パウンド・フォー・パウンド

異なる階級の格闘技選手を比較する際に用いられる用語

パウンド・フォー・パウンド: Pound for pound、略称はPFPまたはP4P)は、ボクシング総合格闘技キックボクシングなど格闘技の世界において、異なる階級の選手を比較・対比する方法を指し示す用語。1950年代初期にリング誌の初代編集長であるナット・フライシャー英語版によって造られたとされているが、1900年初期の頃から存在していた用語であることが確認されている[1][2]。尚、近年では様々なスポーツ及び格闘技メディアが独自に選定したパウンド・フォー・パウンドのランキングを発表しているが、パウンド・フォー・パウンドには厳密な選定基準などがなく、曖昧な部分が多く選定者の主観により選定される部分が大きいため[3][2]、ランキングの順位が各メディアで大きく異なることも珍しくない。

定義編集

パウンド・フォー・パウンドの定義は、『全階級を通じて誰が最も優秀なボクサーであるかを経歴と表層上の戦力評価で定めるランキング』であり、特に日本において勘違いされがちな『体重が同一と仮定したら誰が一番強いかを決めるランキング』ではない。対戦相手の質が重要であり、いわば経歴の比べ合いで、そのため、どれだけ強い勝ち方をしても、対戦相手の質が伴わなければ基本的に高評価はされない[4]

DAZNは、パウンド・フォー・パウンドの選定基準を以下のように定めている[5]

  • 通算成績:勝敗数は重要。順位を上げるためには、勝利が必要。
  • 対戦相手のレベル:レベルの低い相手に全勝しても意味はない。最大のライバルやチャンピオンを下してこそ勝利の価値が大きくなる。
  • 勝利した試合のクオリティ:格好良く勝つことも印象を高める要因。格上の対戦相手を乗り越えて、大きな勝利をもぎ取るというのも重要な要素。
  • 活動量:ランキングに載った選手がしばらく試合を行わなかったからといって、すぐに選手としての価値が落ちるわけではない。一方で直近の大一番で勝利を挙げた選手からの突き上げを受けるリスクがある。

ボクシング編集

ボクシングでは、様々なボクシングメディアが独自に選定したパウンド・フォー・パウンドのランキングを発表しているが、十数名の選定者によって決定されるリング誌ESPN.comによるものが有名である。選定方法については、ESPN.comでは選定者の投票によるポイント計算で決定されるが、リング誌ではポイント計算だけでなく、選定者間でメールによる意見交換など、オンライン上で議論がなされ、他の選定者の主張を聞いた上で順位を変えることもあるなど民主主義的なやり方で決定される[6]

中量級の往年の名王者シュガー・レイ・ロビンソンが「ロビンソンこそが階級の壁を越えた最も偉大な王者」と称えられたことから、「パウンド・フォー・パウンド・ベスト」という用語が生み出された[3]1980年代にはロベルト・デュランシュガー・レイ・レナードマービン・ハグラー、1980年代終盤はマイク・タイソン[7]1990年代序盤からはフリオ・セサール・チャベスパーネル・ウィテカー[8]、1990年代中盤ごろからはロイ・ジョーンズ・ジュニアオスカー・デ・ラ・ホーヤ[8]、2000年代序盤はシェーン・モズリーバーナード・ホプキンス[9]、2000年代中盤からはフロイド・メイウェザー・ジュニアマニー・パッキャオ、2010年代中盤ころからはローマン・ゴンザレスアンドレ・ウォードゲンナジー・ゴロフキン[10]、2020年代序盤ころはワシル・ロマチェンコサウル・アルバレスオレクサンドル・ウシクテレンス・クロフォード井上尚弥[11]らがPFP最強との呼び声が高かった[12][13]

なお、リング誌は1989年から独自に選定したPFPベスト10のランキングを発表しているが[3]、2022年現在までにランキング入りした日本人選手は山中慎介内山高志、井上尚弥、井岡一翔の4選手のみである[14]。2022年6月に日本人最高位として井上尚弥がPFPランキング1位を獲得した[15]

