メインメニューを開く

パシフィックリーグマーケティング

パシフィックリーグマーケティング株式会社(パシフィックリーグマーケティング、: Pacific League Marketing Corporation.)はパシフィック・リーグ加盟6球団により設立された合弁企業であり、主にプロ野球動画配信サービスパ・リーグTVの運営や、パ・リーグ6球団公式サイトの企画・運用・管理、パリーグ6球団の共同イベントなどを手掛けている。

パシフィックリーグマーケティング株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 103-0007
東京都中央区日本橋浜町1丁目12−9 日本橋浜町ビル3F
設立 2007年5月14日
業種 サービス業
法人番号 4010401071247
事業内容 パ主催試合の携帯動画の有料配信サービス、HPの企画・運営6球団共同イベントの企画・実施管理
リーグスポンサーの企画・販売・実施管理、プロパティライセンスの企画・販売業務など
代表者 代表取締役社長 根岸 友喜
資本金 3000万円
売上高 50.4億円(2018年度)
純利益 9508万5000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 28億6006万円(2018年12月31日時点)[1]
主要株主 株式会社北海道日本ハムファイターズ
株式会社楽天野球団
株式会社西武ライオンズ
株式会社千葉ロッテマリーンズ
オリックス野球クラブ株式会社
福岡ソフトバンクホークス株式会社
外部リンク https://www.pacificleague.jp
テンプレートを表示

目次

概要編集

2006年にパリーグ4球団が携帯電話向け動画配信サービスプロ野球24TVを行っていたが一本化するために6社出資で設立された。[2]
パ・リーグTVの配信事業が成功したことで売上は07年1億8000万円から15年16億円超まで増加している。[3]
ソフトバンク子会社(TVバンク・G.T.エンターテインメント・FOX SPORTS ジャパン)が地ならしをして採算性を見極めた上でPLMが事業参入している傾向がある。

現在は「プロ野球の新しいファンを増やすこと」をミッションに、「6球団でまとまったらよいこと」「1球団ではできないこと」を考え方の軸としてデジタルマーケティングを中心に行っている。

沿革編集

  • 2007年5月14日 - パシフィックリーグマーケティング株式会社(以下PLM)設立。「プロ野球24」の事業を手掛ける。
  • 2008年1月31日 - PLMによる公式サイトおよび携帯サイトの一括管理を開始。
  • 2010年3月18日 - 「PACIFIC LEAGUE.JP」オープン[4]
  • 2010年8月2日 - パ・リーグ公式ECサイト「PACIFIC LEAGUE baseball store」オープン。[5]
  • 2011年4月12日 - コンテンツ事業「パ・リーグアプリ2011」開始。テキストライブ速報は月額230円。[6]
  • 2012年3月1日 - 「パ・リーグTV」開始。
  • 2016年1月15日 - FOXスポーツ台湾と2016年からの3年間の放映権契約を締結。
  • 2018年3月23日 - パ・リーグ6球団新公式メディア「パ・リーグ.com」を開始。
  • 2019年1月15日 - FOXスポーツ台湾と2019年からの3年間の放映権契約を締結。[7]

動画配信ビジネス編集

2012年より「パ・リーグTV」を運営している。月額料金は税別で見放題パック950~1,450円、交流戦パック1,450円、1試合チケット600円で提供されている。配信には「Akamai HD Network」を利用している。[8]アカマイ・テクノロジーズソフトバンクブロードメディアは2001年4月に合弁でアカマイ・テクノロジーズ・ジャパン(現・CDNソリューションズ)を設立していたが2003年2月の日本法人設立をもって提携を解消している。

2010年から2011年までTVバンクにより委託運営(レベニューシェア[9])されていた「パ・リーグ ライブTV」の月額料金は税込でパ・リーグ見放題コース月額1,480円、球団別見放題コース980円、1試合チケット390円であった。配信技術はTVバンクのP2P型動画配信技術「BBブロードキャスト」を用いていた。[10]

2015年からは他競技へのライブ配信プラットフォーム提供を開始し、プロゴルフ大会の中継にて利用されている。2017年12月には中学硬式野球大会の「第1回 中村紀洋杯中学硬式野球大会」を配信。

