パオロ・ポルポラ

イタリアの画家

パオロ・ポルポライタリア語: Paolo Porpora、1617年 – 1673年)はバロック時代後期のイタリア画家ナポリでの活動を主としており、花の静物画を得意とした。

パオロ・ポルポラ
Paolo Porpora
Паоло Порпора Квіти поряд зі скляною вазою.jpg
ポルポラ作「ガラスの花瓶のそばの花」
生誕1617年
ナポリ
死没1673年
ローマ

概要編集

ジュゼッペ・レッコの父であるジャコモ・レッコ(Giacomo Recco)の弟子であったと文献に記され、アニエッロ・ファルコーネイタリア語: Aniello Falconeの下で働いたとされる。

ローマの芸術家協会のアカデミア・ディ・サン・ルカに1656年から1658年まで入会しており、ローマのオランダ人静物画家から影響を受けたとされる。ジョバン・バッティスタ・ルオッポロなどの弟子がいる[1]

作品編集

出典編集

外部リンク編集