メインメニューを開く

パオロ・モンテーロ

ウルグアイのサッカー選手
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はモンテーロ第二姓(母方の)はイグレシアスです。

パオロ・ロナルド・モンテーロ・イグレシアスPaolo Rónald Montero Iglesias, 1971年9月3日 - )は、ウルグアイモンテビデオ出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー

パオロ・モンテーロ Football pictogram.svg
Paolo Montero.jpg
チリ地震慈善試合への参加時(2010年)
名前
本名 パオロ・ロナルド・モンテーロ・イグレシアス
Paolo Rónald Montero Iglesias
ラテン文字 Paolo MONTERO
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
スペインの旗 スペイン
生年月日 (1971-09-03) 1971年9月3日(48歳)
出身地 モンテビデオ
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 左足
ユース
1990 ウルグアイの旗 ペニャロール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1992 ウルグアイの旗 ペニャロール 34 (1)
1992-1996 イタリアの旗 アタランタ 114 (4)
1996-2005 イタリアの旗 ユヴェントス 186 (1)
2005-2006 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 14 (1)
2006-2007 ウルグアイの旗 ペニャロール 26 (1)
1990-2007 通算 374 (8)
代表歴
1991-2005 ウルグアイの旗 ウルグアイ 61 (5)
監督歴
2014 ウルグアイの旗 ペニャロール(ユース)
2014 ウルグアイの旗 ペニャロール(暫定)
2016 アルゼンチンの旗 ボカ・ウニドス英語版
2016 アルゼンチンの旗 コロン
2017- アルゼンチンの旗 ロサリオ・セントラル
1. 国内リーグ戦に限る。2017年10月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

父であるフリオ・モンテーロ英語版も元ウルグアイ代表サッカー選手。

経歴編集

1対1に強いセンターバック。セリエA最多退場記録という不名誉な記録を持つが[1]マルチェロ・リッピ監督時代のユヴェントスFCではディフェンスの要として活躍した。ユヴェントスではセリエA4回、インターコンチネンタルカップにそれぞれ1回優勝した。しかし、2004-05シーズンファビオ・カンナヴァーロが加入すると出場機会が激減し、2005年夏にCAサン・ロレンソ・デ・アルマグロに移籍した。2006年に地元クラブのペニャロールに復帰して、2007年に引退した[2]

ウルグアイ代表では1991年から2005年までプレイして、61試合5得点。2002年FIFAワールドカップに出場した。

2014年11月、古巣ペニャロールの監督に就任した[3]

2016年にはCAボカ・ウニドスCAコロンで指揮を執り、翌年1月よりCAロサリオ・セントラルと1年半の契約を交わした[4]

タイトル編集

脚注編集

  1. ^ Mexico v Uruguay Report”. ESPNsoccernet (2004年7月8日). 2007年7月16日閲覧。
  2. ^ Soccer-Uruguay hard man Montero reported to have retired”. Reiters. UK (2007年5月22日). 2007年7月16日閲覧。
  3. ^ 元ウルグアイ代表DFモンテーロ氏、古巣ペニャロール指揮官に就任 ”. サッカーキング (2014年11月12日). 2014年11月12日閲覧。
  4. ^ Central confirmó a Paolo Montero como reemplazante de Coudet”. El Gráfico (2017年1月3日). 2017年10月11日閲覧。

外部リンク編集