2018年3月からは、女子プロ野球のライブ配信におけるプラットフォーム提供を開始している。

携帯電話向け動画配信サービス編集

  • PLMは元々携帯電話向け動画配信サービスを手がけていた。
    • 2006年 - ロッテ、西武、ソフトバンク、日本ハム主催試合を携帯電話向けに月額500円で動画配信する「プロ野球24TV」を開始。
  • 2007年 - PLMに事業移管。「プロ野球24」に楽天が加入。
    • 2007年4月8日 - ソフトバンクが東京MXの放送枠を買い取りホークス公式戦25試合中継を開始。[11]
  • 2008年3月20日 - 「プロ野球24」にオリックスが加入し6球団揃う。

PC・スマホ向け動画配信サービス編集

  • 現在PLMの主力事業となっているPC・スマホ向け動画配信サービスは元々Yahoo! JAPANがYahoo!動画(現・GYAO!)で手がけていた流れを継承している。2012年2月まで委託配信を行っていたソフトバンクは2016年より独自にスポナビライブの配信をしている。
    • 2004年 - Yahoo!動画で西武ライオンズ主催試合の無料配信を開始。
    • 2005年 - Yahoo!動画にソフトバンクホークスの無料配信が追加される。
    • 2006年 - Yahoo!動画の西武ライオンズの配信が終了し北海道日本ハムファイターズの無料配信が追加される。
    • 2006年9月26日 - TVバンクによりP2P型動画配信技術「BBブロードキャスト」が発表される。[12]
    • 2007年 - Yahoo!動画に千葉ロッテマリーンズ東北楽天ゴールデンイーグルスの無料配信が追加される。楽天の無料配信サービスイーグルスTVも開始。
    • 2008年1月24日 - G.T.Eがパリーグ6球団のインターネット配信権(公衆送信権)とGAORAと契約が残っているファイターズを除く5球団のCS配信権を取得。[13]
    • 2008年 - Yahoo!動画に西武ライオンズとオリックス・バファローズの無料配信が追加される。
    • 2009年04月03日 - TVバンクによりYahoo!動画でパリーグ公式戦360試合、交流戦72試合、クライマックスシリーズの無料配信。[14]
  • 2010年3月20日 - 無料配信が終了し、G.T.EとPLMにより有料配信サービスパ・リーグ ライブTV開始。[15]
  • 2012年3月1日 - TVバンクによる委託配信が終了し、PLMにより「PACIFIC LEAGUE.JP」をリニューアルした「パ・リーグTV」開始。[16]
  • 2016年3月17日 - ソフトバンクが「スポナビライブ」を提供開始[17]
  • 2016年8月23日、9月2~4日- パ・リーグTVのライブ配信プラットフォームを利用して、日本プロゴルフ協会が主管の2大会(「PGAジュニアゴルフ選手権 太平洋クラブカップ」、「PGAシニアツアー アルファクラブCUP シニアオープン」)をライブ配信実施[18]
  • 2018年
    • マルチアングル映像のサービス開始[19]
    • スポナビライブのサービス終了。DAZNRakuten TVへの映像供給開始。

VR配信サービス編集

2018年7月27日から、パ・リーグ公式戦をVRでライブ視聴、見逃し視聴できる「パーソル パ・リーグTV VR」を、KDDIグループのSupershipが開発したVRプラットフォーム「XRstadium」で開始した。7月27日以降の公式戦のうち計30試合を配信予定。[20]

放映権ビジネス編集

かつては地上波放映権の一括管理にも意欲を見せていたが未だ球団個別管理が続いている。[21]
近年はPLMにより台湾向けの放映権販売が強化されており、将来的に中南米への放映権販売も視野に入れている。

  • ソフトバンク子会社により有料放送放映権の一括管理による収益拡大が試みられたが失敗に終わっている。
    • 2008年1月24日 - G.T.エンターテインメントが総額40億円前後でパリーグ6球団のインターネット配信権(公衆送信権)とファイターズを除く5球団のCS配信権を取得。[22]
    • 2008年1月24日 - JCOM・JSPORTSとの放映権交渉の難航が報じられる。[23]
    • 2012年12月18日 - FOX インターナショナル・チャンネルズとTVバンクがFOX SPORTS ジャパンを設立。ホークス、マリーンズ、バファローズ放映権を獲得[24]
    • 2013年1月28日 - TVバンクが2013年度イーグルスの放映権を獲得。[25]
    • 2013年2月22日 - FOXとケーブルテレビの放送交渉が難航していると報じられる。[26]
    • 2013年6月 - FOXスポーツによる台湾でのパリーグ中継の試み。
  • 2013年12月27日 - 台湾放映の反響を受けPLMによる台湾向け配信を検討。[27]
  • 2014年3月28日 - ヤフーとPLMが連携しスポーツナビでプレイバック動画の提供を開始。[28]
    • 2014年12月16日 - FOX SPORTS ジャパン事業終了。[29]
  • 2016年1月15日 - FOXスポーツ台湾と3年間の放映権契約を締結。[30]
  • 2018年2月16日 - 2018年から2022年の5年間に渡るインターネット試合中継配信パートナー契約を、楽天株式会社、Perform Group、ソフトバンク株式会社と締結[31]
  • 2019年1月15日 - FOXスポーツ台湾と2019年からの3年間におけるパ・リーグ主催試合放映権契約に合意し、会見を実施。試合の放映だけでなく、インバウンドの強化やスポーツビジネスのノウハウ共有にも取り組んでいくとした。[32]
  • 2019年4月1日 - FOXスポーツ台湾で3月30日に放映された試合が、台湾では視聴率1%を獲得することが困難[33]な中で、FOXスポーツ台湾での日本プロ野球放映史上最高の平均0.73%、瞬間最高1.4%の視聴率を記録した。この試合では王柏融が移籍後初安打を記録している。[34]

