バーニー・ホスキンス

バーニー・ホスキンス(Barney Hoskyns, 1959年 - )は、イギリス音楽評論家、オンライン音楽ジャーナリズム・アーカイヴ Rock's Backpages の編集代表。

経歴編集

ロンドン生まれ。

ホスキンスは、英語専攻の一級学位 (First Class degree in English) を得てオックスフォード大学を卒業した。『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』誌のスタッフ記者となった後、ソウルミュージックの本の執筆準備に専念するため職を辞し、『メロディ・メーカー (Melody Maker)』誌や『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』誌に寄稿するようになった。こうして書かれたのが『Say It One Time For The Brokenhearted: Country Soul In The American South』(UK: Fontana, 1987; Bloomsbury reissue 1998) であった。

ホスキンスは、ポップカルチャー芸術について、イギリス版『ヴォーグ』誌に寄稿し、5年にわたってコントリビューティング・エディター (Contributing Editor) を務め、さらに、『タイムズ』紙、『ガーディアン』紙、『インデペンデント』紙、『オブザーバー』紙、『アリーナ英語版』誌などに定期的に寄稿してきた。さらに、『ハーパーズ バザー』誌、『インタビュー』誌、『スピン』誌、『ローリング・ストーン』誌や、Amazon.comCDNOWなどにも寄稿している。

1993年から1999年にかけて、ホスキンスは、『モジョ』誌の副編集長、次いでアメリカ合衆国版編集長を務めた。1998年には、トッド・ヘインズの映画『ベルベット・ゴールドマイン』と連動する形で、『Glam! Bowie, Bolan & The Glitter Rock Revolution』(日本語版『グラム! 真実のベルベット・ゴールドマイン』)が、ヘインズの序文を入れて、イギリスの Faber and Faber と、アメリカ合衆国の Simon & Schuster から出版された。1999年には、マーク・ラーソン (Mark Larson) との共著で、ベストセラーになった『The Mullet: Hairstyle Of The Gods』が、Bloomsbury から出版された。

2000年、ホスキンスは、CDNOWのロンドンのシニア・エディター(上級編集者)となり、さらに、古典的なロック・ジャーナリズムのオンライン・アーカイヴである Rock's Backpages の共同創設者のひとりとなった[1]。ホスキンスは、『The Sound and the Fury: A Rock’s Backpages Reader』 (Bloomsbury, 2003) や『Ozzy Osbourne: A Rock’s Backpages Reader』 (Omnibus, 2004) の編集にもあたった。ホスキンスの『Hotel California: Singer-Songwriters & Cocaine Cowboys In The L.A. Canyons』 (UK: 4th Estate/Harper Collins; US: Wiley) は、2005年に出版され、2007年にはこの本に基づいたBBCのドキュメンタリーが制作された。

2006年、ホスキンスは、Rodale の「Rock Of Ages」シリーズのひとつとして、レッド・ツェッペリンのアルバム『レッド・ツェッペリン IV』についての研究である『Led Zeppelin IV』を出版し、また『Across The Great Divide』 (Hal Leonard Books) がアメリカ合衆国で再版された。これに続くアメリカ音楽についての書籍として、2009年3月には、Faber and Faber から、トム・ウェイツの伝記『Lowside of the Road: A Life of Tom Waits』が出版された。

ホスキンスによる、レッド・ツェッペリンのオーラル・ヒストリーは、イギリスでは『Trampled Under Foot: The Power and Excess of Led Zeppelin』と題されて Faber and Faber から、アメリカ合衆国では『Led Zeppelin: The Oral History of the World's Greatest Rock Band』と題されて Wiley から、2012年に出版された[2]

ホスキンスは、イギリスでは、チャンネル4の『Top Ten』シリーズ、BBC Twoの『I Love The 80s/90s』や『Walk On By』、VH1 の『Behind the Music』、(様々な局で放映される)『Classic Albums』など、ラジオでもテレビでもホスト役やコメンテーターとしてレギュラー出演する番組をもっている。高く評価されたBBC2(当時)のドキュメンタリー・シリーズ『Soul Deep』ではコンサルタントを務めた。ホスキンスは、この他にも、『Montgomery Clift: Beautiful Loser』 (UK: Bloomsbury/ US: Grove, 1992)、『Across The Great Divide: The Band & America』 (UK: Viking; US: Hyperion, 1993)、また小説作品『The Lonely Planet Boy: A Pop Romance』 (UK/US: Serpent’s Tail, 1995) なども出版している。『Waiting For The Sun: Strange Days, Weird Scenes & The Sound Of Los Angeles』 (UK: Viking/US: St. Martin’s Press, 1996) は、アメリカ合衆国で Ralph J. Gleason Music Book Awardaward にノミネートされた。1997年には、『Beneath the Diamond Sky: Haight-Ashbury 1965-1970』を出版した。

私生活編集

ホスキンスは、元女優で、インテリアデザイナーのナタリー・フォーブス (Natalie Forbes) と結婚している。ふたりの間には5人の子どもが生まれた。大英帝国勲章を受章したミッジ・ユーロは、義兄にあたる。

脚注編集

  1. ^ Interview with Barney Hoskyns in Pop Matters
  2. ^ 日本語版:(五十嵐哲 訳)『レッド・ツェッペリンオーラル・ヒストリー = LED ZEPPELIN』シンコーミュージック・エンタテイメント、2013年

外部リンク編集