パウンチホイール

パウンチホイール(paunch wheel)は、日本のポップ、ロックバンド。2001年1月に結成。

概要編集

  • 正式名称は all about my paunch&Bucket Wheel Excavator 。「僕の突き出た太鼓腹と、世界最大の土木作業機械のすべて」という意味。メンバーいわく、長いバンド名を付けたくて命名したものの、初ライブで「長過ぎてバンド名が覚えられない」との声が殺到したため、次のライブからあっさり表記を変更、パウンチホイールとなった。
  • メンバー全員が、明星学園高校の合唱部に所属していた。ライブにてアカペラアレンジの「長電話」が定番曲になっていたりと、コーラスを主体とするその音楽性への影響は大きい。
  • 主に下北沢を中心に活動しており、ランクヘッドつばきD.W.ニコルズなど、親交が深いバンドが多い.

メンバー編集

現メンバー編集

青木拓磨1978年2月24日

岸部大輔1979年6月26日

ほんだなつみ1995年8月14日

  • ボーカル、コーラス担当。
  • 愛称はほんなつ。

岡田湖以11月28日

  • コーラス、デザイン担当。
  • 愛称はこゆっきー。

元メンバー編集

安本有作

成瀬考治

  • ギター担当。2009年に脱退。

増井レミオ

サポートメンバー編集

田中賢三

  • コーチガリー、現リトミックボンボンのギタリスト。2009年頃からライブやレコーディングなどでサポートギタリストとして参加している。

来歴編集

2001年

  • 青木、増井、岸部の3人が、楽器経験のない安本を強引に誘い、all about my paunch&Bucket Wheel Excavator結成。初ライブを客として観に来ていた成瀬が加わり、5人編成となる。

2004年

  • 1 0月、1stミニアルバム「リアル」でデビュー。

2006年

  • 3月、2ndミニアルバム「チェンジザワールド」発売。

2007年

  • 7月、千の風になって ドラマスペシャル第1弾「家族へのラブレター」挿入歌として『ロミオ&ジュリエット』が使用される。メンバーはパウンチホイール役としてドラマにも出演する。

2008年

2009年

  • 3月、笹塚ファクトリーにて舞台「king of ouirock show vol.2 鉄潰(てっつい)/dead end 」に出演。劇中音楽、演奏も担当。
  • 9月、iTunes Store限定配信シングル『クロール』『長電話』発売。
  • 12月、成瀬考治、脱退。サポートギタリストとして田中ケンゾウがライブに参加し始める。

2010年

  • 8月、ワンマンライブ「all about my paunch&Bucket Wheel Excavator」を下北沢ガレージで開催。

2012年

  • 1月20日 下北沢GARAGEにてワンマンライブ『ぼくら』開催

2014年

  • 増井レミオ、脱退。

2016年

  • 1月、ほんだなつみ、岡田湖以が加入。

エピソード編集

  • 青木が母校の音楽室を訪れた際に、岡田が後任の合唱部副部長に宛てた引き継ぎノートの内容を読んで、パウンチホイールに誘ったとのこと。
  • つばきのVo.&Gt.一色が病気療養中に活動していたつばきフレンズに青木、岸部が参加。[1]
  • メンバー全員が所属していた明星学園高校の合唱部に所属していたシンガーソングライターの都と共同でのイベント「やさしさに包まれたい」を新代田 crossingで開催。[2]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集