総合格闘技編集

総合格闘技では、元UFC世界ライトヘビー級王者で、UFC王座を史上最年少で獲得しUFC史上最多タイトルマッチ勝利記録を保持するジョン・ジョーンズ、元UFC世界ヘビー級・ライトヘビー級王者のダニエル・コーミエ、元UFC世界ミドル級王者でUFC史上最多連勝記録を保持するアンデウソン・シウバ、元UFC世界ミドル級・ウェルター級王者のジョルジュ・サンピエール、元UFC世界ウェルター級・ライト級王者のBJ・ペン、元UFC世界ライト級王者でキャリア29戦無敗のハビブ・ヌルマゴメドフ、元UFC世界フェザー級王者のジョゼ・アルド、元UFC世界フライ級王者でありUFC史上最多連続王座防衛記録を保持するデメトリアス・ジョンソン、「60億分の1の男」と言われた第2代PRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルなど、無数に名前が挙がっている。

女子・総合格闘技では、現UFC世界女子フェザー級王者のアマンダ・ヌネス、UFC・BellatorInvictaStrikeforceの4団体で王者となったクリスチャン・サイボーグ、現UFC世界女子フライ級王者のヴァレンティーナ・シェフチェンコの名前が挙げられる。

脚注編集

  1. ^ Michael Woods (2009年4月27日). “Top-5 pound-for-pound boxers of all time” (英語). ESPN. 2012年9月23日閲覧。
  2. ^ a b What Does The Term “Pound-For-Pound” Actually Mean?”. Lineal Boxing Champion (2019年7月6日). 2021年10月21日閲覧。
  3. ^ a b c THE RING POUND FOR POUND HISTORY: FROM “IRON” MIKE TO “CHOCOLATITO””. The Ring (2016年11月10日). 2021年10月21日閲覧。
  4. ^ 「イノウエが1位に上がることになった。まだ公にしないでほしい」米リング誌のPFP選定委員が明かす、井上尚弥に“最後の一票”が入った理由”. Number Web (2022年6月17日). 2021年10月21日閲覧。
  5. ^ ジョージ・カンボソスJR、ステファン・フルトンJRがPFPデビュー!井上尚弥は4位に後退|DAZN選定最新PFPランキング|ボクシング”. DAZN (2021年12月8日). 2022年6月22日閲覧。
  6. ^ 「イノウエが1位に上がることになった。まだ公にしないでほしい」米リング誌のPFP選定委員が明かす、井上尚弥に“最後の一票”が入った理由”. Number Web (2022年6月17日). 2022年6月22日閲覧。
  7. ^ The Ring Magazine's Annual Ratings: 1989”. BoxRec (2028年4月26日). 2022年6月22日閲覧。
  8. ^ a b The Ring Magazine's Annual Ratings: Pound For Pound--1990s”. BoxRec (2012年3月8日). 2021年10月21日閲覧。
  9. ^ The Ring Magazine's Annual Ratings: Pound For Pound--2000s”. BoxRec (2012年3月8日). 2022年6月22日閲覧。
  10. ^ The Ring Magazine's Annual Ratings: Pound For Pound--2010s”. BoxRec (2021年2月25日). 2022年6月22日閲覧。
  11. ^ The Ring Magazine's Annual Ratings: Pound For Pound--2020s”. BoxRec (2022年). 2022年6月22日閲覧。
  12. ^ A Complete History of Pound for Pound Number One: 1970 – 2022”. WBN (2022年5月12日). 2022年6月22日閲覧。
  13. ^ メイウェザー氏出場予定 2.28格闘技イベント延期”. Boxing News(ボクシングニュース) (2021年2月5日). 2021年2月6日閲覧。
  14. ^ パウンド・フォー・パウンドとは?井上尚弥が1位に選ばれた本当の価値”. SPAIA (2022年6月13日). 2022年6月22日閲覧。
  15. ^ 井上尚弥、現役最強王者1位に選出されたPFPとは?過去には山中慎介らもトップ10入り”. 日刊スポーツ (2022年6月11日). 2022年6月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集