イベント開催編集

2013年から、パリーグ6球団の主催試合において共同イベントを実施している。

2013年は各球団が昔使用していたユニフォームを一斉に着用する「レジェンドシリーズ」を開催。さらに2014年からは毎年、「パ・リーグ 親子ヒーロープロジェクト」を6球団横断型プロジェクトとして開催。2014年はウルトラマン、2015年は仮面ライダー、2016年は戦隊ヒーローの動物戦隊ジュウオウジャーとコラボレーションをした。2017年はコロコロコミックとのコラボを行った。2018年はディズニー映画のインクレディブル・ファミリーとのコラボを行い、パ・リーグ6球団の選手が一言声優に挑戦した[35]

近年は所謂アニメ・ゲームファンの取り込みを図るコラボレーション企画も行われている。2017年に『アイドルマスターシリーズ[36]、2018年には『バンドリ! ガールズバンドパーティ![37]八月のシンデレラナイン[38]とのコラボレーションとして、キャラクターと各球団とのコラボグッズ販売や出演声優の始球式参加などの集客策を行ってきた。

そのほか2015年5月16~17日- パ・リーグと富士通が生み出したプレーシーン映像を検索できるAPIなどを利用して、プロ野球界初のハッカソンを実施。

2016年から独自のPLMイベントも実施し始めていて、2016年8月にはPLM事務所での「職業体験」イベントを実施[39]。2017年1月には日刊スポーツ記者を招いての「野球スコアの書き方セミナー」を実施[40]。定員15人に対し417人の応募があったと報告されている[41]

2017年にはパ・リーグの球団職員を対象に、球界全体の活性化と人材育成を目的としてビジネススクールを開設。2018年2月20日には、パシフィックリーグマーケティングとパ・リーグ6球団による新卒・中途採用向けの就職イベント「パ・リーグ ビジネスキャンプ2018」を開催。学生ら1200人が参加した[42]。さらに5月25日には中途採用イベントの「パ・リーグ キャリアフォーラム」をパーソル キャリア株式会社と共同開催[43]。パ・リーグ6球団だけでなく、Jリーグの川崎フロンターレ、ヴィッセル神戸、Bリーグなどが出展し、約1,400人に会社説明やトークショーを行った。[44]

なお台湾でもこれまで旅行博に2015年から3年連続で参加していた[45]が、2018年は5月11~13日に台湾プロ野球Lamigoモンキーズの本拠地・桃園で行われた「YOKOSO桃猿」に参加。北海道日本ハム、楽天、千葉ロッテのマスコットと、北海道日本ハムのチアガールが来場してプロモーション活動を行った[46]

パ・リーグウォーク編集

スマートフォンの歩数計アプリを利用した「パ・リーグウォーク」を2016年3月から開始。2017年3月時点でユーザー数は35000人となっている[47]

パ・リーグ.com編集

2018年3月23日に、パ・リーグ6球団新公式メディア「パ・リーグ.com」をリリース。「パ・リーグの全てがここにある」をキーコンセプトとし、パ・リーグに関するすべての情報を盛り込んだ公式デジタルプラットフォームを目指すとしている[48]

PLMキャリア編集

2018年7月、スポーツ業界に特化した人材紹介エージェントサービス「PLMキャリア」のサービスを開始。採用を行っているスポーツ関連企業と、スポーツ業界への就職・転職を志す求職者をマッチングする[49]。パ・リーグが運営するサービスでありながら、野球だけでなく全てのスポーツが対象。また業種も、スポーツチームや運営団体だけでなく、サプライヤーやスポンサード企業、メディアなど、スポーツに関わる幅広い職種を対象としている。

