メインメニューを開く

概要編集

美しいグラフィックと、レースゲームでありながら意図的に事故を起こさせ、他車を破壊しながらゴールを目指すという異色のシリーズ。

シリーズの『ドミネーター』と『パラダイス』では、日本のロックユニット「B'z」とのコラボレーション企画として、楽曲の提供(「FRICTION」)やパラダイスではB'zのペイント車の収録が行われている。

シリーズ編集

グランドヒート編集

第1作Burnoutは『グランドヒート(GRAND HEAT)』という名称でセガ(後のセガゲームス)から発売される予定だったが、諸事情により中止、発売されなかった。海外では2001年11月2日PlayStation 22002年9月19日Xboxニンテンドーゲームキューブで発売された。

なお、サクセスから発売された『サクセススーパーライト1500シリーズ BURN OUT』(PlayStation2000年8月24日)は本シリーズとは無関係である。

BURNOUT2 POINT OF IMPACT編集

BURNOUT2 POINT OF IMPACT
ジャンル ドライブ(レーシング)
対応機種 PlayStation 2
発売元 サミー
人数 1~4人
メディア DVD-ROM
発売日 2004年4月1日
テンプレートを表示

サミーから発売された。主なモードは「レース」、ライバル車が逃げ切る前にライバル車の破壊を目指す「チェイス」、一般車両の列や交差点に突っ込み被害額を競う「クラッシュ」。危険な走行(ドリフト、対向車線の走行)でブーストを溜めるという要素は1作目から存在。この作品ではブーストの使用中に危険な走行をし、ブーストを途切れなく使用する「ブーストチェイン」も存在。

海外ではXbox、ゲームキューブでも発売されている。Xbox版がワールドコレクションとして発売される予定もあった[1]が、中止になった。

バーンアウト3 テイクダウン編集

バーンアウト3 テイクダウン
ジャンル レース
対応機種 PlayStation 2
発売元 エレクトロニック・アーツ
人数 1~2人
メディア DVD-ROM
発売日 2004年10月14日
テンプレートを表示

エレクトロニック・アーツより発売。ライバル車をクラッシュさせる「テイクダウン」が初めて可能になった。これに伴い、テイクダウン数を競う「ロードレイジ」モードが追加されたが、2でのブーストチェインやその他一部の要素は削除されている。海外ではXboxでも発売されている。 ナビゲーター(Crash FMのDJ RYU)はMC RYU

バーンアウト レジェンド編集

バーンアウト レジェンド
ジャンル アクションレーシング
対応機種 PlayStation Portable
開発元 EA UK
発売元 エレクトロニック・アーツ
発売日 2005年10月20日
テンプレートを表示

本シリーズでは初のPSP専用ソフト。『3 テイクダウン』をベースとした作品。過去作品から一部の車、コース、モードが復活している。海外ではニンテンドーDSでも発売されている。

バーンアウト リベンジ編集

バーンアウト リベンジ
ジャンル アクションレーシング
対応機種 PlayStation 2、Xbox 360プラチナコレクション
発売元 エレクトロニック・アーツ
発売日 PS2:2005年10月20日
X360:2006年3月23日
テンプレートを表示

PlayStation 2とXbox 360で発売。ナンバリングとしては4作目に当たる。新要素として同方向に走行している小・中型の一般車を弾き飛ばせる「トラフィックチェック」が追加。これに伴い、トラフィックチェックでの被害額を競う「トラフィックアタック」モードが追加。海外ではXboxでも発売されている。 ナレーションは富沢美智恵

バーンアウト ドミネーター編集

バーンアウト ドミネーター
ジャンル アクションレーシング
対応機種 PlayStation 2、PlayStation Portable
開発元 EA UK
発売元 エレクトロニック・アーツ
発売日 2007年9月20日
テンプレートを表示

『2』にあったブーストチェインが復活。危険走行で得点を競う「マニアック」モードが追加されたが、トラフィックチェックやクラッシュモードは削除された。PSP版のみ、メモリースティックにコースデータをダウンロードしてコースを追加できる。 ナレーションは富沢美智恵。

バーンアウト パラダイス編集

Burnout CRASH!編集

登場車種編集

バーンアウトシリーズに登場するマシンは全て架空の車種である。

また、パラダイスでは、メーカー名と車名が全て独自に設定されている。感覚はリッジレーサーシリーズに似ている。

尚、パラダイスの車種についてはバーンアウト パラダイスの車種一覧も参照。

余談編集

開発者の一人であるアレックス・ワードは、公式サイトでのインタビューの中でトレジャーのシューティングゲーム『斑鳩』の「敵の弾に当たるとパワーアップする」という要素が、意図的にクラッシュを発生させるレースゲームという本シリーズの発想の原点になったと語っている[2]

参照編集

関連項目編集

外部リンク編集