メインメニューを開く

パスクアーレ・マリーノPasquale Marino, 1962年7月13日 - )は、イタリアマルサーラ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

パスクアーレ・マリーノ Football pictogram.svg
Pasquale marino.JPG
ウディネーゼ監督時代(2010年)
名前
ラテン文字 Pasquale Marino
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1962-07-13) 1962年7月13日(57歳)
出身地 マルサーラ
選手情報
ポジション MF
ユース
イタリアの旗 マルサーラ英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1984 イタリアの旗 マルサーラ
1984-1986 イタリアの旗 アクラガス英語版
1986-1989 イタリアの旗 シラクーザ英語版 91 (10)
1989-1992 イタリアの旗 バッティパリェーゼ英語版 44 (2)
1993-1994 イタリアの旗 メッシーナ 18 (0)
1994-1997 イタリアの旗 カターニア 48 (5)
1979-1997 通算 209 (17)
監督歴
1997-1999 イタリアの旗 ミラッツォ英語版
1999-2000 イタリアの旗 ラグーザ英語版
2000-2002 イタリアの旗 パテルノー英語版
2000-2002 イタリアの旗 フォッジャ
2004-2005 イタリアの旗 アレッツォ
2005-2007 イタリアの旗 カターニア
2007-2009 イタリアの旗 ウディネーゼ
2010 イタリアの旗 ウディネーゼ
2010-2011 イタリアの旗 パルマ
2011-2012 イタリアの旗 ジェノア
2013-2014 イタリアの旗 ペスカーラ
2014-2016 イタリアの旗 ヴィチェンツァ
2016-2017 イタリアの旗 フロジノーネ
2017-2018 イタリアの旗 ブレシア
2018- イタリアの旗 スペツィア
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

現役時代はほとんどをシチリア島のクラブで過ごした。引退後は監督として着実にキャリアを積み、ASパテルノー・カルチョセリエDからセリエC1まで昇格させた。2002年からUSフォッジャを率いてセリエC2で優勝。続いて率いたACアレッツォセリエBに残留させた。

2005-06シーズンよりカルチョ・カターニアの監督に就任。圧倒的な攻撃サッカーで1年でセリエA昇格を達成する。翌2006-07シーズン、カターニアは前半戦で躍進し、サポーター暴動によるホームゲーム没収により失速するも残留を達成した。同シーズンに森本貴幸を指導し、トップチームで起用した。

2007-08シーズンよりウディネーゼ・カルチョの監督に就任。アントニオ・ディ・ナターレファビオ・クアリャレッラらを擁し、3-4-3システムによるスペクタクルなフットボールを展開、同シーズンはMFギョクハン・インレル、GKサミール・ハンダノヴィッチ、FWシモーネ・ペペらほとんど無名の新加入選手が躍動し、チームは7位に入りUEFAカップ出場権を獲得した。2008-09シーズンはUEFAカップとリーグ戦の両立に苦戦しつつも7位となった。2009年12月22日に成績不振により途中解任されるも、その後もチームは低迷し続けたため2010年2月20日に復帰して残留を達成。シーズン終了後に退団。

2010-11シーズンよりフランチェスコ・グイドリンと入れ替わる形でパルマFCの監督に就任[1]するも、2011年4月3日に成績不振により途中解任される。

2011年12月22日、前日のSSCナポリ戦に大敗して解任されたアルベルト・マレザーニの後任としてジェノアCFCの監督[2]に就任。2012年4月2日、成績不振によりわずか3ヶ月で解任された[3]

2016年6月6日、セリエBに降格したフロジノーネ・カルチョの監督に就任することが発表された[4]。シーズンを終えリーグ3位へ導いたが、昇格プレーオフでカルピFCに敗れたことで辞任を表明した[5]

2017年10月12日、セリエBにおいて降格圏に沈むブレシア・カルチョの指揮官に招聘された[6]。しかし翌年1月15日に解任され、ロベルト・ボスカーリャ英語版が呼び戻された[7]

2018-19シーズンより、スペツィア・カルチョの監督に就任することが発表された[8]

チーム造りの特徴編集

USフォッジャ時代にズデネク・ゼーマンの影響を受けたとされ、3トップによる果敢な攻撃サッカーを理想とし、指導したクラブを次々と昇格・残留させている。

タイトル編集

選手時代編集

バッティパリェーゼ
カターニア

指導者時代編集

パテルノー
  • セリエD : 2000-01
フォッジャ
  • セリエC2 : 2002-03

脚注編集

  1. ^ Goal.com(2010-6-3) パルマ、マリーノ就任を発表(2010-6-3閲覧)
  2. ^ Goal.com(2011-12-23) ジェノア新監督にマリーノ氏(2011-12-23閲覧)
  3. ^ Goal.com(2012-4-2) インテルに敗れたジェノアが監督交代(2012-4-3閲覧)
  4. ^ UFFICIALE: Frosinone, Pasquale Marino è il nuovo tecnico”. TuttoMercatoWeb.com (2016年6月6日). 2016年11月14日閲覧。
  5. ^ Serie B, playoff: Frosinone-Carpi 0-1. Emiliani in nove, Letizia li porta in finale”. Repubblica.it (2017年5月30日). 2018年1月6日閲覧。
  6. ^ Brescia, sarà Pasquale Marino il nuovo allenatore”. Corriere dello Sport (2017年10月12日). 2018年1月6日閲覧。
  7. ^ Brescia, Cellino esonera Marino e richiama Boscaglia”. La Gazzetta dello Sport (2018年1月15日). 2018年6月30日閲覧。
  8. ^ Serie B Spezia, Marino si presenta: «Voglio far divertire i nostri tifosi»”. Corriere dello Sport (2018年6月21日). 2018年6月30日閲覧。

外部リンク編集