メインメニューを開く

パウルス・モーゼスPaulus Moses、男性、1978年6月4日 - )は、ナミビアプロボクサー。元WBA世界ライト級王者。デビューからライト級のウェイト一筋で距離をとって速い左ジャブを軸に攻撃的アウトボクシングを得意とする選手。現職の警察官。ナミビアのボクサーで母国で初めての世界タイトルマッチを開催したことで話題になった(ナミビアで初めて世界王者になったハリー・サイモンは一度も防衛戦を母国で試合をしなかった)。

パウルス・モーゼス
基本情報
本名 パウルス・モーゼス
通称 The Hitman(殺し屋)
階級 ライト級
身長 173cm
リーチ 184cm
国籍 ナミビアの旗 ナミビア
誕生日 (1978-06-04) 1978年6月4日(41歳)
出身地 オカプヤ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 41
勝ち 37
KO勝ち 22
敗け 3
引き分け 0
無効試合 1
テンプレートを表示

来歴編集

デビュー前にナミビア国内のアマチュア王者となった実績を引き下げ2002年11月8日、24歳でプロデビューを果たし2回TKO勝ちで白星でデビューを飾った。

2005年8月5日、シンピウェ・ジョニとWBAパンアフリカンライト級王座決定戦を行い6回20秒TKO勝ちで王座獲得に成功した。

2006年3月20日、マシェク・コンドワニと対戦し12回判定勝ちで初防衛に成功した。

2006年6月10日、シヴィウェ・ントシンガワと対戦し7回2分36秒TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。

2009年1月3日、パシフィコ横浜WBA世界ライト級王者小堀佑介の初防衛戦の相手として世界タイトル初挑戦。前日計量は60.5kgでパス。序盤は王者にカウンターを合わせられ、途中で右拳を負傷するアクシデントもあったが、その後アウトボクシングでペースを掴み3-0の判定勝ち。ナミビアの選手としてはハリー・サイモンに次ぐ史上2人目の世界王者となった。

2009年7月25日、ナミビアの首都ウイントフックウィントフック・カントリー・クラブ・リゾートにて、13位の嶋田雄大を挑戦者に迎えて初防衛戦を行った。前日計量は60.7kgでパスし、3-0の大差判定勝ちで王座防衛に成功した。開催地ではボクシングへの関心が高く、リングサイドで観戦したサム・ヌジョマ前大統領もリングに上がって祝福した[1]

2010年5月29日、地元ナミビアの首都ウイントフックのカラハリ・サンズ・ホテルにて、暫定王者のミゲル・アコスタを迎えて王座統一戦を行った。前日計量は61.1kgでパスしたものの、試合は6回KOで敗れて2度目の防衛に失敗。プロ・アマ通じての初黒星を喫するとともに、王座から陥落した。

2012年3月10日、グラスゴーのブレアヘド・アリーナでWBO世界ライト級王者リッキー・バーンズと対戦し12回0-3(111-117、110-120、110-119)の判定負けでWBAに続く王座獲得に失敗した。

2012年7月28日、WBOインターナショナルライト級王座決定戦で元IBF世界スーパーフェザー級王者カシウス・バロイと対戦し10回2-1(96-94、94-96、97-93)の判定勝ちでタフでディフェンスが堅いバロイに手を焼いたが王座獲得に成功した。

2013年3月2日、元IBF世界スーパーフェザー級王者ムゾンケ・ファナと対戦。タフで鳴らすファナを4回TKO勝ちで初防衛に成功した。

2013年10月5日、レオナルド・エステバン・ゴンサレスと対戦し7回1分31秒TKO勝ちで2度目の防衛に成功した。

2014年3月1日、クリスチャン・ラファエル・コリアと対戦し12回3-0(120-108、119-108、117-110)の判定勝ちで3度目の防衛に成功した。しかし7月1日にインターナショナル王座の指名試合を行わず、プロモーター(サンシャイン・ボクシング(モーゼスが所属するプロモーター))が猶予として2ヶ月延長したがWBOがインターナショナル王座を剥奪を執行したため剥奪された。

2015年3月20日、WBOインターナショナルライト級王座決定戦で元IBF世界スーパーフェザー級王者マルコム・クラッセンと対戦。3回にダウンを奪ったが逆に6回に5年ぶりにダウンを奪われて逆転を許し12回0-3(110-116、110-115、112-113)の判定負けで1年振りの王座返り咲きに失敗し、WBOの世界ランキングから陥落した。

2015年11月28日、IBOインターコンチネンタルライト級王座決定戦をマルコム・クラッセンと8ヶ月ぶりに再戦する予定だったが直前になって中止になった。

2016年8月6日、トンプソン・モクワナとWBOアフリカライト級王座決定戦を行い12回3-0(116-112、117-113、117-112)の判定勝ちを収め同年6月11日の無効試合の仮を返す王座獲得に成功した。

戦績編集

  • アマチュアボクシング:45戦45勝
  • プロボクシング:41戦37勝(22KO)3敗1無効試合
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
24 2009年1月3日 勝利 12R 判定3-0 小堀佑介   日本
(角海老宝石)
WBA世界ライト級タイトルマッチ
25 2009年7月25日 勝利 12R 判定3-0 嶋田雄大   日本
(ヨネクラ)
WBA防衛1
26 2010年5月29日 敗北 6R KO ミゲル・アコスタ   ベネズエラ
(ベネズエラ)
WBA王座陥落
テンプレート

獲得タイトル編集

  • WBAパンアフリカンライト級王座
  • WBAインターコンチネンタルライト級王座
  • WBA世界ライト級王座(防衛1度)
  • WBOインターナショナルライト級王座
  • WBOアフリカライト級王座

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
小堀佑介
WBA世界ライト級王者

2009年1月3日 - 2010年5月29日

次王者
ミゲル・アコスタ