脚注

  1. ^ a b パシフィックリーグ マーケティング株式会社 第12期決算公告
  2. ^ MLB方式導入の可能性も!?パ・リーグの斬新な試み”. R25 (2007年6月28日). 2016年9月1日閲覧。
  3. ^ 【パ×Full-Count】セを凌駕するパの勢い 躍進の裏にあるリーグビジネス”. Full-count (2015年1月1日). 2016年9月1日閲覧。
  4. ^ パシフィックリーグ6球団の公式ポータルサイトがオープン”. 北海道日本ハムファイターズ (2010年3月18日). 2016年9月1日閲覧。
  5. ^ パ・リーグ公式ECサイト『PACIFIC LEAGUE baseball store』オープン”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2010年8月2日). 2016年9月1日閲覧。
  6. ^ パ・リーグ6球団公式 スマートフォン向け『パ・リーグアプリ2011』サービス開始”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2011年4月12日). 2016年9月1日閲覧。
  7. ^ 【会見速報】2019年以降もFOXスポーツ台湾でパ・リーグ主催試合の放送が決定”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2019年6月9日閲覧。
  8. ^ アカマイ、パ・リーグTVのHD動画配信サービスをサポート”. ドリームニュース (2012年3月15日). 2016年9月1日閲覧。
  9. ^ ICTとスポーツエンターテインメントを融合させ新たなファン獲得と収益アップを目指す”. 日本電信電話ユーザ協会 (2015年6月1日). 2016年9月1日閲覧。
  10. ^ ソフトバンクが「インフラただ乗り論」に解決策,P2P型動画配信技術を公開”. 日経コミュニケーション (2006年9月27日). 2016年9月1日閲覧。
  11. ^ 福岡ソフトバンクホークス公式戦 全 25 試合(予定)中継開始”. TOKYO MX (2007年3月12日). 2016年9月1日閲覧。
  12. ^ ソフトバンクが「インフラただ乗り論」に解決策,P2P型動画配信技術を公開”. 日経コミュニケーション (2006年9月27日). 2016年9月1日閲覧。
  13. ^ G.T.エンターテインメント,パ・リーグ全球団主催試合のネット配信権を取得”. 日経ニューメディア (2008年1月24日). 2016年9月1日閲覧。
  14. ^ パ・リーグの公式戦や交流戦全試合をYahoo!ケータイで無料配信”. ITmedia Mobile (2009年4月2日). 2016年9月1日閲覧。
  15. ^ G.T.エンターテインメントとパシフィックリーグマーケティングが「パ・リーグ ライブTV」にて2010年度プロ野球パ・リーグの試合をライブ配信”. TVバンク (2010年3月18日). 2016年9月1日閲覧。
  16. ^ パ・リーグ6球団公式ライブ配信「パ・リーグTV」オープン!”. 東北楽天ゴールデンイーグル (2012年2月29日). 2016年9月1日閲覧。
  17. ^ 人気スポーツ7ジャンルの試合をライブ中継で見放題!「スポナビライブ」を提供開始”. ソフトバンク (2016年3月10日). 2016年9月4日閲覧。
  18. ^ "パ・リーグTVで「ゴルフ配信」へ スポーツの垣根超えた取り組みが再び実現" Full-Count(2016年8月16日)2018年3月26日閲覧.
  19. ^ 注目シーンをさまざまな角度で見られる マルチアングルVODが開幕からスタート!!” (日本語). プロ野球速報・ライブ中継 パーソル パ・リーグTV. 2018年5月19日閲覧。
  20. ^ 株式会社インプレス (2018年7月25日). “Oculus GoやGear VRで楽しむパ・リーグVR配信。家でもチャットで“一緒に観戦”” (日本語). AV Watch. https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1134810.html 2018年7月28日閲覧。 
  21. ^ パが挑む映像市場開拓=地上波一括管理も視野=”. 時事ドットコム (2010年11月20日). 2016年9月1日閲覧。
  22. ^ G.T.エンターテインメント,パ・リーグ全球団主催試合のネット配信権を取得”. 日経ニューメディア (2008年1月24日). 2016年9月1日閲覧。
  23. ^ パ・リーグのTV放送に暗雲:ソフトバンクが独占放映権を取得、JSPORTS株主は購入に難色”. 日経新聞社 (2008年1月24日). 2016年9月1日閲覧。
  24. ^ FOX SPORTS ブランド日本初上陸!!”. FOX インターナショナル・チャンネルズ (2012年12月18日). 2016年9月1日閲覧。
  25. ^ プロ野球「東北楽天ゴールデンイーグルス」主催試合の有料放送における放映権について”. TVバンク (2013年1月28日). 2016年9月1日閲覧。
