メインメニューを開く

バーレーン国際空港(バーレーンこくさいくうこう、英語: Bahrain International Airportアラビア語: مطار البحرين الدولي‎, maṭār al-Baḥrayn al-dwalī (IATA: BAHICAO: OBBI))は、バーレーンの最北端にある島のムハッラクにある国際空港である。首都マナーマの約7km北東に位置する。ナショナル・キャリアであるガルフ・エアのハブ空港であり、かつてはバーレーン・エア英語版(現存せず)のハブでもあった。

バーレーン国際空港
مطار البحرين الدولي
Maṭār al-Baḥrayn al-dwalī

Bahrain International Airport
BahrainInternationalAirport01.jpeg
IATA: BAH - ICAO: OBBI
概要
国・地域 バーレーンの旗 バーレーン
所在地 ムハッラク
種類 公共
運営者 Bahrain Airport Company
拠点航空会社
標高 2 m (6 ft)
座標 北緯26度16分15秒 東経50度38分01秒 / 北緯26.27083度 東経50.63361度 / 26.27083; 50.63361
公式サイト BahrainAirport.com
地図
バーレーンにおける空港の位置
バーレーンにおける空港の位置
BAH
バーレーンにおける空港の位置
バーレーンにおける空港の位置
BAH
バーレーンにおける空港の位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
12L/30R 3,340 アスファルト
12R/30L 2,530 アスファルト
統計 (2011年)
旅客数 7,793,527人
貨物取扱量 258,245トン
発着回数 102,068回
出典: 統計はバーレーン空港より[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

2010年、バーレーン国際空港はスカイトラックスによる2010年世界の空港アワード (2010 World Airport Awards) において中東部門で第1位を獲得した[2]

歴史編集

最初の定期商業便がバーレーンに就航したのは1932年であり、ロンドン発デリー行きの便(ハンドレページ H.P.42の「ハンニバル」号による運航)であった。H.P.42 は乗客を24人しか輸送できず、ロンドン発の便は毎時100マイルで飛行するため数日かかった。それにもかかわらずこの定期便を通じて、バーレーンはペルシア湾で最初の国際空港としての地位を確立した[3]

第二次世界大戦中、同空港はアメリカ陸軍航空軍航空輸送司令部の Central African Wing が使用し、Station # 13 として指定されていた。ここは、イランアーバーダーン空港や現在のUAEにあるシャールジャ空港カラチカイロを結ぶルート上にある)へ向かう途中の経由地として機能した[4]。1943年から1971年12月のバーレーン独立までは、イギリス空軍が当初はRAFバーレーンとして、1963年からはRAFムハッラクとして知られた飛行場にある軍事施設を維持した[5][6]。これらの施設の大多数は後にバーレーンのフラッグ・キャリアのガルフ・エアが手に入れたが、ごく一部はアメリカ海軍が Aviation Support Unit (ASU) Bahrain として利用し続けている。

 
バーレーン国際空港のターミナル

就航路線編集

旅客便編集

航空会社就航地
 ガルフ・エア 中東: リヤドジッダアブダビアンマン=クィーンアリアバグダードベイルートクウェートマスカット、ナジャフ、ドバイ

中東以外: パリ=シャルル・ド・ゴールロンドン=ヒースローアテネ[7]バンコク=スワンナプームカイロチェンナイコロンボダンマーム、デリー、ダッカファイサラーバードフランクフルトイスラマバードイスタンブールハイデラバードカラチハルツーム、コーチ、ラホールラルナカマニラマディーナモスクワ=ドモジェドヴォムンバイムルターンペシャーワルアディスアベバ

 エア・アラビア シャールジャ
 エア・インディア デリー
 エア・インディア・エクスプレス コーチコージコードマンガロール
 Al-Naser Airlines ナジャフ
 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン=ヒースロー
 キャセイパシフィック航空 香港ドバイ
 エジプト航空 カイロ
 エミレーツ航空 ドバイ
 エティハド航空 アブダビ
 フライドバイ ドバイ
 イラク航空 バグダード、ナジャフ
 ジャジーラ航空 クウェート
 KLMオランダ航空 クウェート、アムステルダム
 クウェート航空 クウェート
 ルフトハンザドイツ航空 クウェート、フランクフルト
 オマーン・エア マスカット
 パキスタン国際航空 ドーハラホール
 ペガサス航空 イスタンブール=サビハ・ギョクチェン
 ロタナ・ジェット バティーン
 サウディア リヤドジッダ
 スリランカ航空 コロンボ
 ターキッシュ エアラインズ イスタンブール=アタテュルク
 Zagros Airlines マシュハド

貨物便編集

 
バーレーン国際空港から離陸するカーゴルックス航空ボーイング747-8F(2014年4月撮影)
航空会社就航地
 MyCargo Airlinesイスタンブール=アタテュルク
 DHLアビエーション(運航はアエロロジック香港[要出典]ライプツィヒ/ハレ[8]
 DHL International Aviation MEバグダードカイロドバイジェッダカンダハールクウェートラホール
 エミレーツ・スカイカーゴドバイ[9]サラゴサ
 Falcon Express Cargo Airlinesドバイ
 フェデックス・エクスプレス
 カリッタ・エアアムステルダムバグラムバンコク=スワンナプームブリュッセル香港キエフ=ボルィースピリリエージュニューアークニューヨーク=JFKシャールジャ
 ルフトハンザ・カーゴフランクフルト
 マーティンエアー・カーゴ1アムステルダムドバイ=アール・マクトゥーム [10]
 スウィフトエア
運航はスウィフトエア・バーレーン
マドリード
 ASL航空ベルギーリエージュ
 サザン・エア 香港

1マーティンエアーはこれらの路線をKLMオランダ航空の配色の航空機により運航する。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Annual Statistics Report 2011
  2. ^ Skytrax 2010 World Airport Awards - Middle East”. Skytrax (2010年). 2010年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月23日閲覧。
  3. ^ Bahrain International Airport :: About Us - History. Bahrainairport.com. Retrieved on 2010-10-19.
  4. ^ USAFHRA document 00181427
  5. ^ Overseas Stations-M Air of Authority.
  6. ^ RAF Muharraq” (英語). www.radfanhunters.co.uk. 2019年9月1日閲覧。
  7. ^ Gulf Air Resumes its Flights to the Greek Capital Athens”. AMEINFO (2014年4月10日). 2014年4月15日閲覧。
  8. ^ 2013 summer schedule”. Aero Logic. 2013年8月13日閲覧。
  9. ^ Emirates SkyCargo Schedule Archived 2013年2月28日, at the Wayback Machine.
  10. ^ MP Cargo winter 2012 timetable

外部リンク編集