パトモス島 (パトモスとう、Patmos, Πάτμος) は、トルコ沿岸部から程近いエーゲ海に浮かぶギリシャの小島[1]サモス島の南35キロメートルの所にあり、ドデカネス諸島の最北部の島である[2]。「ヨハネの黙示録」の著者ヨハネが、イエス・キリストから啓示を受けたとされる島として知られている。島内には、そのヨハネが啓示を受けたとされる洞窟が残っており、丘の上の神学者聖ヨハネ修道院やそれを囲む旧市街ホーラとともに、ユネスコ世界遺産に登録されている(登録名は「神学者聖ヨハネ修道院と黙示録の洞窟を含むパトモス島の歴史地区 (ホーラ)」)。

パトモス島
Patmos01.JPG
所在地 ギリシャの旗 ギリシャ
所在海域 エーゲ海
面積 34.05 km²
最高標高 269 m
Project.svgプロジェクト 地形
テンプレートを表示
パトモス島の位置

地理編集

島の面積は34.6km2 で、人口は2600人(1995年)。島のなかで首都に当たるのはホーラだが、現在では港町のスカラの方が大きくなっている。

歴史編集

ローマ帝国はこの島を流刑地として用い、西暦95年には使徒ヨハネドミティアヌス帝によってこの島に流されたとされる。ヨハネはこの島でイエス・キリストの啓示を受け、「ヨハネの黙示録」を執筆したと、キリスト教では伝統的に受け止められてきた(歴史的には議論がある)。

その後、人の住まわぬ土地となっていたが、東ローマ帝国コムネノス王朝アレクシオス1世が、1080年に正教会のクリストドゥーロスにパトモス島を下賜したことから、大きく変わった。

1088年には、丘の上にあったアルテミスの神殿に代えて、神学者聖ヨハネ修道院が建てられた。1138年には、修道院は城壁の回りに住民が住むことを許可した。これがホーラの始まりである。ホーラは外敵の侵入に備えて要塞化されていった。

 
パトモス島で啓示を受ける聖ヨハネ

1207年にはヴェネツィアの支配を受け、1537年にはオスマン帝国の領土となった。トルコの支配は1912年まで続いた。

脚注編集

  1. ^ アンソニー・テイラー『世界の聖地バイブル : パワースポット&スピリチュアルスポットのガイド決定版』ガイアブックス、産調出版、63ページ、2011年、ISBN 978-4-88282-780-1
  2. ^ パトモス島(コトバンク)

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯37度19.5分 東経26度32.5分 / 北緯37.3250度 東経26.5417度 / 37.3250; 26.5417