  26. ^ プロ野球の放送交渉が難航 契約しないケーブル局も?”. 47News (2013年2月22日). 2016年9月1日閲覧。
  27. ^ 第7回 パ・リーグ先行のリーグビジネス――“イメージ”を商品とした時代へ”. 週刊ベースボールONLINE (2013年12月27日). 2016年9月1日閲覧。
  28. ^ スポーツナビとプロ野球パ・リーグが連携パ・リーグ主催試合のハイライトシーンを速報配信する「プレイバック動画」を開始”. ヤフー (2014年3月28日). 2016年9月1日閲覧。
  29. ^ FOX SPORTS ジャパンが「FOXスポーツ&エンターテイメント」への番組提供を終了へ”. 日経ニューメディア (2014年12月16日). 2016年9月1日閲覧。
  30. ^ パの台湾進出加速 新契約で年260試合放送、台湾出身選手も増…高まる注目”. Full-count (2016年1月15日). 2016年9月1日閲覧。
  31. ^ "パ・リーグのインターネット試合中継がさらに強力に。新たに3社と5年間のパートナー契約を締結" パ・リーグ インサイト(2018年2月16日). 2018年3月27日閲覧。
  32. ^ 【会見速報】2019年以降もFOXスポーツ台湾でパ・リーグ主催試合の放送が決定”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2019年1月21日閲覧。
  33. ^ 台湾テレビ事情” (日本語). www.geelee.co.jp. 2019年6月9日閲覧。
  34. ^ 王柏融周末比賽收視創6年新高 搶攻105萬人眼球 | ETtoday運動雲” (中国語). www.ettoday.net. 2019年6月9日閲覧。
  35. ^ “パ・リーグ6選手が『インクレディブル・ファミリー』で一言声優! - シネマトゥデイ” (日本語). シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0101691 2018年7月21日閲覧。 
  36. ^ パ・リーグ6球団×アイドルマスターシリーズ
  37. ^ バンドリ! ガールズバンドパーティ!×パシフィック・リーグ6球団コラボ
  38. ^ パ・リーグ6球団×八月のシンデレラナイン(ハチナイ)コラボ特設サイト
  39. ^ "子供も女子もお兄さんも!? パ・リーグTVによる「職業体験」とは?". Full-Count (2016年7月24日). 2018年3月4日閲覧.
  40. ^ "パ・リーグTV「スポーツ新聞記者に教わる野球スコアの書き方セミナー」". パ・リーグTV (2017年1月). 2018年3月4日閲覧.
  41. ^ "「奥深さ」に気付いた人も 野球の見方を変えるスコアシート". Full-Count (2017年1月28日). 2018年3月4日閲覧.
  42. ^ "パ合同会社説明会に学生ら1200人 球界初の試み" 日刊スポーツ(2018年2月20日), 2018年3月4日閲覧。
  43. ^ “パ・リーグ キャリアフォーラム開催のご案内”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000031.000019259.html 2018年5月19日閲覧。 
  44. ^ “里崎智也氏マネジャー雇わず「300万円もうかる」 - プロ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805250000815.html 2018年5月26日閲覧。 
  45. ^ “パ・リーグ6球団が今年も台北での旅行博に参加 3年連続3回目の出展へ” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. https://full-count.jp/2017/05/04/post67266/ 2018年5月19日閲覧。 
  46. ^ “台湾プロ野球でも「パ・リーグ」 プロモを実施、7回にはジェット風船も” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. https://full-count.jp/2018/05/12/post128544/ 2018年5月19日閲覧。 
  47. ^ "好きなチームを応援しながら運動量を増やすパ・リーグ公式アプリを題材に、観戦サービス開発を競うハッカソンが開催". マイナビニュース (2017年3月28日). 2018年3月4日閲覧.
  48. ^ "パ・リーグ6球団新公式メディア「パ・リーグ.com」アプリ版、WEB版をリリース!". BASEBALLKING (2018年3月23日). 2018年3月25日閲覧。
  49. ^ “スポーツ業界特化型人材紹介エージェント「PLMキャリア」がスタート” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. https://full-count.jp/2018/07/31/post168345/ 2018年7月31日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集