パッサロヴィッツ条約

パッサロヴィッツ条約(パッサロヴィッツじょうやく)は、1718年7月21日にパッサロヴィッツ(現・セルビアのポジャレヴァツ)で、オスマン帝国ハプスブルク君主国オーストリア大公国)・ヴェネツィア共和国の間に結ばれた条約

パッサロヴィッツ条約
署名 1718年7月21日
署名場所 パッサロヴィッツ(現・セルビアのポジャレヴァツ
締約国 オスマン帝国ハプスブルク君主国オーストリア大公国)・ヴェネツィア共和国
主な内容 墺土戦争 (1716年-1718年)の講和条約
テンプレートを表示

パッサロヴィツ条約などとも表記される。

概要編集

1714年から1718年にかけて、オスマン帝国はヴェネツィアとギリシャクレタ島でトルコ・ヴェネツィア戦争(英語版)を有利に戦っていた一方で、墺土戦争ではペーターヴァルダインの戦いベオグラード包囲戦オイゲン公率いるオーストリア軍に敗れており、両戦争の講和条約として締結された。

本条約は軍事情勢を反映して、オスマン帝国は、ハンガリーの残部、ワラキア西部(バナト地方)・セルビア北部・ボスニア北部などをオーストリアに割譲した。ヴェネツィアはペロポネソス半島を放棄し、1699年カルロヴィッツ条約で得た領土のうちで残っているのは、クレタ島の居留地やイオニア諸島などとなった。17世紀末から18世紀にかけて、オスマン帝国が軍事的に退潮傾向にあったことを象徴する。