バーンスリーバンスリ)は、インド亜大陸発祥の木管楽器製の横笛であり、気管楽器aerophone(英語版)のひとつ。インドバングラデシュといった地域の伝統音楽・民族音楽及びそれらをベースにした現代音楽などで使われ、北インドヒンドゥスターニー音楽で使用される最も代表的な楽器でもある。近似の楽器として南インドの民族音楽で使用される横笛のヴェーヌ(カーナティック・フルート)がある。2-3世紀頃書かれたインド芸能の理論書であるナーティャ・シャーストラNatya Shastra(英語版)にもその重要性や役割が論じられている。

バーンスリー
Bansuri
Bansuri bamboo flute 23inch.jpg
23インチ長のバーンスリー
別名 バンスリ、ムラーリ〔Murali〕, バーンシー〔Bansi〕, バーシー〔Baashi〕, バーニー〔Baanhi〕
分類

インドの管楽器
民族楽器
音域

2.5オクターヴ(6穴)
3オクターヴ(7穴)
バーンスリーを持ったクリシュナ像は、しばしばヴェヌーゴーパルと呼ばれる
バーンスリーの演奏 (54 秒)

リグ・ヴェーダやその他のヴェーダ経典に登場し[1]ヒンドゥー教クリシュナ神が描かれる際のアトリビュートとしても知られる。また、バーンスリー様の横笛が古代インドのヒンドゥー教や仏教ジャイナ教宗教絵画に頻繁に登場する。また、ジャワ島バリ島に遺された中世インドネシアのヒンドゥー教(バリ・ヒンドゥー)や仏教の芸術に登場する際にはこれをワングシwangsiないしバングシbangsiと呼んでいたとしている。

歴史編集

アーダル・パウエルArdal Powell(英語版)によれば、フルートは無数の古代の文化で見られるシンプルな楽器であるが、伝承によればフルート様の管楽器が誕生した3つの故地はエジプトギリシア、そしてインドである。このうち、歌口が本体筒の側面についたトランスヴァース・フルート形のものは古代インドのもののみに見られ、歌口が筒の先端についたフィップル・フルートは3か所すべてに見られる。今日見られるバーンスリーは中世の早い時期からほぼ変わらぬ形態であるとみられている。しかしながら、パウエルがクルト・ザックスThe History of Musical Instrumentsを引用しているように、一部が異なるようではあるものの古代中国においてもディジと呼ばれるフルートが確認されている。これは中国独自というより中央アジアのフルートのデザインを改良したものと見做すことができるが、古代中国のフルートとインドのそれとの関係については未だ明らかではない[2]

しかしながらバーンスリーの影響力はとりわけ強く、その大きさ、形状、装飾、演奏方法はヨーロッパの学者たちの興味関心を引いている。ルチェルン大学のLiane Ehlichはバーンスリーについて、10世紀にはビザンツ帝国に流入し、そこから中世ヨーロッパ中で人気を博したと述べている[2][3]

構造編集

バーンスリーは伝統的にはヒマラヤ山脈山麓の多雨地域で育った竹のうち、稈(かん)の一節間が楽器の長さになる程度まで自然成長により生育したものから作られる。 ひとつの軸に対して6ないし7の指孔を持つ。現代では象牙ガラス繊維製、金属製のものも存在する。バーンスリーは一般的には12インチ(30センチメートル)ほどであり、指孔を6持ち、およそ2オクターヴ半の音域をカバーするが、指孔が7のものは全長が30インチ(75センチメートル)ほどであり(太さは人間の親指ほど)、3オクターヴをカバーする[4][5]

代表的なバーンスリー奏者編集

出典編集

  1. ^ Suneera Kasliwal (2004). Classical musical instruments. Rupa. pp. 85–86. ISBN 978-81-291-0425-0. https://books.google.com/books?id=GVsUAQAAIAAJ 
  2. ^ a b Ardal Powell (2002). The Flute. Yale University Press. pp. 10–13. ISBN 978-0-300-09498-5. https://books.google.com/books?id=GC3gNFJGzd8C&pg=PA10 
  3. ^ Liane Ehlich (1984), Zur Ikonographie der Querflöte im Mittelalter. Basler Jahrbuch für historische Musikpraxis, Volume 8, pages 197–211 (in German)
  4. ^ Ashok Damodar Ranade 2006, pp. 284–286.
  5. ^ Bettina Bäumer; Kapila Vatsyayan (1988). Kalatattvakosa: A Lexicon of Fundamental Concepts of the Indian Arts. Motilal Banarsidass. p. 181. ISBN 978-81-208-1402-8. https://books.google.com/books?id=uPoIZaGGtiMC&pg=PA181 

外部リンク編集