メインメニューを開く

パイルバンカーPile Bunker)は、テレビアニメ『装甲騎兵ボトムズ』およびその派生作品に登場する架空の武器。巨大な金属製の(あるいは)を火薬電磁力などにより高速射出し、敵の装甲を撃ち抜く近接戦闘装備である。

『ボトムズ』に限らず、さまざまな作品でパイルバンカーの名称、ないしそれと同様の機構を持つ武器や技が登場している。

目次

『装甲騎兵ボトムズ』においてのパイルバンカー編集

初出は『装甲騎兵ボトムズ』のクメン編に登場した、アーマードトルーパー(AT)「ベルゼルガ」の装備であった。この時点では脇役機体の武器の1つに過ぎず、設定資料でも「杭」としか表記されていなかった。劇中でも目立った描写はなかったが、同作の外伝である『青の騎士ベルゼルガ物語』や『機甲猟兵メロウリンク』で主人公が扱う必殺兵器として登場し、各種設定や使用時の様子が詳細に描写された。

考案したのは『ボトムズ』の高橋良輔監督であり、インタビューなどでは「杭打ち機[1]などの土木作業機械を基に考案した」と発言している。なお、ATの一部は、高速転回時に地面に打ち込む「ターンピック」を踵に持つが、これはパイルバンカーの脚部版とみなすことができる。こちらの使われ方は、クレーンなどを地面に固定するアンカー機構に近い。『ベルゼルガ』への登場以前に発表されていた設定資料では、このターンピックがパイルバンカーという名称となっていた。

主要登場作品編集

ロボット兵器用編集

人間用編集

  • 機甲猟兵メロウリンク(対ATライフル)
    • 正確には対ATライフルに装着可能なパイルバンカー射出ユニット。劇中ではライフルに取り付けずユニット単体で使用されたこともある。この射出ユニットを装着できるため、主人公メロウリンクの使う対ATライフルは「パイルバンカーカスタム」の異名を持つ。
  • 装甲騎兵ボトムズ 孤影再び(ポール・アックス)
    • 小説版のみの登場。これを原作としたアニメ版には登場しない。

現実におけるパイルバンカー編集

実在する類似の装置としては、杭打ち機のほか、油圧ショベルのアームに取り付けて建物の解体に用いるブレーカー(油圧ブレーカー)がある。油圧で大型のを壁面や床面に断続的に打ち付け、振動で岩石やコンクリートを破砕する。

その他、軍需製品メーカーのレイセオン社は救難用の破壊機材として、CIRT(Controlled Impact Rescue Tool)という単発威力重視の火薬式杭打ち機を製造した[2]

武器ではないが大型獣を一撃で即死させる威力を持ったと殺銃(en:Captive_bolt_pistol)という屠殺用の杭を打ち出す道具がある。

他作品のパイルバンカー編集

いずれの兵器も純粋な質量弾(先端形状によって鋭利な杭、あるいは平坦な槌状)を高速で至近距離からぶつけ、敵機に衝撃を与えて装甲を貫通し、内部に損傷を与える運動エネルギー特化兵器である。近接用打撃武器に分類されることが多い。

一般に設定される能力は「一撃必殺」であり、防御無視の貫徹力に、最短の射程と最強の威力が同居する兵器とされている。

ロボット兵器用編集

人間用編集

その他編集

脚注編集

  1. ^ 英語ではパイルハンマー/パイルドライバーと呼ばれる。
  2. ^ http://japanese.engadget.com/2008/03/25/cirt/ - コンクリート壁粉砕インパクトハンマーCIRT

関連項目編集