バーニング・ダウン・ザ・ハウス

バーニング・ダウン・ザ・ハウス」(Burning Down the House)は、トーキング・ヘッズ1983年に発表した楽曲。

バーニング・ダウン・ザ・ハウス
トーキング・ヘッズシングル
初出アルバム『スピーキング・イン・タングズ
B面 アイ・ゲット・ワイルド/ワイルド・グラヴィティ
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ニューヨーク、ブランク・テープ・スタジオ、シグマ・サウンド・スタジオ
ナッソーコンパス・ポイント・スタジオ
ジャンル ニュー・ウェイヴ
時間
レーベル サイア・レコーズ
作詞・作曲 デヴィッド・バーン、クリス・フランツ、ジェリー・ハリスン、ティナ・ウェイマス
プロデュース トーキング・ヘッズ
チャート最高順位
  • 9位(Billboard Hot 100
  • 8位(カナダ RPM)
  • 5位(ニュージーランド)
トーキング・ヘッズ シングル 年表
ハウシズ・イン・モーション
(1981年5月)[2]
バーニング・ダウン・ザ・ハウス
(1983年7月)
ジス・マスト・ビー・ザ・プレイス
(1983年11月)
ミュージックビデオ
「Burning Down the House」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

ティナ・ウェイマスはコンピレーション・アルバム『Once in a Lifetime: The Best of Talking Heads』のライナーノーツでこう述べている[3]

クリスはマディソン・スクエア・ガーデンで全盛期のパーラメントファンカデリックのライブを見てきたばかりだった。彼はものすごく興奮していて、ジャムの間中「あの家を焼き払え(Burn down the house)」と叫び続けていた。その言葉はPファンクの観客の詠唱だった。デイヴィッドもそのせりふを気に入り、最終的に「Burning down the house」におさまった。

1983年5月31日に発売された5枚目のスタジオ・アルバム『スピーキング・イン・タングズ』に収録された。同年7月にシングルカットされた[1]。B面は「アイ・ゲット・ワイルド/ワイルド・グラヴィティ」。

同年10月22日付のビルボード・Hot 100で9位を記録した[4]

1984年4月24日ジョナサン・デミが監督したグループのコンサート映画『Stop Making Sense』が公開される。同作品は1983年12月にハリウッドのパンテージズ劇場で行われたライブを記録したものであるが、「バーニング・ダウン・ザ・ハウス」はハイライトの一つとなった。9月に発売されたサウンドトラック・アルバムにライブ・バージョンが収録された。

『スピーキング・イン・タングズ』の2006年の再発盤にボーナストラックとしてオルタネイト・バージョンが収録された[5][6]

演奏者編集

カバー・バージョン編集

脚注編集