月16日 おんな死刑執行人 小西通雄 北川美佳、渥美國泰、北原義郎
29 11月23日 浮気の計算書 池田雄一 佐藤純彌 竜崎勝大川栄子原良子
30 11月30日 グラマー殺し屋部隊 高久進
佐藤肇
佐藤肇 宗方奈美森秋子、柴田鋭子
31 12月7日 本物? 偽物? 接吻泥棒 小山内美江子
泊里仁美
鷹森立一 斎藤美和フランシスカ・ダフネ/田口計、長沢大/河合絃司、深沢英子、五野上力/フランツ・ジョーンズ、トニー・セテラ、ジャン・デュケネ、芥川隆行(ナレーター)
32 12月14日 メスがオスを殺す瞬間! 池田雄一 山内柏 月丘千秋泉晶子松原光二
33 12月21日 ジングルベルは殺しのテーマ 小山内美江子
泊里仁美
小西通雄 榊ひろみ伊藤つかさ綾川香
34 12月28日 年忘れ新婚除夜の鐘 池田雄一 三上真一郎早瀬久美進千賀子上野山功一
1975年
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト(太字はメインゲスト、クレジットタイトルの表記順。)
35 1月4日 “1975”白銀に舞う大アクション! 高久進 小西通雄 今井健二、北川美佳、勝部演之
36 1月11日 追出刑事暗殺計画! 山内柏 市地洋子八代順子浜田晃、片岡五郎
37 1月18日 ヌードモデル コネクション 佐藤肇 峰岸隆之介川崎あかね、宮口二郎
38 1月25日 結婚前夜! 吹雪の中の殺人 小山内美江子
泊里仁美
鷹森立一 今井健二水原麻記永井秀明角梨枝子
39 2月1日 連続殺人! 女の事件簿 池田雄一 小西通雄 千波丈太郎、土井かつえ、戸部夕子、藤村有弘
40 2月8日 ミイラ連続殺人事件 小山内美江子 小林義明 蜷川幸雄睦五郎楠田薫、南城竜也
41 2月15日 全員! 覗き盗聴開始! 池田雄一 山内柏 橋本功緑魔子、上野山功一
42 2月22日 赤い唇 おとり捜査官 高久進 鷹森立一 大門正明田中浩、司美智子
43 3月1日 電話で人を殺す方法 池田雄一 小西通雄 三谷昇、小松方正、林靖子
44 3月8日 殺人パニック捜査官 高久進 鷹森立一 中原早苗風間千代子、川崎あかね
45 3月15日 サラリーマン現金強盗団 池田雄一 小西通雄 奈良富士子佐竹一男、原良子
46 3月22日 芸術的に女を殺せ 小山内美江子 小林義明 竜崎勝、伊藤るり子、加藤和夫
47 3月29日 私の葬式100万$ 高久進 小西通雄 仲谷昇、北川美佳、宮口二郎、高木綾
48 4月5日 必殺! ママに捧げる犯罪 池田雄一 山内柏 浜田光夫旭輝子、ホーン・ユキ
49 4月12日 助けて! 浴室裸体殺人事件 池田悦子 佐藤肇 志垣太郎小野恵子、川合伸旺
50 4月19日 神出鬼没! おしゃれ泥棒 小山内美江子 鷹森立一 八木昌子神谷政浩東晃生
51 4月26日 午前零時13分の完全犯罪 池田雄一 村山新治 佐々木功、宗方奈美、梅津栄
52 5月3日 豚の生体実験室 小西通雄 根上淳柴田英子、水原麻記
53 5月10日 ニセ追出刑事 質屋猫ババ殺人事件 高久進 鷹森立一 田坂都、小野川公三郎
54 5月17日 バーディー真昼に死す 小山内美江子 佐藤肇 南原宏治三角八郎、司美智子、中井啓輔

スタッフ編集

「バーディー」とは編集

ゴルフ用語で規定数で終了することをパー、それより1打少なくあがることをバーディーと呼ぶ。

本作では、転じてチャンス到来、と言う意味で捉え、男性的なハードボイルドタッチのアクション・ドラマを狙っていた(日本コロムビア株式会社のCD「懐かしの東映TV映画主題歌テーマ集」解説書より)。


音楽編集

番組の流れ編集

第1話〜第19話
  • 前作「アイフル大作戦」からは丹波、藤木、谷、松岡、川口(丹波は『キイハンター』以来1年ぶりの主役復帰)。
  • 新メンバーは、バーディ探偵局に韋駄典介に沖(元々アイフル探偵学校の生徒であったという設定)、バーディ探偵局の1階にあるゲームセンターのマネージャー・ココに和田、追出刑事の部下、行内(ゆかない)に小林。
第20話〜
  • 第19話を最後に沖と和田の出演が途絶えてしまい、第27話のオープニングで正式な降板が明らかとなった。題名の変更に伴って、殉職などの具体的描写もないまま、この二人は劇中からフェードアウトしていったのである。
  • 第24話より行内の恋人加納弘子婦警(牧)がセミレギュラーとして加入した。
  • 第26・27話より新メンバーのドラゴン(倉田)、ミッチー(安西)、一条吾郎(岡本)が加入。このメンバーチェンジの前後よりコミカルな面が抑えられ、ハードなエピソードが主流となる。
出演者補足
  • 丹波は『キイハンター』『アイフル大作戦』では出演しない回が多かったが、本作では主演エピソードは少ないものの、ほぼ全話近くに出演した。
  • 沖は『キイハンター』への途中加入、フェードアウト以来の本格出演であったが、今回もフェードアウトとなった。
  • 和田はオープニング映像では拳銃を構えているシーンがあり、いずれバーディメンバーと共に事件捜査に当たることを予感させたが、結局メンバーの邪魔をする役回りのまま消えていった。
  • 小林稔侍は本作が大人向けドラマでは初の本格レギュラー。終了後しばらくは再び脇役・端役の時代が続き、レギュラー出演が増えるのは1980年代に入ってから。
  • 最終話で谷隼人は冒頭から坊主頭で登場している。これは最終話の撮影より前に谷がレギュラー出演するドラマ『寺内貫太郎一家2』の撮影が始まっており、第1話で長男役の谷が坊主頭にして改心するシーンがあった為である。
次回作
  • 本作後半のハードボイルド路線は次作『Gメン'75』でさらに本格化する。丹波の他、藤木、倉田、岡本は引き続き『Gメン'75』にもレギュラー(刑事)として出演した。

近畿地方のネット局について編集

近畿2府4県(実質的には、徳島県も含む)では、腸捻転時代の第47話までは朝日放送(ABC)で放送されていたが、腸捻転解消後の第48話から毎日放送(MBS)での放送に変わった[1]

DVD・CS等での再放送編集

DVD媒体は現在のところ存在しない。 CS放送では、2000年代に、東映チャンネルにおける放送実績がある。2019年11月より、同じく東映チャンネルにて、アイフル大作戦の再放送の後を受けて、再放送された。

次回予告ナレーション編集

「キイハンター」「アイフル大作戦」に続いて、本作でも、次回予告のナレーションの始まりは固有の表現があり、「バーディー大作戦、次のナイスショット」という語りから始まる。


脚注編集

  1. ^ MBSにおける前番組及びABCにおける後番組はNET(現・テレビ朝日)制作の『土曜映画劇場』=同番組には当作品レギュラーの川口厚と後に因縁を作る増田貴光がナビゲーターとして出演していた。詳細は増田の項を参照。

外部リンク編集