バーナード・コムリー

バーナード・コムリー1947年5月23日 - )はイギリスの言語学者。マックス・プランク進化人類学研究所(ドイツ、ライプツィヒ)の所長および教授[1]カリフォルニア大学サンタバーバラ校の言語学教授[2]を務める。1999年よりライプツィヒ大学名誉教授(言語学)[3]

主な著作編集

  • Aspect. Cambridge: Cambridge University Press, 1976.(訳書:『アスペクト』(山田 小枝訳、むぎ書房1988年
  • Language Universals and Linguistic Typology: Syntax and Morphology. Oxford: Blackwell and Chicago: University of Chicago Press, 1981. (訳書:『言語普遍性と言語類型論―統語論と形態論 第3版』(松本克己 ・山本秀樹訳、言語学翻訳叢書)、ひつじ書房2001年03月 発行、ISBN 978-4-89476-136-0
  • Tense. Cambridge: Cambridge University Press, 1985.
  • The World's Major Languages (ed.), New York: Oxford University Press, 1987.(訳書:『世界言語文化図鑑』(共編著、片田房 訳)、東洋書林1998年12月 発行 ISBN 978-4-88721-336-4

出典編集

外部リンク編集