メインメニューを開く
パクティーカー州
(パクティカ州)
Paktika in Afghanistan.svg
アフガニスタンの旗アフガニスタン
州都 シャラナ英語版
州知事
(2007年現在)
ムハンマド・アクラム・ハパルワク
面積 19,482.40km²
人口
(2013年)
420,700人
人口密度 21/km²

パクティーカー州 (Paktīkā Velāyat ダリー語表記で پکتیکا) は、アフガニスタンの南東部にあるである。面積19,482.40km2、人口377,100人 (2006年の公式推計[1][出典無効])、州都はシャラナ英語版 (Sharana) 。日本メディアなどではパクティカ州と表記されることが多い。

目次

地理編集

パクティーカーは、北にパクティヤー州、東にホースト州およびパキスタンの連邦直轄部族地域南ワジリスタン管区、南にザーブル州、西にガズニー州と州境を接している。

国内の多くの地域と同様に、パクティーカーでは過度の森林伐採が続いている。これが近年の大規模な洪水災害の一因となっている[2][リンク切れ]

歴史編集

パクティーカーは、かつてはパクティヤー州ホースト州とともに一つの州、ロヤ・パクティーカー英語版 (大パクティーカー) を成していた。

同地域はソビエト侵攻の際の激戦地の1つであり、1984年1月のウルグン作戦フランス語版英語版が知られている。

その後は長く無政府状態が続いた。

政治と治安編集

アフガニスタンでも最辺境の州であり、近年の内戦による荒廃のせいもあって、基本的な社会資本の不足が深刻である。ホースト州ザーブル州のような近隣州と比較すると、ターリバーン政権崩壊後の復興は遅々として進まないが、その主な原因は、本州が地理的に中央と隔たっているだけでなく、復興支援のワーカーが度々襲撃を受けるせいである。2004年、復興支援のてこ入れとして地方復興チーム (PRT) の基地がシャランに設立された。

ここ数年は、ヘルマンド州で発生したような大規模な騒乱には見舞われていないが、犯罪あるいはターリバーンの活動による、部族の暴力事件は頻発している。最近の深刻な騒乱は、2004年に発生した。当時の州知事ムハンマド・アリ・ジャラリがターリバーン勢力を迎え入れ、ターリバーンが同州の東部を実質的な支配下に置いたのである。ジャラリとその関係者は公職を追われ、米軍の特殊部隊がターリバーンの掃討作戦を実施し、パキスタン側の南ワジリスタンではパキスタン軍とターリバーン等の武装勢力との衝突が発生した(ワジリスタン紛争)[3][リンク切れ]

2007年現在の知事はムハンマド・アクラム・ハパルワク (Mohammad Akram Khapalwak)。前知事のジャラリは、2006年にガズニー州でターリバーンに暗殺された[4]。。

行政区分編集

住民編集

民族編集

パシュトゥーン人が多数派である。

en:Zadran (Pashtun tribe)

言語編集

主要言語はパシュトー語

宗教編集

パシュトゥーン人の多くは超保守的なスンナ派

関連項目編集