メインメニューを開く

パウル・グルダ(Paul Gulda, 1961年10月25日 ウィーン - )は、オーストリアピアニスト作曲家指揮者

パウル・グルダ
生誕 (1961-10-25) 1961年10月25日
出身地  オーストリアウィーン
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト作曲家指揮者
担当楽器 ピアノ
公式サイト ホームページ

経歴編集

ピアニスト、フリードリヒ・グルダの長男として生まれ、父親からピアノの手ほどきを受ける。そのほかにローラント・バティックレオニード・ブルンベルクルドルフ・ゼルキンに師事する。音楽高等学校在籍中は、ピアノ演奏のかたわら、フルートクラリネットも習得した。1995年から作曲活動にも着手し、フランツ・クサーヴァー・クレッツヨハン・ネストロイらの戯曲のために舞台音楽を手懸ける。1997年には指揮者としてもデビューした。

高名な指揮者や有名なオーケストラと共演して、協奏曲の独奏者を務めるかたわら、さまざまな企画に献身している。最も有名な例の一つが、クラシックの演奏家がロマの楽団と共演するという趣向の「ジプシー風ハイドン」("Haydn alla Zingarese")である。

脚注編集